放浪のページ 別冊ブログ

バイク・ツーリングやアウトドア、それに街歩きにグルメなど。ホームページや巡礼と芸術の別ブログもあります。左下のリンクで。

北の味 のつけ 札幌すすき野

2017年06月09日 14時20分57秒 | グルメ北海道


2016年の北海道ツーリング。この日は札幌のすすき野に飲みにきた。「モツの朝だち」というネーミングのうまいモツ焼き屋にゆきたかったが、超満員なので諦めた。以前利用した店もあるが、新しい飲み屋も開拓したい。すすき野をぶらぶらと歩いていると、よい感じの海鮮居酒屋をみつけた。それが、北の味 のつけ、だ。



看板には北海しまえびやカキなどがあしらわれている。店内をのぞくとカウンターの客が大将とたのしそうに話していたので、ここに入ることにした。



カウンターに腰をおろしてまず生ビールをお願いする。つきだしは2品。煮物と鮭の南蛮漬けだったかな。小鉢の器のセンスがいい。



大将に刺身はなにがおすすめなのかたずねると、今日のお刺身1200円というメニューがあり、これがお得でおすすめとのこと。それをおねがいした。

今日のお刺身はきれいな盛りつけででてきた。ネタは右上から時計まわりにタコ、ソイ、ツブ貝、サーモン、中央がマグロ。ソイは湯引きされており、皮も添えられている。白い四角い皿と刺身のいろどりのコントラストがいい。大将に、ソイは湯引きしてあるが、皮といっしょに食べるのかと聞くと、いっしょではなく、別々に、とのこと。皮もおいしいのでためしてみて、と。そして、料理が好きなの? ときかれた。刺身はおいしい。ツブだけちょいと鮮度があまかった。それでも1200円は安いと思う。



ぎょうじゃにんにくの名前は聞くが食べたことはない。メニューにあったので、ぎょうじゃにんにくのおひたしをお願いした。すると卵黄をのせて供された。まずぎょうじゃにんにくだけをそのまま食べてみると、いける。しょう油を少しつけるのが私はベストだった。



玉子をくずすとどうしても玉子の味が勝ってしまうから、私は卵はいらないな。もっともこれはこれでよい肴ではあるが。



ビールを飲み干して、コンブ焼酎の利尻500円、地酒の国希500円と飲みすすむ。国希はチェイサーつきだ。



大将が漬物をサービスしてくれた。カブとスケソウダラの漬物だ。これは珍しい。郷土料理だろうか。食べてみると薄味で、ほとんど味がない。カブはほんのりと苦い。こんなのは口にしたことがないが、これは酒にあう。しょう油をかけるとちょうどよいようにつくってあるのだろうか。酒のアテにはこんなものが食べたいのだ。淡白で歯ごたえがあって、ちょいと苦いもの。

大将にどうやって作るのかたずねると、カブは二度漬け、スケソウも二度煮しているとのこと。職人肌の大将はことばが少ないから微妙なところはわからない。でもいろいろと聞いていると、また料理が好きなんですか? と聞かれてしまった。

お会計は3450円。いい店をみつけた。この後は炉端焼きの、たかさごや、にハシゴした。

5点満点、平均3点で3,5点。






『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年11月野田山緑地... | トップ | HP版 2016年北海道ツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ北海道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL