horizon doux italia de -torino-

イタリア・トリノでの日常+αを写真と共に
ほどほどほどよく発信フォトブログ。イタリア語の絵本のことも。

ルビテル166B 1989年製 LUBITEL166B

2016-05-21 | fotografie スナップ



ソ連製の二眼レフカメラ、LUBITEL166B。
ソビエト連邦が終わりかけようとしている
1989年に製造されたものです。

構造にひとつだけ欠点があって、
フィルムの出し入れの際に
グッと引っ張り出す突起部分の
プラスチックの先が外れやすくなってます。
ネジ式になっているのでゆるみやすいのです。
写真は、カメラの中に入り込んでしまった金属部分を
ピンセットで引っ張り出したところです。

Rolleiflexとはまた違って
軽くてタイマー取りが簡単で気に入ってます。


***Instagram ちょこちょこ写真を載せてます。***
https://www.instagram.com/horizondoux/
Comment

イタリア語でメアリー・ポピンズの「A Spoonful Of Sugar 」

2016-03-01 | 映画


幼稚園のカーニバルのイベントで
手品師のマジックに感動した子どもが
魔法使いに興味を持ち始めたので
メアリーポピンズを鑑賞させてみたら
爽快な歌と魔法の虜になりました。

ポジティブな性格で愉快なメアリーポピンズ。
出だしのフレーズ↓がお気に入りです。

Dipende dal punto di vista.
Vedi,in tutto cio' che devi fare
il lato bello puoi trovare.


イタリア語の吹き替えはオペラ風でいいのですが
ジュリーアンドリュースの歌声は
やっぱり素敵です。
メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



* * * Instagram始めました
↓blogを始めてもうすぐ3000日を迎えるのにちなんで。* * *

https://www.instagram.com/horizondoux/
Comment

古いレンガ壁の隙間から差し込む朝の光とトリノの尖塔

2016-01-27 | トリノの街、建築物


凍えそうな冷たい空気が漂っていたある日の朝、
寒さでまるまったままだった背中が
ピンと伸びた瞬間。


* * *

Gennaio e' un mese freddo, che congela le manine
e fa il nasino rosso come le fragoline.

Ma noi andiamo a scuola anche se freddo fa
i bambini della scuola son tutti coraggiosi.


* * * Instagram始めました ↓* * *

https://www.instagram.com/horizondoux/


Comments (4)

ショーウィンドーとウィンドーと手書きのフレーズ

2016-01-26 | fotografie スナップ


トリノのシンボルから
65歩のところにあった
黒板に書かれたフレーズ。








Comment

シリット社のシラルガンの圧力鍋で大豆を煮て手作り納豆

2016-01-20 | 食・ガストロノミーア・ワイン


発酵24時間後の納豆の状態です。
あと1日〜2日、冷蔵庫で寝かせて
味を熟成させます。

炊飯器を使ってやってみたこともありますが
発酵温度が適切じゃなかったようで
失敗しました。
納豆菌の白い膜がいつまで経っても出て来なくて
粘りっけも全くありませんでした。

わが家の温水ラジエーター式の暖房の上は
常に35度ぐらいです。
納豆の発酵は暖房の上置いた方が
発酵温度が適しているようです。
夜、暖房が切れた後は
保温バックに湯たんぽを入れて納豆を発酵させています。


24時間浸水しておいた大豆を煮るのに使ったのは
シリット製のシラルガンの圧力鍋です。
オレンジ色の文字の部分をクリックされるとSilit社の日本語のページに飛びます。

silit silargan 【日本正規品】 圧力鍋 シコマチック Tプラス 4.5L ブラック
クリエーター情報なし
Silit (シリット)


今回は300gの大豆を高圧で10分加熱しました。

シラルガンの圧力鍋をかれこれ3年使ってみての感想は、
調理時間が圧倒的に短縮されたので
子どもと遊ぶ時間はリラックスして過ごせることでしょうか。
そろそろご飯を作らなきゃという、
時間に迫られる感は無くなったと思います。
料理によって低圧、高圧を選べるので料理の幅が広がりました。
あんこをたくさんつくって冷凍しているので
いつでも食べられます!
また圧をかけない蒸し料理もできてヘルシーですし
圧力鍋として使わずに普通の炒め物や煮物も出来るので
他の鍋の登場が少なくなりました。

いろんな圧力鍋が流通している中、
シリット製を選んだ理由は、
素材がシラルガンでクリーンであることと、
もともとは銅の鍋なので伝導熱が良いことです。

重い鍋ですが、洗うときは水だけでつるんと汚れが落ちて
手間がかかりません。
出来あがった料理をお皿に取り分けてから
簡単に洗って別のもう一品を調理することが出来ます。

白いご飯を炊くときは本当に簡単に絶品なご飯が出来ます。
2合を炊く場合、高圧のピンが上がってから4分。
低圧の場合はピンが上がってから6分で炊きあがります。
玄米を2合炊く場合、高圧のピンが上がってから10分です。

毎日、ご飯とあと2、3品を作って
2年半でパッキンが緩んできて圧がかからなくなったので交換しました。

ゴムパッキン 22cm S9067890601
クリエーター情報なし
Silit (シリット)


10年は軽く使えるだろうなぁという重厚感のある圧力鍋です。
わが家でご飯を食べた人からは必ずお米は何?って聞かれますが
実はイタリアのスーパーで売っているすし用のお米なんですよね。笑)


Comment

イタリアで丸餅 ミキサーとレンジで簡単に。

2016-01-13 | 食・ガストロノミーア・ワイン


やっぱり出来たては美味しい!

もち米とお水とミキサーとレンジがあれば
あまりにも簡単にお餅が出来ることを知りました。
これからはおかきも苺大福も手作りできるってことです!
やったね。

子どもの離乳食作りの為に購入したフィリップのミキサーは、
普段使いにも便利です。軽量で最大400mlと小さめなので
手軽にソースやスムージーが出来きます。
小さい方の容器はナッツをひくことも出来ます。
使いやすくて洗いやすい、そして収納の場所も取らず一石3鳥です。

Philips (フィリップス)Hr2860 果物と野菜の220Vのための本物のフィリップスHr2860ミニフルーツジューサーブレンダー。 (海外直送品)
クリエーター情報なし
Philips (フィリップス)

Comments (2)

猿の手フック 苦難去る

2016-01-09 | 生活 La vita


申年にちなんだ写真で、遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
京都の弘法さんで出合った猿の手フックです。


新年そうそうから6日間、
子どもが40度を超える高熱を出しました。
心配のバロメーターの針が降り切れそうになりました。
今は元気になってもりもり食べてよく遊びます。
今年一年、病気などの苦難が去ってくれればいいなと思って
猿の手フックを飾ってみました。


もうひとつ申年にちなんだ絵本一冊。


おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる
クリエーター情報なし
岩波書店


知らないことがたくさんあると
毎日が新しいことの発見の連続で
退屈なんてしていられない。

そんなおさるのジョージのように
いろいろ失敗して、そこから学んで
また懲りずに失敗してを繰り返しながら
最終的には知恵として自分の糧にする生き方が
出来たら良いなと思います。


想像力がぐんぐん育つ4才児が夢中になる冒険のお話。
おさるのジョージ2/ゆかいな大冒険! (吹替版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


好奇心とは知恵の種だなと
おさるのジョージの絵本を読んで気が付きました。
Comments (2)

柔らかくて暖かい季節外れの光

2015-12-30 | fotografie スナップ


寒さはどこへいったのだろう。

ぼんやりした霞と
季節外れの柔らかい光が湖を包んでいました。

今年も残すところあと二日ですね。












Comments (2)

メリークリスマス2015

2015-12-24 | イタリア


Natale per tutti

C'e' qualcuno che ti sorride e la mano poi ti stringe
C'e' qualcuno che ti chiama e ti parla dolcemente
Cos'e' questa strana atmosfera
Mi vuoi dire che succede stasera
Per te per me per voi per noi
Tutto il mondo e' natale

クリスマスイヴのトリノの街は
霧でおおわれて真っ白です。

Happy Christmas!
Comment

クラッシックトラムの日 2015

2015-12-07 | イベント


霧のかかったトリノの街に
クラッシックトラム、バス、カーが勢ぞろい。

連休の真ん中の日曜日、
観光客と地元の人たちで
ごった返していましたが
タイムスリップした気分に浸れて
最高に楽しかったです。

すでに来年のこのイベントが待ち遠しいです。

クラッシックトラムをこよなく愛する
600人のボランティア会員の皆様の
奉仕活動のお陰です。
Comment

バーチ ディ アラッシオ

2015-12-04 | 食・ガストロノミーア・ワイン


お土産に頂いたピエモンテ州のお隣のリグーリア州の
海の街アラッシオで100年近く前から作られているお菓子。

3歳児の握りこぶしぐらいの大きさでボリューム満点。
甘みたっぷりな見た目とは裏腹に
あっさりした甘さで
一気に3個、食べてしまいました。

形はバーチ ディ ダマ(貴婦人のキッス)という
お菓子に似ていますが
へーゼルナッツ粉とチョコレート風味のクッキー生地に
生クリームたっぷりのトリュフチョコのフィリングのような
口溶けの柔らかいビターチョコレートクリームがサンドされています。
絞り袋の口金の波模様がエレガント且つ、貝殻をも連想させる
いかにも高級ビーチリゾート発祥のお菓子という感じです。

*  *  *

↓ このメーカーのバーチは(バッチと呼ばれてますが)
イタリア旅行のお土産の代表とも言えるぐらい有名ですね。
ホワイトチョコバージョンは冬のイメージにぴったりで
クリスマスの時期に必ず買います。美味しくて可愛いです♪
チョコの中から愛の格言メッセージが出てくるのも楽しみのひとつです。
アマゾンJAPANでイタリアのバーチチョコがポチっと買えて便利です。
イタリアお土産 バッチ ホワイトチョコレート
クリエーター情報なし
ペルジナ(PERUGINA)

Comment

縄編みと鹿の子編みのスヌード

2015-12-03 | ハンドメイド(インテリア、手芸)


イタリア語で
鹿の子編みのことを
こけ模様編みと言い、
縄編みは三つ編みです。

編み物の達人が身近にいないので。
最強のお助け本。
棒針編み困ったときに開く本 (本当に知りたかった基礎のキソ)
クリエーター情報なし
新星出版社

この一冊さえあれば一人でもなんとかなります。


初雪はまだ降りそうにありません。
12月最初の日は、
いつもの厚着では汗ばむ暖かさで
拍子抜けしました。

* * *

こういう現実(朝日新聞デジタルby yahoo ニュース)を知ると
少し時間がかかって面倒でも
出来るものは手作りしてみようって気になります。


Comment

冬の朝焼け

2015-11-28 | トリノの街、建築物


朝早起きして家事をしていたら
外がピンク色に染まり始めて
ちょっと得した気分。

今日もいい一日でありますように。

Comments (2)

初雪の気配を感じたら

2015-11-26 | イベント


朝、外出するときに、しっかり厚着して
大判のマフラーを耳まで隠れるように
ぐるぐる巻きにしていても
骨の髄までしっかり冷え切ってしまう午前中の寒さ。

バールでホットチョコレートを注文する。
カップで手を温めてから
とろんとした食感の濃厚のチョコレートの液体を
冷えきった体に流し込んで暖を取る。


そろそろ初雪が降るだろうという寒さになって
慌てて毛糸を買いに走り、
子どものマフラーやベストを
一週間くらいかけて、夜な夜な編む。
毎年、初雪の気配を感じてはじめて
編み物モードにスイッチが入る。

もうひとつ、そろそろ初雪が降るだろうという寒さになって
トリノのカステッロ広場というところで
クラシックトロリー(トラム)のフェスティバルが行われる。
初雪の気配でイベントの事を思い出すのは毎年恒例。
今年は12/6(日)に開催される。

今年は子どもより大人が楽しみにしている
レストラントラム(写真のがそれ)を予約してみたいと思っている。
後日追記:今年はレストラントラムはなくて
その代わりにポー川下りの船上で食事ができるそう。


Comments (2)

トリノの冬のイルミネーション 〜神話〜

2015-11-23 | イベント


Nello Felligno(ネッロ・フェッリーニョ)というアーティストの光の作品。
ナポリの街から今年はトリノにやって来て
街行く人を楽しませてくれています。
想像力を刺激するカラフルな電飾と
不思議なモチーフが特徴的なニューフェイスです。



Comment

オリゾンドゥイタリア ドゥトリノ 

Copyright(c)2007-2016 horizon doux italia de -torino- All Rights Reserved イタリアの暮らし写真で綴ります。管理人への連絡はコメント欄からお願いします。