「写真BAR白&黒」今月の展示

写真BAR白&黒の今月の展示です。
2011年11月以前の展示については
左下のブックマークをご覧下さい。

2016年10月 矢島新一 『大陸へ~アラスカンネイティブ編~』

2016-09-25 15:35:44 | 日記
昔、陸路や海路でアジアからアラスカに渡った者達が何人もいたという。
その子孫がアメリカンインディアンであり、エスキモーである。
彼らをまとめてアラスカンネイティブという。

アラスカンネイティブの村までの道はない。
ゆえに小型飛行機.を使って村に向かうことになる。
2012年の夏、僕は彼らの村を訪ねるためにアラスカに渡った。
そこには、我々、アジア人と変わらない顔をした者達が
寄り添って質素に暮らしていた。


矢島新一略歴
東京生まれの埼玉育ち。
早稲田大学卒業後、都内にある中高一貫の女子校にて英語科教諭として働き始め、現在に至る。
最近は写真撮影のフィールドをユーラシア大陸からアメリカ大陸へとひろげつつある。
写真を通してヤポネシア(サハリン、北海道から奄美、八重山に至る群島)と他の地域の関連を考え
発表することがライフワークとなりつつある。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年8-9月 Ju Junyong 『モノクロvsカラー』

2016-08-10 14:53:00 | 日記
モノクロの方が映える写真がある。
カラーで見せたい写真もある。

どちらにするか
撮影時にすでに決まっているものもあるが
PCの前で悩みながら
いろいろ作業をしていくうちに決まるものもある。

プリントするまでの
デジタルゆえの楽しい時間。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月 Ju Junyong 『八卦良い』

2016-06-30 16:39:11 | 日記
汗、土、
体と体が思い切りぶつかり合う音。

迫力満点の空間。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年6月 古川大智 『我、流れて』

2016-05-26 03:39:50 | 日記
古川大智(ふるかわ だいち)
1987年北海道生まれ

2015年6月
現代写真研究所基礎科へ入校
フィルムカメラを購入
1年間、カメラメカニズム、撮影合宿、写真史、現像、
暗室作業、定期的な合評等を行いながら写真の初歩的な基礎を学ぶ。

2016年5月
5名で基礎科修了展を行う
東京芸術劇場にて

フィルムカメラを持ち、早くも一年が過ぎ去ろうとしてる
僕はこの1年という間に何処へ行き、何を見てきたのか
そこで何を感じ、思考しながら、一体何を撮影して来たのか
日本国内、沖縄、京都、大阪、千葉、東京都各地など、割と彼方此方へと行ったようにも思う
僕は何の為に行く先々へカメラを持って行き、何故写真を撮ってきたのだろうか

振り返ると様々な疑問が湧き出てきて
自分自身に問いかけている

写真を撮るという行為には何かを記録したい、伝えたいという目的があって成り立つものだと思っていた
勿論それはある
僕はそもそもそこからカメラを持とうと思ったのだから

だが、違った一面もあった
自分自身を凝視し、新たな自己発見をする行為でもある事だと

改めて、問いかける

おまえは何の為にカメラを持つのだ?
おまえは何かを表現したかったのか?
おまえは何かを伝えたかったのか?

この1年間で言えば全くそうでは無かった

我なりの正気を保つ為、写真を撮ってきた

そうして撮らせて貰った写真を、沢山の方々の眼で見てもらえたら幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年4・5月 Ju Junyong 『小窓』

2016-03-30 15:44:29 | 日記
どちらかというと「激」と「動」に向きがちな自分の心の中の
「静」と「安」の部分を見つめなおしてみた。

小さめのプリントで壁に散りばめられた
それぞれの小窓から広がる世界を覗いてみてください。

この記事をはてなブックマークに追加