日本ラエリアンムーブメント 北海道方面 公式ブログ 

北の大地で活動している私達。よろしくお願いします!!

■幻覚を起こさせるドリンクはアルツハイマー病とダウン症候群と戦う。壮大な科学的画期的進歩

2016年12月24日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■幻覚を起こさせるドリンクはアルツハイマー病とダウン症候群と戦う。壮大な科学的画期的進歩
(Hallucinogenic drink fights Alzheimer’s and Down syndrome in spectacular scientific breakthrough:12月10日 英語版配信分)


 最新の研究によると、幻覚剤ドリンク、アヤワスカ(1)は脳を刺激し、アルツハイマー病およびダウン症候群と戦うのを助けるそうです。

アヤワスカは以前にうつ病と戦う能力について研究されてきましたが、PeerJに掲載された最新の研究では、アヤワスカに含まれる主な物質の1つであるハルミンがヒトの神経細胞にさらされました。

「抗精神病薬の作用は神経発生を誘導することによって作用することがげっ歯類で示されているので、向精神性の植物の煎じ薬アヤワスカの中で最も高濃度のアルカロイド(2)であるハルミンがヒトの神経細胞における神経発生を引き起こすかどうかを試験することにしました」 、Vanja DakicはScience Dailyに語りました。

結果は、アルツハイマー病およびダウン症候群に罹患した患者において過剰活性化されたタンパク質コード遺伝子DYRK1Aが、この物質にさらされたときに機能しないことを発見しました。

研究にも関与しているStevens Rehen氏は、その結果が、ダウン症候群および神経変性疾患で認められる認知障害に対する潜在的な治療上の役割について、将来の研究についての可能性を開いたと述べました。

ハルミンはまた、抗うつ薬と同じ効果をもたらしましたが、副作用はありませんでしたとRehen氏は述べています。

アヤワスカは、精神に接触し、友人や敵に良いことや悪い希望を広めるために、アマゾンの原住民によって何世紀にもわたり使用されてきました。 ブラジルの一部地域では、薬用目的でも使用されています。幻覚剤のジメチルトリプタミンと、ブドウのバニステロプシス・カピ(Banisteriopsis caapi)とを組み合わせたサイコトリア・ビリディスの葉から作られた飲み物は、6時間まで持続するサイケデリック(4)な経験を引き出すことができます。


(1)アヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)は、南アメリカのアマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物バニステリオプシス・カーピ(Banisteriopsis caapi、以下カーピ)のこと。または、カーピに、ジメチルトリプタミン (DMT) を含む植物(プシコトリア・ウィリディス Psychotria viridis(チャクルーナ)やディプロプテリス・カブレラナ Diplopterys cabrerana(Chaliponga))を加え、煮出して作られた向精神性の飲料。服飲すると、嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらす。主にアマゾン西部の先住民族がシャーマニズムの儀式や民間療法、宗教儀式などに用いる。
wikipediaより引用

(2)アルカロイドは、微生物、真菌、植物、両生類などの動物を含む非常に様々な生物によって生産され、天然物(二次代謝産物とも呼ばれる)の中の一群を成している。多くのアルカロイドは酸塩基抽出(英語版)によって粗抽出物から精製できる。多くのアルカロイドは他の生物に対して有毒である。しばしば薬理作用を示し、医薬や娯楽のための麻薬としてや、幻覚儀式において使用される。
wikipediaより引用

(3)キントラノオ科のつる性の植物

(4)サイケデリック(形容詞 psychedelic)、サイケデリア(名詞 psychedelia)は、LSDなどの幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や様々な幻覚、極彩色のぐるぐる渦巻くイメージ(またはペイズリー模様)によって特徴づけられる視覚・聴覚の感覚の形容表現である。しばしばサイケと略される。
wikipediaより引用

  [英語版 元記事]
  https://www.rt.com/news/369716-ayahuasca-alzheimer...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■現代の錬金術:ロシアの科学... | トップ | ■若返りの泉?科学者達は、老... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラエルサイエンス」カテゴリの最新記事