。。ぽぽしゃんの夢見るDonko列車。。

   大好きを、ゆったりまったり楽しんで、のんびりのほほ~んと語ってきたいなぁ~。

クリスタルブルーの瞳

2016年10月15日 | TAKEFU 駅

レビュー2016『 レジェンド 愛の神話 』

きょうは、早朝から澄み切った青空がはるか彼方まで広がり続く素晴らしい一日となりました。
きっと、この青空は大阪へも続いていて、かの君の瞳に映っていることでしょう^^;

 

はい^^、、で、あれから行ってきたんです『 レジェンド 愛の神話 』。
今日の空ほどじゃないけど、昨日もいいお天気に恵まれて、掃き残しみたいに流れていた午前中の筋雲が、午後からはスッキリとものの見事に掃き清められて、まるで高世さんの瞳のような空が広がっていたんですよ。よしっ^^こんなんならきっと今日はいけるはず~と、ニンマリ^^と空を見上げた。

でもその前に、実は12日にも午後からOSK観劇に行ってきました。
気持ち的にはもうちょっと熟すの待とうと思っていたものの、母に急かされていそいそと^^;

舞台が薄暗いので見えにくいという母の要望でやや前方の通路よりの席に落ち着く。
(ここなら桐生さん^^よくみえるし~♪ まあ、今日は母の日としよう! うわっ^^;ここからだと表情がよくわかるわぁ~ でも近すぎて思考回路が壊れる^^;)
まずは冷静にと自分に言い聞かせながら観劇をする。

この日、高世さん、ガンバってました。でも、幕開きはそのリキが入りすぎて高世さんの持ち味である独特の澄んだ声を楽しむことが出来ませんでした。初日は少し元気がなかったように見えたものの、素直な声が後ろまでも届いていたと思い返してはみるものの、ちょっとあやふやかもですが・・^^;;

でも、ゼウスは高世さんそのものだと思うので、創り込むことなく聞かせてくださったらいいのになぁ。クリスタル直球な歌声は誰も持ってないもの~お客様の脳波をしびれさせてハートを掴んでしまえば、後は悪魔になろが善人になろうが高世様のやり方次第なのではないかと^^? (笑)。

ふと、今も忘れられない懐かしい思い出を振り返ってみると、タッチの差で先に桜花ちゃんにのめり込んでしまいましたけど、高世さんだったの?かもしれなかったですネ~ッ(笑)ナンチャッテ! 
いずれにせよ、客席からOSKファンとなる私を見いだして下さったのはお二人のお陰じゃないかなと思っております。ほんとうに^^有意義なOSKライフを過ごさせて頂きました。

そうですね^^その頃からづ~~~~っと舞台から伺える高世さんの姿勢は全然変わっていないんですよ。成長されてないという訳ではありませんので悪しからず。でも、長きにわたりファンをされている方は、そんな高世さんだからこそ大好きな気持ちをづっと持ち続けているのでしょうね~。いらんお節介もやきたくなっちゃうけど、今だってそんな姿からどんなに元気をいっぱいもらっていることか^^。
桜花さんだって、そんな高世さんだからこそ後を任せる気にもなれたのかもかも^^;

私は身勝手にひとりで楽しむだけ楽しんでひっさらってってしまうようなとこがあって、昔はよく舞台を見ながら、欲張りすぎて大好きな人のパワーを吸い取ってしまうから元気がなくなり上手くいかなくなってしまうのかなぁ~ってバカな事を考えていたこともありました^^;;;

そこで^^身勝手なお願いをお聞き届けて下さるならば、クリスタル麻央ちゃんの声質に大好きな甘い歌声があるのですが、是非とも折原さんとのデュエットダンスで聞かせて頂けたらどんなに幸せ者かしらとも思ってしまう おババです^^v いつか聞かせてもらえたら嬉しいな^^;

 

あらら^^;;; 
本当は、゛さくらが生まれた===333 〟っと、たけふに飛んでいった昨日の舞台の話をしたかったのですが、若かりし日の自分と語っていたら一日が過ぎてしまいました^^;

でも、これだけはお伝えせねば。 14日の午後の舞台はとっても^^バッチぐ~♪ でした!

とにかく、高世さんの楽しんでいる様子が見えてきたので一安心しました。
高世さん自身が、本当に嬉しかったら、やってて楽しかったら、もうそれだけでいいのです。
私たちは、そんな麻央ちゃんを見てるだけでとっても幸せなんだモン^^v


10月16日(日)。明日は満月です。
きっと、今日のようないいお天気で、たけふ菊人形の会場は大勢のお客様で賑わうことしょう。
舞台は絶好調です! 皆さまのお越しをお待ち申し上げております。by-OSK

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べっぴんさん | トップ | 旅の使者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL