。。ぽぽしゃんの夢見るDonko列車。。

   大好きを、ゆったりまったり楽しんで、のんびりのほほ~んと語ってきたいなぁ~。

松平忠直の隠し墓

2016年12月12日 | 白山車窓景

12月11日(日)、「大阪城パラディオン」再演楽日。夫婦そろって大阪へ向かう出陣の朝です。
そんなバタバタと忙しない早朝やのに、幸村にゆかりある記事が舞い込んできた。

そういえば、NHK大河ドラマ「真田丸」も佳境をむかえ、いよいよ幸村が死と直面する最終回まであと2回の放送を残すのみとなった。地元新聞もここぞとばかりに盛り上がってきました^^v だって、真田幸村を討ち取ったのは福井藩士西尾仁左衛門と言われています。今日のこの紙面には、この仁左衛門の藩主松平忠直にスポットをあてて、忠直の隠し墓なる記事で話題を広げてくれました。

なんと! 泰澄大師が白山とともに開山した文殊山隠し墓があるんですって!!

 

 

文殊山に忠直の隠し墓    福井・楞厳寺 口伝      
 「暴君」実は慕われていた?

  大坂夏の陣で、真田信繁(幸村)を討ち取った越前隊を率いた2代目福井藩主・松平忠直の「隠し墓」と伝えられる遺構が、福井市の文殊山に残っている。同山ふもとの楞厳寺(りょうごんじ)(同市大村町)の墓地にあり、正式な調査はされたことがなく、知る人ぞ知る存在。NHK大河ドラマ「真田丸」では、間もなく注目の夏の陣のシーンを迎える中、隠し墓は今もひっそりとたたずんでいる。

 隠し墓は、旧登山道沿いの福井藩士や同寺の代々の住職が葬られている墓地にある。笏谷石製で、高さは1.5メートルほど。石室の上に石塔が載せられている。隣には福井藩の重臣、狛澄孝(こますみたか)の墓があり、戒名や没年が刻まれているが、隠し墓には何も彫られていない。石室の中も空っぽで、忠直との関連を裏付けるものは見つかっていないという。

 忠直率いる越前隊は、1615年の夏の陣で信繁を討ち取り、大坂城一番乗りを果たす功績を挙げた。しかし恩賞に不満を募らせた忠直は参勤交代を怠るなどしたため23年、豊後国(現在の大分県)に配流され50年、死去した。墓所は大分市の浄土寺と東京の浄土寺にある。

 楞厳寺住職の徳毛祐彦さん(70)は「文献に記述はなく、いつ建てられたものかもはっきりとしない」とし、代々、口伝で忠直の墓とされてきたという。配流された忠直を敬うと、藩が幕府ににらまれる可能性もあったため「忠直公と分かる証拠を残さず、ひそかに供養していたのではないか」と推測する。

 暴君として知られる忠直の名誉を回復しようと勉強会などを開いている「松平忠直卿に光をあてる会」の宮下一志さん(79)も隠し墓を訪れたことがあり、「忠直をふびんに思った家臣が建てた可能性はある」とする。越前松平家菩提(ぼだい)所の大安禅寺(福井市)にも、忠直の墓はない。

 配流された大分では「一伯さま」と呼ばれ、名君として親しまれている。宮下さんは「忠直は乱行を重ねたとされている。隠し墓だとすると、幕府の目を盗んでまで建てるほど、実際は慕われていた名君だったのではないか」と話している。

(2016.12.11/福井新聞)


~~~~~~~~~~~~

開拓に感謝 住民が墓      
鯖江・長久寺 供養300年超

 忠直の墓は県内では、鯖江市神明町4丁目長久寺にある「忠直公卿御墓所」が知られている。父・結城秀康の後を引き継ぎ、原野だった鳥羽町(同市神明2~5丁目、鳥羽町1,2丁目)の開拓を進めたとして慕った住民が建立したとされる。
 同寺によると、忠直が配流先で亡くなったことを領民が知り三回忌の年に、庄屋の山森助左衛門が遺骨を分けてもらおうと大分に向かった。しかし分けてもらうことはできず、代わりに墓所の土を持ち帰って墓を建てたという。
 笏谷石製で高さは約2.6メートル。同寺では毎年、忠直の供養が営まれている。住職の橘照泰さん(76)は、「乱行の伝えはあるが、鯖江では300年以上にわたり、忠直公のご恩を感じている住民がいる」と話している。

(2016.12.11/福井新聞)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~参考記事~

2010年10月14日/福井フェニックス・プラザ
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/10years_ago/24197.html
松平忠直の没後350年を機に「松平忠直卿の人間性に光をあてる」と題したシンポジウム
郷土史家らのパネル討論や脚本家・ジェームス三木さんの講演があり、忠直の藩主としての功績や、庶民に慕われた配流先の生活などを紹介、信仰心があつい人情家との人物像を浮かび上がらせた。

2016年3月18日
http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000006410
福井市内の歴史愛好家らが発起人となり「松平忠直卿に光をあてる会」設立

2016年3月27日 /福井市瑞源寺
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/94582.html
「松平忠直卿に光をあてる会」主催の講演会

2016年10月10日 /鯖江市長久寺
http://blog.zuigenji.com/article/442694018.html
「松平忠直卿に光をあてる会」主催の講演会



 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白山ロード^^(敦賀市-2) | トップ | 幸村の夢舞台 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL