戸隠・白馬・安曇野1泊ツーリング

2017-05-12 11:10:55 | 日記

日程:4月22日(土)~23日(日)

人数:11名(女性2名 男性9名)

天候:1日目は曇り 2日目は快晴

 

スキーシーズンが一段落して連休までの間の週末。大混雑ということもなく天気にも恵まれ気持ちの良いツーリングができました。

と言いたいところですが、1日目は途中から雲の中にスッポリ入ってしまい、

周囲が霧で真っ白になりすぐ前を走る車や仲間のバイクすら見えないという、視界が全く利かない中を走る時間帯がありました。しかもすごく寒い。

今日のお昼は名物の戸隠そば。寒さに震えながらも、そばの基本はやっぱり「もり」

だよね、などと言ってやせ我慢をして冷たいそばを注文します。

とても美味しいそばでした。震えながら食べていたのでそばの写真を撮る余裕がありませんでした、ゴメンなさい。

さて、昼食の後はひたすら宿を目指して走ります。ここから宿まではその気になれば1時間ちょっとで行けるのですが、そこは敢えて遠回りをしながら田舎道をのんびり走って行きます。

途中、北アルプスが良く見える展望台があります。少しだけ陽も射して遠くにうっすらと山も見えて来たのでここで1枚。写真にするとやっぱりダメですね、残念。

晴れているとこういう風に見えます。これは下見に行った時のものです。綺麗でしょ?

(晴れていればもっと良かったであろう)気持ち良い道を走り、3時頃に宿に着きました。

近くのコンビニへ買い物に行ったり温泉に入ってゆっくりしたり、夕食の時間を待ちます。

お?風呂上りですか?早い!

そして、夕食(飲み会)の始まり。皆さん、一風呂浴びてスッキリですね。

岩魚が1匹丸ごと入った骨酒。この後、部屋飲みとなり夜が更けて行きました。

 

さて、翌朝。この日は朝から好天に恵まれました。

宿の大女将と若女将にも輪に入ってもらって出発前の記念撮影です。お世話になりました。

宿を出て給油をした後は、しばらくの間田舎道を走るのですが、前半は畑の中の1本道や湖畔の道など景色と変化に富んだ道が続きます(途中で止まらずに走っていたので写真はありません)。

そしていよいよ安曇野に入りました。天気も景色も良いのでここらでちょっと写真を撮りましょう。この位の台数なのでこういう自由が利きます。

北アルプスをバックに記念撮影を試みますが、三脚をセットした場所が遠過ぎたのか足が遅過ぎたのかまだ走っている人がいます。ちゃんと時間内に戻れる場所を考えた方がいいですね。

ここから暫く安曇野を走り、途中その煉瓦造りの建物で有名な碌山美術館に寄ることにします。入場料が掛かるのと、それ以前に皆さんあまり美術芸術系に興味がなさそうなのでここは外側から雰囲気だけの記念撮影としました。

この辺一帯は安曇野という平地ですので、どこからでも北アルプスを望むことができます。山が綺麗ですね。それにしてもこんな小さな美術館なのに駐車場が広過ぎ!

そして次は「わさび」で有名な大王わさび農場へ。

ここの駐車場で最後の写真を撮って帰路につきました。

トラブルもなく、帰る日には天気も良くなって気持ち良く走ることができました。

 

距離的には日帰りだとかなり難しいエリアではありますが、今回参加された皆さんには次回は季節を変えて、まだ走ったことのない皆さんにはぜひ一度この時期に走って頂きたいお勧めのコースですよ。

 

Texts & photos by Toi

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOGスプリングラリーin福岡 | トップ | 5/14(日)明日の定例ツーリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む