団塊親父のアンニュイな日々

うまくいかんな・・・うーん うまくいかん!

芝刈り用電動バリカンの手入れ

2017-06-13 | ガーデニング

電動バリカンの手入れをしようとして作業台を準備

 

しかし作業台が雨ざらしで腐る寸前になっていたので

まずは作業台の手入れ。

 

ペンキを買ってきて防腐することにした。

うーむなかなかの仕上がり、自画自賛(笑)

1缶でピッタリ塗装が完了した。

 

 

早速作業台で 切れが悪くなってきた電動バリカンの歯を研ぐことにした。

 

 

 

用意したものシャコ万力 サンダー

最初はサンダーの刃はペーパータイプをセットした。

 

 

 

実は去年までは、バリカンの切れが悪くなると替刃を買ってきて

新品と交換をしていた。

 

しかしこれだと、年間2回くらいの刃の交換が必要となり

かなり経費が掛かる。

替刃は約4000円、年間8000円にもなる

本体でさえ1万台で買えるのに、本当にばからしい。

そこで組やすりを買ってきて、手で研磨してみたが

なかなか時間もかかり、その割には切れ味もなかなか良くならない。

 

 

そこで思いついたのがサンダーによる刃の研磨であった。

まずシャコマンで電動バリカンを固定

 

いよいよ研磨

 

 

この後芝を刈ってみたが今一の切れ味

そこで刃を砥石に替えて研磨してみた。

 

もう一度芝刈りをしてみる、するとなかなか良い

新品の替刃の切れにはかなわないが、ソコソコきれいに刈れる。

まずは合格!

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2019年5月11日 | トップ | バラのアーチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL