亜母のブログ

1本の花の中にも 人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことは、やがて無理になってくる。

ひと休み・詩~ サーカス  中原中也

2017年05月19日 | 社会
幾時代かがありまして

  茶色い戦争ありました



幾時代かがありまして

  冬は疾風吹きました



幾時代かがありまして
             さか
  今夜此処ここでの一ひと殷盛り
            さか
    今夜此処での一と殷盛り


         はり
サーカス小屋は高い梁

  そこに一つのブランコだ

見えるともないブランコだ


 さか
頭倒さに手を垂れて
       やね
  汚れ木綿の屋蓋のもと

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


それの近くの白い灯が
  やすい
  安値りボンと息を吐き


観客様はみな鰯
  のんど    かきがら
  咽喉が鳴ります牡蠣殻と

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


    やぐわい くら くら くら
     屋外は真ッ闇  闇の闇
      こふこふ
     夜は劫々と 更けまする
     らくかがさめ
     落下傘奴 のノスタルヂアと

     ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人は次の世代に何を残そう... | トップ | テロ特措法に賛成した議員は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む