放浪のページ 別冊ブログ

バイク・ツーリングやアウトドア、それに街歩きにグルメなど。ホームページや巡礼と芸術の別ブログもあります。左下のリンクで。

カクテルバー・スプーン 旭川

2016年12月10日 10時07分24秒 | グルメ北海道


2016年の9月。旭川にやってきた。まずジンギスカンの大黒屋にゆき、ジンギスカンをたのしんだ。もうなにも食べられないが、酒は飲み足りないので、あらかじめしらべておいたバー・スプーンにいってみることにした。



店についてみると入りづらいムードだ。ドアを押して中に入るのに思い切りがいる。でも年をくっている図々しさを発揮して店内に足を踏み入れた。

店に入ると客はいない。そのことで気後れを感じるが、女性のマスターがフレンドリーにむかえてくれて、カウンターに案内された。椅子をひいてくれる。カウンターの中には男性のバーテンダーさんがいて、こちらもにこやかにむかえてくれた。



バーはほとんどゆかないので何をたのんだらよいのかわからない。そこでおすすめを聞くと、黒板に書かれたリストで丁寧に説明してくれる。そのいちばん上にあった、ウォッカベースでワサビをきかせたカクテルをお願いした。



注文するとナッツがでて、さらにお通しもきた。私がこれまでいったことのあるバーではお通しはでなかったが、席料がかかるかお通しが出るケースが多いようだ。

お通しは生ハムだ。もう食べられないほど満腹なのでこれは困ってしまった。

銅のカップでカクテルは供された。さっぱりとしているが、後味でワサビの辛さがピリリとくる一杯だった。



大黒屋でラムをたべてきたので、リストにあるラムをストレートでお願いする。するとテイスティング用の小さなグラスでチェイサーといっしょにだされた。香りがたつようにこのグラスをえらんだとのこと。たしかに香りがグラスのなかからとどく。オヤジ酒場ばかりにいっているから、バーはとても新鮮だ。

お通しもおいしい。全部食べられないのが残念だ。生ハムの付け合せのサラダのドレッシングが気に入って、オイル&ビネガーですか、とたずねると、マスターがとなりのビストロに聞きにいってくれた。お通しはそこからきたのだが、店がつながっている隣のフレンチ・ビストロは、マスターのご主人が経営されているそうだ。ドレッシングはオリーブオイルにハーブと生姜、ニンニクなどをブレンドしたオリジナルとのこと。

バーではマスターやバーテンダーさんといろいろと会話をすることになる。私が大黒屋でジンギスカンをたべてきたが、日本一美味しいと思う、と言うとおふたりは同意されない。大黒屋のジンギスカンは焼いてタレにつけてたべるが、これは札幌のスタイルなのだそうだ。旭川の流儀は、タレに漬け込んだジンギスカンでなければならないとのこと。松尾ジンギスカンのようにだ。

たのしい一時がながれてゆく。

ラムを飲んだところでお会計にした。料金は3600円。マスターがドアまでおくってくれた。



バーは17年目でビストロは3年目とのこと。女性のマスターが、若いころから旭川で3本の指に入ると言われる店をつづけている人間力に、感服する。

5点満点で4点。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶品ジンギスカン 旭川の大黒屋 | トップ | 根室・花咲港にあるカニの直... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ北海道」カテゴリの最新記事