「千葉ロッテばんざい」

新しい「野球論」を、みんなでつくろう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

苫小牧は特待生抜きで出場

2007-05-02 14:13:09 | 野球活性案

苫小牧は特待生抜きで出場  5.2.スポーツニッポン(概略)

5.2.2004年、05年に夏の甲子園大会で2連覇を達成した駒大苫小牧高校(北海道苫小牧市)は、野球憲章に違反するスポーツ特待制度を採用していが、

春季大会には特待生を出場させない方針を明らかにした。部自体は出場する。

同校によると部員約110人のうち約30人が入学金や授業料の一部免除を受けている。同校は2日夕、記者会見を開き、経過などを正式に説明する。

春夏の甲子園大会に計4回出場した旭川実業高校も、野球部員に適用していた授業料免除が特待制度に当たると道高野連旭川支部に申告。

免除を受けている部員23人を除く部員で、春季道大会に出場する。

また昨年春の選抜大会に出場した北海道栄高(白老町)でも、スポーツや文化活動に優れた能力を持つ生徒を対象とした特待制度を、野球部員の半数以上に適用していたことが判明。

同校は2日までに、春季道大会の出場辞退を道高野連室蘭支部に申し出た。

<感想>

北海道は、生徒にだけ責任転嫁しているような気がする。学校の責任をどう考えているのか・・・。

この記事を見ると、予想通り、特待生を中心にしたチーム作りの様子が見える。

生徒を差別したチーム作りをしてきたと言うことと思う。高野連は、特待制度は憲章違反と、数回にわたり警告を発していたという。

有力校がそうしているから、我が校も・・・。

各校に広がっている「みんなで渡れば怖くない」と言う考え方こそ、根絶しなければならないと思う。

その前に、素に実態を探究しなければならない。

マスコミは、これまた予想通り、この憲章は古いから、他競技が特待制度しているから・・・。

と改革を大声で叫んでいるが、その問題と現行憲章違反とは別のモノだ。

選手も特待生どのルールは、知っているはずだ。もし知らないとすれば、指導責任が生じると思う。

チーム内で、特待生と一般学生がいる。これはおかしいと思いませんか。

他競技に対しても同じことが言えると思う。

テレビ出演している元スポーツ選手は、高野連がおかしいと主張しているが、差別構造のチームが、一丸となれるのか?

憲章は、憲法と同じ60年の歴史があるという。古いから・現状と違うから・・・と言うことだけで、無視されてきたのだろう。

みのもんた氏は、個人の意見として発言しているが、それを放送したテレビ局の主張だと視聴者は思う。このことを忘れないで欲しい。

テレビ放送は、公共的なシステムであり、偏った意見に対しては、反対意見を提示すべきと思う。

特待制度・その実態こそマスコミが、追及して実態をはっきりさせるべきと思う。マスコミ本来の使命「客観的放送」を忘れ、個人的感情論は、不愉快だ。

マスコミは、本来の使命を、思い出して欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私学強豪校春季大会辞退続出 | トップ | 特待違反は計376校7971人 »

コメントを投稿

野球活性案」カテゴリの最新記事

トラックバック

#1136 スポーツ特待制度 (おおなかこなか)
katazu通信社の調べではスポーツ特待制度を実施しているのは73校どころではない。岩手3、山形2、栃木7、埼玉9、長野1、富山7、三重1、京都4、大阪1、和歌山1、広島2という数字に納得する人は皆無だろう。失笑を買うばかりである。 この際、日本高校野球連...