保育園に入りたい!待機児童をなくそう~

新宿区の待機児童、保育園廃園問題、
について考える共同ブログです。
子供のための施設を共に考えましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待機児童対策は?どうなった?!

2009年06月22日 | 待機児童をなくそう会
6月に入りました。


我会も怒濤の4月入所の病気から少しづつ解放され
お母さん方もやっと社会人としての顔が見え始めました・・



さて6月に入り、待機児童数が100名を超え108名


4月の70名から大幅に増えはじめました。




6月としては過去10年間では最高です


旧定義では(認証など認可外入園している子も含めると)156名です。




我会のメンバーも昨年の6月は、育休明け入所予約に落ちたり、
どうしても通園できなかったり、
兄弟と同時園が望めなかったりで焦りはじめた頃でした。



昨年100名を超えたのが、9月ですから、もう問題外ですね



区の待機児童解消緊急対策部会は、
最初に一回開いただけで、あとは何もやっていないそうです。






何もやってないって・・・・・・・・










待機児童解消緊急対策部会は第三者が入ることも情報が
公開されることもない密室会議






保護者はただ待つだけなのでしょうか?






何かを施策がでると思っていたのに。



これも保護者側から質問状がでないと

またしても何もしないということになるのでしょうか?




育休・産休切りをされそうな人、


両親求職中では申し込み資格がないと言われている人、




昨年と同じように育休明けが迫っている人・・・。





昨年の9月頃の状況の再現です。





区議会では、各党質問はしているようですが、
どんな話をしているのか?
一にも二にも、緊急対策のはずなのに。


確かに、信濃町分園や大京町資材起場など具体的施策はあるのでしょうが、


でも待機児童が多いのは一体どの地区かも開示されてないので


一方的な待機児童対策では去年と同じことの繰り返しです。






我会メンバーは
一生懸命、運動をしましたが、今年、全員は希望通りにはいってはいません。

認可保育園は無理と早々とあきらめたメンバーもたくさんいました。

保育問題はいろいろなことが山積してるのに、待機児童対策がまだうまくいかないとは・・・不安です。




ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援ありがとうございます!
クリック1回おしてくださいね♪
↓ ↓  ↓


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿区情報へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 応援します!「おひさまを守... | トップ | 子育てシンポジウムに参加し... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1歳児 (N)
2009-06-13 05:22:09
1才児の待機児童解消がキーな気がします。現状の園で、1歳児の定員をもっと増やせないのでしょうか?広すぎる園庭を生かして、部屋を増設できないものでしょうか?お役所には認可園の発想をそもそも変えて今までにない新しい発想で、待機児童解消に向けてがんばってほしいですね。
>1歳児Nさん (管理人)
2009-06-15 14:22:16
1歳児は0歳からあがってくる関係上、
定員増は一人当たりの保育スペースが云々と
保育課さんから言われた気がします。確かに
1歳の定員は少なすぎますね。
でも他区では確か0歳児保育はすべて保育ママ
1歳からが公立園というところもあったような気がします。確か中央区と文京区?かな?
進んでますね。良い策だと思います。
1歳児入所 (まゆ)
2009-06-17 22:23:45
0歳児の枠がいっぱいに拡げられているのは、育児休暇がなかった若しくは取れなかった時代の感覚が残っているからなのだと思います。
おそらく、決裁権があるようなお役所の方が子育てなさっていた頃はまだそういう時代だったのでしょうし。
行政で何かを変えるには時間がかかるから、時間をかけてそこを何とかしようと努力されている間に社会の方が育児休暇1年取っていいという風に変わり、更にワークライフバランスなんかの兼ね合いで2年3年取っていいですよってことになってきたんだと思います。
で、今は、仕事に復帰しなくてはならないから0歳で預かってもらいたい。ではなくて、仕事は大丈夫なんだけど、0歳児でないと入れないから。0歳児で申し込むという本末転倒な状況になってしまったんですよね。
0歳児保育は人もスペースも設備も多く必要でお金もかかるのに(行政側)育児休暇取れるからもしくは再就職はもう少し先でもいいから本当はせめて母乳を飲む間は手元で育てたいのに(保護者側)0歳児入所でないと保育園に入れない状況になってしまってるという理由で0歳児の保育を多くしなければいけなくなっている。
当然、0歳児から預けて働かなくてはならない人もたくさんいるとは思いますが、そうでない人もたくさんいるはずです。
どこかに突破口を作らなければ永遠に解決しない気がしますね。
次にから作る保育園は1歳児入所にするとか、立地のこともあるでしょうから、新しい保育園の分の定員を0歳児枠がない想定で計算して転園などを募って、各園の0歳児を少しづつ減らして1歳児2歳児で募集できる枠をつくるとか(0歳児1歳児2歳児の比率を決めて一定数毎年募集できるようにする。例えば、2歳以上はあまり増えなくても問題ないようなので2歳以上の定員を100とした場合、1歳児は70、0歳児は40という感じ)。
保育園が増えないと実現できない問題ですが。

0歳児の保育 (まゆ)
2009-06-17 22:37:56
管理人さんの0歳児保育は保育ママという施策も検討の余地ありですね。
というのも、4月に入園した子供たち、これでもかというくらい病気をもらってきてますよね?
集団保育の洗礼という感じですが、0歳児には厳しいですよね。(会の子供たちは1歳入園だけど、ほとんどが早生まれなのでほぼ0歳という感じ)
親の価値観にもよりますが、少人数なので世話をしてくれる人が同じで安心感があるというメリットもありますし、保育ママで抵抗力がつくまで預かってもらうというのもいい方法だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む