ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

「幸福に死ぬ権利」を議論すらしないことに、私は怒っています

2017年08月15日 | 自選
グライセンさん

宗教も既成概念も、無残な命を救えない
生きたくても生きれない人、死にたくても死ねない人、どっちが辛い?
 終末の日々が幸せな良き日々であることが、許されないのか?。幸福に死ぬ権利が未だ確立されないことに対して私は怒っています
 幸福に死ぬ権利が確立されたとき、弱い人々への暗黙の死の強制が懸念されます。だからと言って「幸福に死ぬ権利」という人生で一番大事な権利をなぜか議論すらしないことに私は怒っています

 私はこれからどうなるのだろう・・という不安と苦痛の中をどこまで生きねばならないのか
 
           
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人間力」というのか。前川氏。 | トップ | 私の終末宣言書~2006年 記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自選」カテゴリの最新記事