人生の階段

人生の終わりが近づいた老婆の日々に寄せる日記

真如堂

2016-10-12 06:25:09 | 日記
遠い遠い追憶の真如堂・・・

若い時は何がどうしてなんて

わからずに

無茶をする人がいるものですね

深夜、近くの真如堂にーー

あ、真如堂というのは

京都にある古刹ですーー

悪友たちと出かけたのでした、

別にあてもなく

幼い白熱した議論に疲れて

ふらりと出ていったまでのこと。

そこでまたとりとめもなく

しゃべっていると

突然

どこからともなく歌が・・・

たしかに女の声で

なんとシューベルトの

「菩提樹」それもドイツ語で・・・

真如堂正面の右手には

菩提樹が植えられているのです

歌はその木の上から聞こえてきます

ぎょっとなって

私らはおしゃべりどころか

凍り付いてしまいました。

そして足音をたてないように

そろそろと退散したのですが

あの木に深夜

登っていた女子学生がいたのに

違いありません。

若い時は

何をしでかすことやら・・・

















































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくの村は・・・ | トップ | え、これが? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。