土曜日はOUTから

ゴルフとデジイチを愛するほじねおじさんの四方山話

競技会はネット2アンダーの5位

2017年03月21日 | プレー記録
2017年3月20日(日) オリムピック・スタッフ足利GC 7:56 INスタート

朝5時ちょっと前、玄関に降りると下で両親と寝ていたわんこが出てきてお見送りです。
高速料金節約のため、東北道は館林ICで降りて下道でコースに向かいます。
(外環の料金も2月から変更になってたり、高速料金はいつの間にか超お高くなってますけど何に使ってるんでしょうかね?)



さて本日の組み合わせは、新座のSさん(HC18)、練馬のMさん(HC18)そしてHC21の私。
昨年暮れまではHC19でしたが、正月にいただいた証明書は21にアップしてましてゲロゲロでございます。
ストレッチとパター練習してからいざスタートです。

IN10番338yd打ち下しの短いミドルはH5でFWキープ。セカンドPWはダフッてグリーンに届かずでボギー発進。
11番400ydミドルはドライバーがよく飛んで左ラフ。残り140ydを8Iでナイスオン。いい感じのパーでした。
グリーンがとても固く締まっていて、めちゃくちゃ速い。10フィートは間違いなく超えてる感じ。怖いわぁー。
12番510ydロングはドライバー、ユーティリティーH5で距離を稼いで無難にパー。
13番175ydショートはH5が風に巻かれて左池に転げ落ちる。処理後の第三打をチャックリやり、痛恨のトリプルボギー。
14番ミドルはセカンド残り165ydをH6で歩測7歩にナイスオン。が、一発で沈められずのパー。
15番ミドルはラフからの残り130ydをダフッて届かず。上手く寄せたつもりもパット3回のダブルボギー。
16番ロングはセカンド残り200ydを5Wでグリーンオーバー。淡谷OBかと暫定球を打つがグリーン奥にしっかりセーフ。PWでトンツルツルと寄せて楽々バーディー!!イエーイ!!
17番140yd池越えショートは8Iで歩測7歩にオン。もう一発バーディー狙うも一転がり足りずのパー。
18番ミドルはH5とH6でグリーン手前。8Iで転がすが強く入り上に付けてパット2回のボギー。

前半42(18) 100yd以内からの打数は24と合格点

インターバルはジンギスカン定食とドライで超まいうー。

少し風が強いかなとは思いますが、いい天気でございます。
OUT1番のミドルはドライバーでFWキープも、セカンドが風に負け届かず。転がしアプローチは行き過ぎでダブルボギー。
2番ロングはティーショットを右斜面、次をH5でFWに戻し、残り100ydを8Iスリークォーターショットでチョイ手前は残念ボギー。
3番ミドルはセカンドをダフるが、H5の転がしアプローチがばっちり決まってパット1回のパー。
アプローチがイメージ通り決まるととっても気持ちがいいざんすね。
4番173ydショートはH6でグリーン左サイドラフ。パターで転がしはナイスアプローチのパー。
5番ミドルはドライバーナイスも次をトップしてゴロゴロ。PWのアプローチは強く入って飛び過ぎのダブルボギー。
6番ミドルはドライバーを右に吹かしOB。暫定球は5Wでトップチョロ。ラフからのH5はグリーン右に大きく外し、第五打アプローチをチャックリ。
突然のビッグイニングは結局のところあちゃーな8回でございます。orz
7番ミドルはドライバーが右にキックし隣ホールに落ちる。FWに戻し、PWのアプローチはダフリ届かずのダブルボギー。
どうしてこういうグダグダな展開になるのかしら?根性と執念が足りないか。
8番名物ショートはH6をダフッてバンカーにも届かず。ラフからの58°アプローチをシャンクしてあっちのラフ行ってダブルボギー。
9番476yd短めのロングはドライバー最高。残り210ydを5Wで花道。転がしアプローチはまずまずもバーディーパットは惜しくもハズレ。

後半49(17) 100yd以内からの打数は31と不合格

トータル91-ハンデ21=70となり、2アンダーは5位で終了。

6番ホールのティーショットで自滅してしまい、天気も調子も良かっただけにとても残念な結果です。いつも今日の前半のようなゴルフが出来るようにもう少し頑張ります。

サウナと水風呂を繰り返し、カラダリフレッシュして終了。
帰りは東北道浦和ICで降りて国道4号から298号を走ってみましたが、車の量も多く結構時間がかかってしまいました。

次回ラウンドは4月8日紫あやめ(コンペ参加)を予定しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OUTの3番と7番が問題 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL