ぽんのんのⅡ

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

「面従腹背」とは、不本意な所に適応しながらも、内に自分自身を持ち続ける・・

2017年07月13日 | 社会
前川前次官の座右の銘「面従腹背」の意味を考えた。

彼のいう「面従腹背」を、どう解釈するかは、解釈する側の人柄次第だが

不本意な場所に生きても、むやみに逆らわず、自分にできる事とできない事を冷静に考え、内に、自分自身を持ち続け、生き延びる。と、私は解釈する。

「聞く耳を持たない人に、何を言っても無駄」という人がいた

              
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若い人へ~政治の失敗の付けを... | トップ | 自民党に日本国憲法が作れる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む