ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

命の権利法

2017年01月04日 | 社会
もし、命の権利法、というものがあったとしたら、
幸せに死ぬことができるのではないだろうか
生きる権利と、死ぬ権利、どっちも大事

ボロボロに朽ち果てるまで生きねば・・とは、誰が、どういう根拠で言ったのだろう
昔、キリスト教徒は,「踏絵」を踏まず、残虐に殺されていった。なぜ?
社会通念、思い込み 既成概念、
でも、営利が絡むからかもしれない

このご時世、役割を終えた老いの命は
幸せのうちに逝きたいひとは 逝かせてほしい
長く生きたい人はそうすればいい

悲惨のうちに病院死したり、自死する悲劇は、もう聞きたくない

          
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミュケーションとは、伝え... | トップ | あっぱれ!三越伊勢丹社長、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事