ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

北海道はいつまでも、キラキラと命育む自然豊かな大地であってほしい

ぽんのんの とはアイヌ語で、ちいさな(ぽん)花(のんの)です。以前のブログ名にもどしました  

「あたわった星の下に」人は生きてゆく

2017年06月29日 | 終末・人生
そういう生き方しかできないんだよ
良いも悪いも
あたわった星の下で、人は生きてゆく

昔、聞いた言葉

              
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

戦争と不正に満ちた世界のどこに、人間の尊厳があるのか

2017年04月14日 | 終末・人生
戦争と不正に満ちた世界に
老いて歩けなくなってきた私の命が、生きることを拒否している

           



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命の尊さと 戦争、そして軍需産業

2017年04月14日 | 終末・人生
命の尊さを真剣に考えるなら

医師会や、看護協会は、安保法案に反対するだろうに

武器輸出禁止3原則に 守るだろうに

              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の終末、誰も私の前に立つな

2017年03月24日 | 終末・人生
なぜ 幸せに死ぬ権利がないのか?
辛すぎる終末の多さ

なぜ、だれも目を向けないのか
辛すぎる終末の多さに暗たんたる思い
だれもがやがては死んでゆくのに

楽に死にたくて、手伝わせたらケーサツに犯罪者にされる
死ぬ途中で発見されたら、救急車に通報される
安否確認はゆきわたり、隣近所も見ている
今の世の中、みんな誰かの土地で死んでいい場所もない

幸せに死にたいけれど
誰も助けてはくれない
せめて
自分の死に方は、自分で決める
だれも私の前に立つな

   

            








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠慮しないで、自分はこういう終り方をしたい、といえるよう・・・

2017年01月26日 | 終末・人生
 パーキンソン病は進行性で、
私の場合、特に夜間、動かずにいると体がひどく硬くなって、起きたり移動したりががひどく困難、 動かなくなってゆく体をかかえ、どうすれば布団の中で穏やかに死ねるかずっと考え続けているが、どうしていいかわからない。どう死ぬかは何よりも大事な関心事であっても、それを口に出すのははばかられ、敬遠される、
 誰もが主体的に本音で、自分の望む終わり方をきちんと言えて、叶えられたられたら、どれだけの人が救われるだろう

     

          

                   





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来る日も来る日も、ベッドの上で何を考えているんだろう

2017年01月25日 | 終末・人生
ずっと以前、ベッドに並ぶ無表情な人々を見て、「何を考えてるんだろう」と、ふと呟いた
同僚が、「なんも考えてないわよ、ボケてんだもの」と屈託なくいった。

人間は死ぬまで人間
人間が生きている以上、どこかに哀しみも喜びもあるはず
無表情でもそれだけがすべてではない
ただ、それをこちら側が理解できず受け止めれないだけ

何を考えていたんだろう
何か、望むことがあったのだろうか

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どういう人かは知らないけれど…なんて悲しい

2017年01月24日 | 終末・人生
70代の姉妹が暮らしていて
お金を盗られたという姉を、妹が刺殺したという
その妹が、拘置所内でモチをつまらせタオルを飲み込んで死んでいたという
なんて悲しい。なんて惨い
60年前の姉妹はどんな風だったのだろう
70歳の女性が、どんな思いでタオルを飲み込んで息絶えたのだろう
結局、彼女の人生は何だったのだろう

毎日たくさんの人が生まれ死んでゆくけど
幸せに死んでゆく人が少なくなってきているように思う
そういう人への思いが希薄になっているように思う

          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TV特殊清掃~生まれたときは喜び幸せなのに、死んでゆくときは不幸な人の多いこと・・・

2017年01月17日 | 終末・人生
 今日のニュースに、70代の事件。お金を盗まれたという姉を妹が殺してしまった。
認知症がかってくると、[物取られ妄想」がでてくる。人生の終わり、そこまで追い詰められた日々は地獄だったろう。知人の知人は家族が自宅で首を吊ったという。その家で今も暮らしているのか
 
 TVで、特殊清掃の番組を見た 孤独死で発見が遅れ [体液]となりひどい悪臭らしい

 人が生きるって終わり方が大事だなあ・・いくら頑張って生きても、結局殺したり殺されたり、絶望して自殺したりじゃ、生まれてきた甲斐もない
 病院で野たれ死ぬのも、鬼の心で生きるのも、誇りを全部失って死ねない日々を生きるのも嫌だ 自分の終わり方は自分が決めるけど、人を当てにすることもできないし、助けも求められないし、相談もできず、・・・

        

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せに人生を終えることに無関心な人々

2017年01月10日 | 終末・人生
お金もうけにはならないものねえ・・・

生きることは助けてくれても
死ぬのは助けてくれない
人を巻き込まず、逝かねばならない
大変な事だなあ

パーキンソン10年、今日は特に歩けず茫然とした
絡んだ痰はとめどなく湧き出て、眠ってもいられなかった
起き上がるのが、とても大変だった

もういいんだけど
これ以上苦しみたくも頑張りたくない

でも業界はいずこも
「生きることしか」関心がない
「首を吊っても」「手首を切っても」ああ、そう・・うつ病だったんじゃない?
みたいな・・・結局、お金にならないものね。何かとリスクも大きいし・・

人はやがてみんな死んでゆくけど、
わかってるのかなあ・・
あなただって望まぬ生を強制されるかもしれない
有無を言わさず、「ああたはまだ終末期とは言えない」とかいわれて

もう歩きたくなくなったら、動きたくなったら
私はババだけど、「眠り姫」になりたい
よろしく。
           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本は世界の最貧国、かつ最長寿国である。姥捨て山の整備を。

2016年12月29日 | 終末・人生
「私は」、原発も戦争も反対で私なりに頑張ってきた
しかし「私たちは」原発54基を作り、沖縄を一層踏みにじり、軍需産業ばかり繁栄し、貧困は生きる権利まで奪う、そんな社会を作ってきた。

 私たちの世代が作った負債は、できるだけ私たちが始末してゆくのが道理だろう
後の世代に何でもかんでも押し付けていってはいけない

 だから、姥捨て山を作って「希望者」を収容してほしい。せめて後の世代にすこしでも負担をかけたくない
残りの人生、いつまで生きるかわからず、果てしなく貧乏続けるよりも、最後は3日~一週間ほど贅沢三昧してから逝きたい。それに愛する自宅を「事故物件」にはしたくない
まだ歩けるうちに この家を売って、「姥捨て山」に行きたい

 それにどうなんだろう?
病院や施設で最後まで生きるって、人の生き方として幸せだろうか

          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寺が看取りの施設になればいいのに・・・

2016年12月08日 | 終末・人生
お寺の原点は福祉施設
檀家制度は明治時代の戸籍制度が原点

今から看取りの施設を作ると言っても
迷惑施設で地域に作るのは困難
人の死に向き合い救うのに
一番適しているかも・・・

フインランドでは延命治療は、むしろ苦痛を与えるだけという
社会通念が浸透しているという
そして、本人の意志を尊重するため
[患者権利法」で終末期に関する希望を聞くことが義務づけられているという

日本では
「死んでもいい基準」
〈1〉 耐え難い苦痛がある。 
〈2〉 死期が迫っている。 
〈3〉 苦痛を緩和する方法がない 
〈4〉患者本人の意思が明らか――の4点があって、
本人の意志の前に医師会?の基準がある
私は、そこまで苦しみたくない

死んでもいい基準は、人が決めるのか?
自分が決めるものではないのか?
       
自分の不甲斐ない人生に
最後くらい自由にちょっと贅沢に、乾杯などしていきたいね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判は公正なのか

2016年12月07日 | 終末・人生
[有能な弁護士10人ついてるから、有罪になったことはない」といった大物がいた
川崎協同病院事件の女医は仕事に忙しく、弁護士を病院任せにして、気にも留めてなかった。
もし、彼女が「有能な弁護士10人」つけていたら、殺人罪には成らず、無罪だったろうと思う

[有能な弁護士」とは、どういう人をいうのだろう

美濃加茂市長事件に、川崎協同病院事件の理不尽が重なる
私が訴えられたら弁護士代がないから冤罪でもあきらめるしかないなあ・・

裁判は公正なのか
ドラマでは「弁護士は依頼人の利益のために」と、よく聞くが
それでいいのか、微妙。
              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースは韓国ばかり。美濃加茂市長の有罪と、カジノ法案と、TPP・・・

2016年12月07日 | 終末・人生
どうするの?
日本は、大変なことになってるんじゃないの?

それから
新潟での福島の子いじめ事件、
あの校長先生は最初、担任は変えない、と言っていたが
その判断に絶句した

韓国よりも日本はどうなの?

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こどもたちに、 ロボットでなく サンタさんの夢をみせたいね

2016年12月06日 | 終末・人生
最近、科学を嫌悪する私
自然から離れた人間は不幸になるような・・・

帰りたいね
50年前に・・・

こどもたちに、
人工頭脳ロボットでなく
サンタさんの夢をみせたいね
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供のころ、確かにサンタさんはいた

2016年12月06日 | 終末・人生
サンタさんに会おうと布団の中で
一生けんめい眠らないよう頑張ったのに
結局、サンタさんには会えなくて
朝、目が覚めたら、枕もとにプレゼントの袋が・・・

今もクリスマスは一番好きな日

            
          

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加