。。ぽぽしゃんの夢見るDonko列車。。

   大好きを、ゆったりまったり楽しんで、のんびりのほほ~んと語ってきたいなぁ~。

歌劇な噺劇 Ⅱ

2017年06月28日 | SAKURA特急

『歌劇な噺劇 Ⅱ』    6月23日(金)~25日(日) / 近鉄アート館

        噺劇 三題(脚色:桂 九雀 / 演出:紅 壱子) 「三軒長屋」 「星野屋」 「お神酒徳利」
   
      【出演】  元OSK日本歌劇団  洋あおい 桜花昇ぼる 有希晃
                         沙月梨乃 友麻亜里 大咲せり花
                         安希つかさ 雪乃美玲 鈴峯ゆい 実桜くらら

           元宝塚歌劇団     未央 一 鳩笛真希 加茂川志ぶき
                         青山雪菜 風早 優 毬穂えりな
                         麻樹ゆめみ 神房佳希

 

 

24日、昨年に引き続き「 歌劇な噺劇 」を楽しんで参りました。
今年はドンぴしゃりなお席に座らせて頂き、しかも欲にかけて2回も続いて観劇しちゃったものだから、生気をすっからかんに奪われてしまいヨレヨレになりながらの帰宅と相成ったのでした^^; よう無事に帰ってこれたものだと思います。

さて、落語に関して何もわからん素人の私ですが、今年の噺劇三題の演目ですが、どちらかといえば昨年(「井戸の茶碗」 「江島屋騒動」 「ねずみ」)の方が演目にバラエティ性があって出演者ひとりひとりが持つ個性を楽しめたのではないかと^^;;; と言っても、失礼なことに初演時は初めてお名前を知る方も多く、やっと今年2回目にしてお顔の区別がついたこんな私がそんなことを言えたような柄ではないのですが^^;;; 

今にしてその初演時を振り返れば、OSKを退団された桜花ちゃんの姿をただただ眺められればそれだけでいいんだという思いだけで出かけて行ったところ、いざ幕が開けば、胸をときめかせていた憧れのOSKのOGさんの懐かしきお姿がそこにあり、それも当時と違い御自身をスッピンでさらけ出して演じて下さる姿に感動するばかりでした。しかも、あの天下の宝塚スターさん達の人間味あふれる表情には驚きで、宝塚といえど皆んな同じ人間だったんだと思い直しながら見入ってしまったアホな私でした(笑)。

でも、各方面でご活躍されているOGの皆さまにお会いできる余裕がない私にとって、増して宝塚OGさんまで呼んできて共演くださるコラボを目の当たりにしてるなんて、こんな素晴らしい機会を与えて下さった桜花昇ぼるさんに今一度感謝申し上げたい。

して、それはそれは芸達者^^であられる上級生の皆様の中で揉まれながら苦戦する桜花ちゃんを眺め、いつかそんな姿にもお腹をかかえ笑いながら涙する日がくるんだろうかと夢を膨らませてみた^^;;;何年かかるだろ? う~ん、たぶんもっともっとずっと先だなっ!こりゃ~(爆)。

そういえば、大昔もそんなことを思いながらトップになれるかもしらん日を夢描いていたが、今となっては^^あっと言う間に時は過ぎ去ってしまい、気がついたらまたこうして一年生の君がいる。

若さが欲しいなぁ~あの頃のバイタリティが以前のように今も私にあったらどんなにいいか・・・^^;

なんか^^;;;噺劇から話が遠ざかっていきますね^^;ごめんなさい。

はい、皆さま揃って力量が凄いものだから、ちょっと面食らってしまいました! そこでひとつ思ったのは、そんな舞台を眺めながら桜花さんを知るもっと以前のたけふ公演を思い出した。あの頃は今以上に熱い舞台が繰り広げられていて、そりゃもう私を見てみて@@オーラが凄まじく凄かったのです。見入られたら客席はまな板の鯉みたいな状態だったの(爆)。まあ^^;私達ファンはそんな中で鍛えられながら見る目を養ってきたのかもしれませんが、そんな気迫に似たものがこの舞台からもとても感じられました。

噺劇の脚色をされた桂九雀さんがお客様に聞いていましたが、昨年も噺劇を楽しんだ方が客席を埋めていた一回目、噺劇が始めての方が多かった二回目。当然ながら二回目時には、ここぞというところに笑いがあまり起こらず(っというか、客席は笑っていいのか困惑してるんだと思うのですが)、舞台上はやりにくかったかもしれませんね^^反対に私は舞台に身入れられて好都合だったけど^^;;;

三題の演目の中で、最後の「お神酒徳利」とっても良かったです。出演者同士のバチバチ感とうか、息の合った演技のやり取りが最高でした。まぁ^^;お稲荷様はどうしてもネコにしか見えなかったのは、私も今ではお婆になったものやからご愛嬌と云うことにしておきますネッ(笑)。

さいごに、未央一さま、最高にス・テ・キでした! 「星野屋」の毬穂えりなさんとの夫婦善哉、あのおんぶのくだりには思わず本気で惚れてしまいそうになりました。毬穂さんとの間にホワッとした空気感が生まれた瞬間、ほろっとよろめいてしまった自分があります。本気になるなよぉ~とそんな私に止めに入ってくれたのか、一瞬に変貌したえりなさんも可愛いかったなぁ、はて?どっちが本当の姿なんだろ?(笑)。

そして、休憩をはさんでの「お神酒徳利」。未央さんの勢いに押されたのか、洋さんも本領発揮!よかったよね~♪ さすが^^OSK! もう一生懸命に身入れて明るすぎる舞台を凝視してたものだから目がちょっと痛くなっちゃったかな^^;;;

なぜか^^? 未央さんの頭上にだけ雨雲が付きまとっているかのような熱演ぶりに、若かりし頃の桜花ちゃんの姿が重なって見えてとても楽しかったです。とてもとても未央さんの足元にも及ばない演技だったんですけどねぇ~~。今こうして、いっしょな舞台に立っているのが不思議です。

あ~^^もうこの際やで叫んでおこう。

風早優さんの醸し出すあの雰囲気いいなぁ~。友麻さんもカッコいいし、頑張ってね^^。
安希さん、うわぁぁぁ懐かしい~♪ 嬉しい^^v そして、みんなみんな様^^ありがとうございました。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100年の海へ | トップ | 100年の夢へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL