亜母のブログ   ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

皇室も、時代と共にある

2017年04月29日 | 社会
天皇を男系にこだわるのは、時代に合わないのは、明らか。、
国民は、今の陛下ご夫妻を敬愛しているのであって
皇族だったら誰でもいいというわけではない。
元皇族とはいえ怪しい人だっているだろう

そして、皇室典範に後継を長男と明記したのは、立場をゆるぎないものにしなければ、政治の権力抗争で皇室が泥沼になってしまう。
そして、今の時代に、皇室だけが男女差別とは・・・
陛下ご夫妻は、常に時代とかい離した皇室に新しい息吹を吹き込んできた

男系か女系か、本質的な根拠に、どんな違いがあるというのだろう
あらゆる物事は変化をしなければ 滅んでゆく
そして、陛下が一番の皇室の「学識経験者」だと思う


皇室も、当然、時代と共にある

        
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイルが来るかもっていう... | トップ | ひと休み 文~紫陽花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グライセン)
2017-04-30 06:52:32
おはようございます。
皇室のあり方・・・歴史的にみても女性天皇の時代があったり、途中で血統が直系では無く、かなり何親もはなれている者で維持してきて今日に至っていますよね。(それを認めない学者もいますが)
それなのに、ここにきて男子に限る・・・っておかしいと思うのですが。
ヨーロッパなどは国に嫁いで王国を維持してきたのですよ。
もっとラフに考えてあげればきっと雅子さまのご病気もよくなり、愛子さまももっと笑顔が似合う女性になれると思うのですが・・・有識者、時の政権が頭固すぎるな~と感じます。陛下の生前退位もきっと色々な思いがあってなさることで私たちが考えの及ばないことも考えていらしゃるのでしょうね。
いつも思います、お二人が安定した精神状態でいられると良いな~と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事