日々の景色と季節を過ごす

ペーパードライバーな自分はいつも徒歩で用事を足す。歩く早さで日々移り変わる花や気になる光景を書いてみる、そんなブログ。

年が明ければ七草粥

2017-01-04 12:56:27 | 日記
お菓子やさんのカレンダーは少し先を進む。
宝くじを無くしてテンション下がりながらも午前中は寒い2階でかたずけをして、午後からは私も普通の生活のリズムに戻して出掛けることに。
コーヒーで元気をもらうことにする。
今年はじめて会う店員さんと新年のご挨拶、で、カウンターにはもうこれ❗

このお店の毎年の可愛い七草粥材料の寄せ集めのカゴ、いつみても可愛い❗
七草粥って、実は一度も食べたことないなぁー母親がそういうことしてくれなかったし、まぁそんなことできるような家じゃなかったし、でも、ばあちゃんちでも、おじさんちでも、どこでもこんなことしてなかったし、友達もこんな話してなかったし、貧乏だったせいなのか、単にすんでる場所でその風習が無かったのか?わかんないけど、大人になっても自分のなかに馴染んでこなくて結婚してからも一回も作ったことない、夫も食べたことないって言うし、おそらくあんまり根付いてない地域だったのかもしれないなーと思う。
もともとの、餅で疲れた胃を休めるとか、冬に野菜を、とか言う意味であれば、野菜も食べてるし、まぁいいか、って感じで今年の7日も我が家に七草粥はありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新春初失せ物に落ち込む。 | トップ | 好きなだけでは許されない話。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。