(=^・^=)私と暮らした猫たち

ー失敗を重ねて7匹めー

なるほど、ちょっと未来が明るくなった。

2017年11月07日 | 日記

動物病院で耳にした、先生と老婦人の会話。

「新しく貰っってきたので、先生、一回診てやって」

Dr「元気ないな。いくつなの?年寄りだよね」

「10歳」

Dr「なんで、もう少し若い子貰ってこないの?」

「だって、先生、私が最後まで面倒みれるかって考えたらこの位でないと」

Dr「まあそうだけど・・・」

なるほど~。

自分の年齢とバカネコキョーボーネコが長生きしてくれるっていう予想でいくと、

子供がいなくて、後を託せない私はこのバカネコキョーボーネコが最後のネコだと思ってた。

好きな白黒ブチとかミケとかはもう飼えないと思ってた。

自分の年齢に見合った年寄りネコを貰えばいいんだねぇ。

保護ネコに白黒いるよねぇ。三毛も。

もしかしたらロシアンブルーみたいなのもいるかもねぇ。

「トラネコは嫌いなのね・・・」

トラでも可愛げがあればいいんだよ。まったく 

だいたい、多頭飼いができないのは誰のせいだと思ってるんだよ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加