日々の景色と季節を過ごす

ペーパードライバーな自分はいつも徒歩で用事を足す。歩く早さで日々移り変わる花や気になる光景を書いてみる、そんなブログ。

落ち葉で押し葉で「色彩」を。

2017-03-07 14:52:24 | 日記
電話帳を整理しようと思ったらページの間からはらはらと何枚もの押し葉が床に落ちた。

あぁ~忘れてたなぁ~
これは去年の秋じゃないな、その前の年の秋の色彩だ。
こうして並べてみたら、けっこう綺麗に押し葉が仕上がってたんだな。

秋の桜は葉っぱが実に綺麗なんだ❗

北海道と言えばポプラ、でもポプラの黄色はあまり鮮やかじゃなくてイチョウの黄色に負けてる感じ、ポプラは夏の緑が一番綺麗だと思う。

秋のイチョウは実に美しい❗ギンナンを拾う楽しみの人もいるけど私はしたことないな、クルミにしてもギンナンにしても食べれるまでの作業が大変❗私は下を向いて拾うより上を見上げて綺麗さを頂きます。
四つ葉のクローバーも歩いてる人しか見つけられない、やっぱり見つけるといいことあるかなぁーと思う、思うだけでもちょっと嬉しい。
小さな赤い葉っぱは名前が不明、燃えるように鮮やかな赤はとても強烈だ。

そして、秋の代名詞のようなモミジ。

おそらく色んな名前がありそうだけど、ひとまとめにモミジとする、赤や黄色の美しさは同じ木でも毎年少し違ってる、そんな違いの分かる私、別に自慢にもならないのでここで語るのだった(^w^)

「秋に生まれたので四季の中で一番秋が好き」といっていた女の子も、この春からふるさとを遠く離れ大学へ進学する。
もしかしたら、もう会えることがないかもしれない、出会って5年の間に楽しい思い出がたくさん、きっとその子への手紙のなかに何気に押し葉を入れてみようとでも思って、こうして電話帳に挟んで押し葉を作っていたんだろうと思う。
押し葉は秋の時間を閉じ込めて美しい日を思い出させてくれた、そして、止まらない時間の中で毎日を慌ただしく過ごす私に、足を止めて落ち葉を拾った秋の景色を思い出させてくれた、春を待つ私に不意にやって来た秋からのメッセージだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しくお気の毒なニュース | トップ | もうすぐお別れノラーズたち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事