ぽんのんのⅡ

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

ひと休み~好きな歌は子守唄~「6月の子守歌」「ねむの木子守唄」・・・

2017年06月17日 | 社会

子守唄は大概、大好きだけど、特にこの2曲は大好き

[6月の子守歌」

星がひとつ 空から落ちてきて
6月の子守歌 歌う母の胸に
触るとすぐに壊れそうで
ガラスのようなおまえだから・・・

               

         

「ねむの木子守唄」

ねんねの ねむの木 眠りの木
そっとゆすった その枝に
遠い昔の 夜(よ)の調べ
ねんねの ねむの木 子守歌
薄紅(うすくれない)の 花の咲く
ねむの木蔭(こかげ)で ふと聞いた・・・ 

                    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメントより~共謀罪という... | トップ | 詩・私は地球Ⅲ~最終章 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む