考える葦のブログ

さわやかに さりげなく

郵政民営化について考える(第五回)

2005-05-21 12:41:10 | 郵政民営化
郵政民営化特別委設置 法案修正が焦点 民主、社民は審議拒否 (産経新聞) - goo ニュース

「郵政民営化法案」、世論の関心が高まらないまま、いよいよ国会での審議がスタートします。新聞等で報道されている通り、衆議院での法案を審議するための「特別委員会の設置」が可決されました。

まず「特別委員会」って何?

と基本的な話からしますと、衆議院のホームページの「国会について」の中で少し説明がありました。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkai.htm

ここから少し引用します。
 特別委員会は、会期ごとに各議院において必要と認めたときに、その院の議決で設けられ、委員の員数や所管もそのとき決められます。したがって、両議院に設けられた特別委員会が、その目的・名称・委員の員数など一致するとは限りません。特別委員会は付託された案件がその院で議決されれば自然消滅するたてまえになっています。閉会中審査をすることになった場合には、閉会中も存続しますが、次の国会の召集の前になくなることになります。委員の員数は、これまでの例では、衆議院では25人の場合が最も多く、40人・50人の場合もありました。
 常任委員と特別委員は、各会派の所属議員数の比率に応じて各会派に割り当て、各会派から申し出た者について議長の指名によって選任されます。常任委員長は本会議で選挙され、特別委員長はその委員会で互選されることになっています。なお、委員会には数人の理事が置かれ、委員長の代理をするほか委員会の運営について協議します。

少し難しいですね~
簡単に考えると、特別委員会を設置するということは「議会の中でも特にメンバーを限定して濃い議論をしましょう」ということでしょう?
単純かも知れませんが、特別委員会の設置は国民にとっては望ましい展開のような気がします。

ここで問題は、この委員会の設置の採決で民主・社民両党が本会議をボイコットしたそうです。(一部の自民党反対派なども欠席していますが・・・)しかも民主・社民両党は今後も衆参両院のすべての委員会で審議に応じない構えらしいですが、いつまでこんな国会戦略を続けるんですかね~???

今日の日経新聞の社説でも「国会で堂々と郵政論議を」と民主・社民両党の審議拒否戦略を批判しています。全くその通りだと思います。
この社説を一部引用しますと、
 民主党などは政府の民営化法案について「修正が前提になっており、問題が多い」として、撤回するよう主張してきた。自民党の武部勤幹事長は「法案に問題があるなら特別委で審議し、明らかにすべきだ」と反論している。これは武部氏の主張に理がある。先に衆院を通過した会社法案のように、法案修正は珍しいことではない。野党側が修正を求め、与党が応じることもしばしばある。「問題法案」と決めつけて、審議に応じないのは無理がある。

民主党のホームページをみても、なぜ審議に反対(特別委員会の設置に反対)しているかの理由は分かりませんでした。
「郵政民営化法案反対=国会で議論はしない」ということなんでしょうか?
正面から議論をしていただきたいものです。残念です。

郵政民営化は必要なのか? 郵政民営化法案のどこが問題のか?

郵政民営化の意義もほとんどの国民には伝わっていないと思います。
ボクも法案に問題がないとは思いませんし、改善すべき点はたくさんあると思っています。

国民から選ばれている以上は、反対の議員は法案の問題点を堂々と指摘して責任を果たしていただきたいものです。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会社の経営目的と形態 | トップ | バラ園 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
民主党は自治労のための政党 (小波)
2005-05-29 06:24:20
民主党が郵政民営化に反対する理由は誰の目にも明らかなように、103万人自治労の族議員が多くいるからである。民主党は国民のための政党ではなく、自治労のための政党であることを理解しなければならない。
re:民主党 (hoddy)
2005-05-29 20:58:26
小波さん、コメントありがとうございます。

自民党もそうですが、族議員云々という話は嫌な響きですね~

自分たちの出身母体の代表でなく、国民の代表であって欲しいですね。
とても不安な毎日です。 (toriya)
2005-05-31 00:01:43
 郵政の民営化が必要な理由として、国が最後に持ってきたのが民間への資金提供が国内需要にいい影響を与える等です。地方民間にとっては、不景気のさなかこの巨大国営金融の参入により、支店縮小を行っている地方金融機関がなくなるのは、結果を見るより明らかです。30年の信頼関係を持つ民間自営業者は、新たな取引先を新規に探す余力など有りません。産業育成や、技術開発・流通経路保護など見放された経済に巨大資金の投入が濁流に見えるのがおかしいと国が言っているとしかおもえません。毎年倒産していく会社と、返済に追われる自営業者にまだ金を借りなさいというのでしょうか。350兆円の資金をほしがる民間は、銀行でもなく、保険会社でもなく、新工場建設予定のない国内生産企業でもありません。最後に残るのは、海の向こうしかないのです。戦後経済を押さえ込み、無理に買わせてきたのは歴史が証明しています。

こんなバクチをするのは、シロウト以外に誰もいないのです。おそらく民間企業は、政府を恐れて最後まで

静かに見守ることでしょう。残り1ヶ月を切りましたが、誰かこの改革で明るい未来を説明出来るのでしょうか。手遅れを心配するのがやっとです。
re:とても不安 (hoddy)
2005-05-31 00:44:36
toriyaさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通りそういう一面もあるでしょうね・・・

一方、このままでは不透明な350兆円の使い道は闇の中です。また、宅配業者は不透明な資金を内包する官営企業と競争しなくてはいけません。

民営化がベストではないかもしれませんが、民営化以外に、小泉首相以外に、残念ながら期待できる代案がないのも事実だと思います。

(ボクはベストな案は郵貯も簡保も縮小⇒廃止すべきだと思っています。)

コメントありがとうございました。 (1喝たぬき)
2005-06-10 17:09:13
問題がある郵貯簡保の運用方法を改めるということが目的であったはずなのに

民営化すること自体が目的になっており、国民に不便を生じるだけで、

喜ぶのはUSAの大統領だけでしょう。
(^v^) (hoddy)
2005-06-10 23:30:18
1喝たぬきさん、コメントありがとうございます。

どう運用するかは民営化後の経営者や政治家が工夫することにより解決できる面も多くあり、まずはこの機会に巨大な不透明な企業を表に引っ張り出すことが大切だと思っています。

問題は郵貯簡保だけではないと思いますし。。。

まずは一歩踏み出すことが必要なのではないでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
民主党の攪乱 (いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」)
郵政民営化法案の与党の混乱に乗じて民主党は審議拒否という作戦に出た。小泉さんの支持率上昇と民主党の支持率低下を受けて、出来るだけ大胆な作戦を取ろうということだろう。何を考えているんだか。民主党の郵政改革案を出してない時点で負けだろう。今さらかき回してどう
野党の審議拒否は本当に妥当な戦術か? (あれは,あれで良いのかな?)
郵政民営化のための特別委員会設置に対して反対するため,民主党など野党が審議拒否という戦術で廃案に持ち込もうという戦術に出たようです(もっとも,特別委員会の設置は議決されたため,性格には法案自体を廃案にするという意味になるのでしょうが。)。 何の意味があ
審議拒否 (はむはむの煩悩)
今日のマジレンジャーは、べっぴぃのウェディングドレス姿が見れるという、これだけでも最高にしあわせなお話だった。 髪の毛をアップしていたので、お顔がいつもよりもよく見えたけど、べっぴぃって、ほんとに美人なんだね[:楽しい:] すごく整った西洋人のような形を
郵政民営化のことっ(2) (とっくりばー)
hoddyさんのあとを追ってちょっとずつ経済の力学をお勉強しているうちにも民主党はワケのわかんない、「審議拒否」とかいって、多分本質と外れたところでイキまいている。 さてと、経済のコト。 ちょっとずつわかってきた。 郵政民営化の話を追いかけてるとどうして
よくわかる郵政民営化訴訟 (解説編) (鶏屋の奮戦記 (バカ だんなです))
 よく見てください。うのみにして、私を信用してはいけません。  では、はじめよう。 ★先日、郵政民営化をしないと規定した中央省庁等改革基本法を修正せずに郵政民営化法案を提出したのは憲法に反するとして、兵庫県や沖縄県などの市民4人が国を相手に、違憲の確認や慰
民営化のための民営化 (1喝たぬき)
郵政民営化の目的は、郵便貯金、簡易保険で集められた金350兆円が、無責任に不透明な使途に用いられ、莫大な赤字が生じている。赤字の埋め合わせは税金で行われる。この連鎖を絶つことが郵政民営化の目的であったはずだ。今回の郵政民営化案で、この目的が果たされるのだろう