野坂岳ひとり旅 続編

日々好日 デジカメ持って 山登り-(穂高へ登ろう会-ブログ編)-

2000年 山歩き 記録 五七五

2000-11-27 | 年度別 山歩き 記録




2000年度
H12. 1/ 8 敦賀・野坂山 2000年初登山 年末の雪も残雪となり 魅力半減   
        1回目(2000年 野坂山 914m 登頂のカウント)
   1/12 野坂山    くもり 一の岳付近より下 雪無し        
        2回目
   1/29 野坂山    今回もラッセルドロボウ 快晴 最高 白山間近に   
        3回目    大きく見る
   2/ 3 野坂山    新雪いっぱい 大きなカンジキのあと ついていく   
        4回目
   2/ 7 野坂山    新雪少々 下は小雨 上は小雪 霧氷の中一人   
        5回目
   2/ 9 野坂山    新雪50cmオーバー ラッセル楽し独り占め   
        6回目
   2/12 野坂山    重い新雪 足跡を付けていくのは童心そのもの   
        7回目
   3/14 野坂山    久々の登山 下から上まで雪いっぱい 冬道直登   
        8回目
   3/17 野坂山    穴あけ機械 雪ゆるみボコボコ穴開けながら・・  
        9回目
   3/18 野坂山    快晴 早起き三文の得 雪しまり快調に頂上へ   
        10回目
   3/21 野坂山    快晴静寂 白山はじめ大展望満喫 まだまだ冬道   
        11回目
   3/22 野坂山    上部新雪 曇り 強風              
        12回目
   3/27 野坂山    新雪いっぱい 快晴 デジカメ落とし でも発見   
        13回目
   3/28 野坂山    今にも雨降りそうな天気 昨日とは大違い     
        14回目
   4/ 6 野坂山    雪ずいぶん少なくなった 木の芽もふくらむ    
        15回目
   4/11 野坂山    新雪 真っ白の中の歩きでした 3cmオーバー  
        16回目
   4/17 野坂山    登山口 桜満開近し しばし観賞         
        17回目
   4/19 野坂山    曇り まんさくの花 頂上まで咲いてきた     
        18回目
               「ウグイスの 声を励みに 野坂道」
   4/22 野坂山    曇り 登山道 完全に雪消える 新芽 花のにおい   
        19回目
               「雨上がり スミレ可憐に 野坂道」
   4/25 野坂山    薄曇り さわやかな日和 下山時 学生多数    
        20回目
               「野坂道 カタクリ咲いて 春うらら」
               「春うらら 豆桜咲く 野坂道」
   5/ 3 野坂山    頂上付近 ガス 夜叉ヶ池で見る 可愛い花発見   
        21回目
               「野坂道 これぞなっとく イカリソウ」
               「野坂道 カタクリの花 控えめに」
               「野坂道 花もつぼみに ときめいて」
   5/ 7 野坂山    早朝6:30より登る 風強く,うるさい カタクリ    
        22回目
               「野坂道 水田光って 春景色」
               「新緑に 足どり軽く 野坂登頂」
   5/12 野坂山    ガス 可愛い花-イワウチワと判明 新緑 最高   
        23回目
               「イワウチワ 名前知りたる 野坂道」
               「野坂道 感激発見 イワウチワ」

   5/13 赤坂山(824m) 新庄口より登頂 登りやすい道 紅葉に見応え感

   5/15 野坂山    雨の中歩く 新緑濡れて また風情あり      
        24回目
               「勤務明け なんでこの元気 野坂道」
               「この元気 仕事で見せてよ 野坂登頂」

   5/16 今庄・夜叉ヶ池 シャクナゲ イワウチワ カタクリ満開 残雪   

   5/20 野坂山    早朝登る 天気回復で気持ちは、富士写ヶ岳へ   
        25回目   下山後、富士写ヶ岳へ
               「悪天に 何を思うて 野坂道」
               「悪天で 気持ちは別山 野坂道」

   5/20 富士写ヶ岳(942m) シャクナゲの花 終わっていた たけくらべ温泉

   5/25 野坂山    うだるような暑さ 北小児童に追いつ追われつ   
        26回目
               「炎天下 子供は元気に 野坂道」
               「北小の 子らに追われて 野坂道」
   5/29 野坂山    ガス 風はさわやか ドウダンつつじ開花 少々   
        27回目
               「ガスに浮く ブナの大木 野坂道」
               「ガス湧いて さまよい気分 野坂道」
   6/ 1 野坂山    ガス 雨の中、勤務アケ登頂 満足        
        28回目
               「雨の中 何を見つけた 野坂道」
               「時季めぐり 雑草ノビノビ 野坂道」
   6/ 7 野坂山     快晴 うだるような暑さ 30℃以上 汗タラタラ   
        29回目
               「この陽気 ヘビに敬礼 野坂道」
               「名も知れぬ 蝶に語り部 野坂道」
   6/ 8 野坂山    連日頑張る 風あり快適登山 でも暑いヨ・・・  
        30回目
               「一休み ブナの木陰で 野坂道」
               「行者岩 つつじ似合って 野坂道」
   6/13 野坂山    ガス 無風 静かな独り旅 あざみ・ユリ つぼみ   
        31回目
               「ミズブキを 取らない不思議 野坂道」
               「鈴鳴らし 野坂の山を 一人占め」

   6/14 今庄・夜叉ヶ池 ニッコウキスゲ三分咲き モリアオガエル    

   6/16 野坂山    快晴 前半いまいちだったが、後半マイペースに   
        32回目
               「スキありに 転んで笑う 野坂道」
                              「蜘蛛の糸 野坂の山を 一人旅」
   6/20 野坂山    晴れ 若狭高の先輩(○○さん)と出会い 暑い   
        33回目
               「辛いのも 一の岳まで 野坂道」
               「蝶が舞い 小鳥が歌う 野坂道」
   6/29 野坂山    薄曇り アザミ ササユリ アジサイなどなど    
        34回目
               「ササユリの 匂いを元気に 野坂道」
               「アザミ咲く 想いは幼少 野坂道」
   7/ 3 野坂山    晴れ 下草よく刈られていた ササユリ      
        35回目
               「下草が 刈られてすっきり 野坂道」
               「汗落ちて ビールが恋しい 野坂道」

   7/ 4 今庄・夜叉ヶ池 遅咲きニッコウキスゲ ササユリなどいろいろ  

   7/ 7 野坂山    登り下りとも いまいち調子でず あつい      
        36回目
               「野坂道 ロマンを誘う ナツツバキ」
               「ササユリの 匂いほのかに 野坂道」
   7/11 野坂山    頂上付近 トンボの大群 アジサイの仲間だけ   
        37回目
               「つい本音 あとどれくらい 野坂頂上」
               「気の弱さ 暑さに負けるな 野坂道」
   7/12 野坂山    頂上付近 風 ほっとする瞬間 汗タラタラ    
        38回目
               「セミの声 一寸は和む 野坂道」
               「泳いでる トンボかき分け 野坂頂上」
   7/16 野坂山    晴れ 暑い ○○さんと出会う 日曜 登山者多し   
        39回目
               「これでもか 汗コンコンと 野坂道」
               「ブナ林 風爽やかに 野坂道」
   7/19 野坂山    梅雨明け 青空まぶしい 誰にも会わなかった   
        40回目
               「梅雨明けて 青空まぶしい 野坂道」
               「ヒグラシの 声リンリンと 野坂道」
   7/21 野坂山    快晴  夏空  一人旅             
        41回目
               「孤高の人 この炎天下 野坂道」
               「ナツツバキ 百花繚乱 野坂道」
   7/24 野坂山    曇り 風、時に強し 穂高を思いながら登る     
        42回目
               「岳沢へ 気持ちダブらせ 野坂道」
               「穂高への 想い広がる 野坂道」
   7/26 野坂山    晴れ 久々の降雨後 登山道おしめり 快適    
        43回目
               「この暑さ ただ歩くだけ 野坂道」
               「笹の葉に 母思い出す 野坂道」
   7/27 野坂山    曇り 適度の風あり 涼しい山登り 連ちゃん登山   
        44回目   でもアルプスに、登るスタミナは、ないみたい
               「久々に 風のにぎわい 野坂道」
               「笹の葉を 風撫でるよに 野坂道」
   7/30 野坂山    曇り 温風 汗タラタラ             
        45回目
               「下界とは 格段涼し 野坂頂上」
               「野坂道 一歩一歩に 汗落ちて」
   8/ 2 野坂山    薄くもり 頂上風あり アゲハ蝶 あぶ 多し   
        46回目
               「オニヤンマ 目の前ターンで 野坂道」
               「野坂道 今も健在 アブが飛ぶ」
   8/ 7 野坂山    晴れ 病み上がり辛い でも下りは駆け足 ひとり   
        47回目
               「暑、暑い 何回言ったか 野坂道」
               「丸かじり トマトおいしや 野坂道」
   8/10 野坂山    曇り 猿に出会う 何回登ってもしんどいな……  
        48回目
               「おどろいた サルが目の前 野坂道」
               「気持ちいい 三の岳への 野坂道」
   8/11 野坂山    快晴 盛夏は続く この暑いのに何で登るん    
        49回目
               「木のカブが 獣に見えた 野坂道」
               「つぶやきが だんだん大きく 野坂道」
   8/15 野坂山    曇り 早朝登山涼しい 快適            
        50回目
               「振り返る 野坂の道を 50回」
               「終戦日 生き様見つめ 野坂道」
   8/19 野坂山    晴れ 土曜、登山者多し まだまだ暑い      
        51回目
               「二日酔い よせばいいのに 野坂道」
               「だんだんと 調子戻して 野坂道」
   8/20 野坂山    雲多し 風強く 周りの音聞こえず 露あり    
        52回目
               「風騒ぐ 久々荒天 野坂道」
               「秋近し 草花に変化 野坂道」
   8/24 野坂山     晴れ 勤務アケ 頂上付近は、なんとなく秋の気配   
        53回目
               「頭下げ 栃の木地蔵に 野坂道」
               「一気飲み 敦賀の名水 野坂道」
   8/25 野坂山    快晴 ゆっくり登る 残暑まだまだ でも 天高し   
        54回目
               「何を食う イノシシ荒らす 野坂道」
               「この残暑 草木もヘトヘト 野坂道」
   8/28 野坂山    快晴 霞か雲か…  ススキの穂、出始めた    
        55回目
               「風そよぐ 野坂の道に 秋近し」
               「青空に 霞か雲か 野坂道」
   9/ 1 野坂山    曇り キンミズヒキ ツリフネ草         
        56回目
               「つりふね草 気持ちなごんで 野坂道」
               「赤とんぼ いよいよ見参 野坂道」
   9/ 2 野坂山    曇り時々雨 蒸し暑い 絶不調 ヤマホトトギス  
        57回目
               「ほととぎす 気になる花弁 野坂道」
               「雨落ちて なお蒸し暑き 野坂道」
   9/ 4 野坂山    晴れ 天高く秋の空 涼しくさわやか       
        58回目
               「野坂道 涼感戻って 秋間近」
               「天高く 白山くっきり 野坂道」
   9/ 6 野坂山    晴れ 一段とさわやかに リンドウあり 快調    
        59回目
               「蝉時雨 勢いないぞ 野坂道」
               「雨降らず 名水細る 野坂道」
               「野坂道 りんどう見つけ 大はしゃぎ」
   9/ 7 野坂山    曇り 先客3名 にぎやかになってきた 快適   
        60回目
               「勿体ない 未熟栗落つ 野坂道」
               「朝露に 足音だけの 野坂道」
   9/10 野坂山    曇り 蒸し暑い 無風 日曜 登山者多い     
        61回目
               「野坂道 イメージ悪いぞ トリカブト」
               「どら息子 稲刈りさぼり 野坂道」
   9/19 野坂山    曇り 何となく緑があせてきた、気がする     
        62回目
               「野坂道 涼しさ戻り 本調子」
               「イガ栗を すかさずほじる 野坂道」
   9/20 野坂山    快晴 日本晴れ 寝不足 調子いまいち トンボの群れ  
        63回目
               「速乾シャツ 着心地いいぞ 野坂道」
               「涸沢の 紅葉気になる 野坂道」
   9/23 野坂山    大雨 ウサギが目の前に 敦高、山岳部と出会い  
        64回目      大きなヒキガエル数匹
               「雨降れど 気持ち晴々 野坂道」
               「登山道 川になったヨ 野坂道」
   9/27 野坂山    晴れ 雲点々 頂上寒いぐらい かけ足下山    
        65回目
               「暑さ去り 岳人もどる 野坂道」
               「雨降れど 岳人気にせず 野坂道」
               「ひざ笑う 修業足りぬぞ 野坂道」
   9/28 野坂山    曇り 寒く薄暗い森、心細くなってくる      
        66回目      燕岳に初雪のたより
               「アルプスに 初雪情報 野坂道」
               「いつも会う 爺さま元気 野坂道」
   9/29 野坂山    曇り 静か 誰にも会わず 淡々と登る      
        67回目
               「一休み 敦賀市眼下に 野坂道」
               「回重ね くつ引退か 野坂道」
  10/ 3 野坂山    曇り ガス視界ゼロ 霧雨 栗拾いながら     
        68回目
               「雨上がり 雲カーテンのように 野坂道」
               「栗落ちて 袋片手に 野坂道」
               「マラソンで 乳首痛いよ 野坂道」
  10/ 4 野坂山    曇り ブナ林より上部ガス深い 黄色見始め    
        69回目
               「広葉樹 色のりだした 野坂道」
               「生々しい 鹿の足跡 野坂道」
  10/ 7 野坂山    快晴 爽やか 土曜登山者多い 木の実色づく   
        70回目
               「野坂道 カエルしっこで ご挨拶」
               「野坂道 風にも味が ありそうな」
  10/12 野坂山    曇り マラソンの練習で足痛め、違和感あり    
        71回目   本番大丈夫 黒河小児童と出会い ○○さんらと談笑
               「マラソンの シューズで登る 野坂道」
               「五日ぶり 葉っぱ色濃く 野坂道」
  10/16 野坂山    快晴 爽やか言う事なし 足痛いながらも満足   
        72回目
               「マラソンの 疲れも忘れ 野坂道」
               「秋景色 満足飽和 野坂道」
               「紅葉にも おませとおくて 野坂道」
  10/19 野坂山    晴れ 頂上寒いぐらい 白山初雪見えない     
        73回目   ○○さんと一緒に下山 アキチョウジ せんぶり見頃
               「センブリの 花も苦いぞ 野坂道」
               「センブリの 花 遠慮がち 野坂道」
  10/21 野坂山    曇り 北風寒い ブナ林19日より一段と色づく   
        74回目   昭英高校の一団と出会い 勤務アケ 一気に登る
               「朝露に アキチョウジ冴える 野坂道」
               「野坂道 北風吹いて 上着出す」
  10/24 野坂山    ガスの切れ目は青空 静か 山リンドウ咲く    
        75回目
               「木漏れ日に 紅葉きわだつ 野坂道」
               「リンドウの 赤い実神秘 野坂道」
  10/27 野坂山    快晴 集団登山で登山道荒れていた ゴミ多し   
        76回目   午後登る 野坂の紅葉は 最高とは言えないネ
               「情けない ゴミ拾いつつ 野坂道」
               「団体に 荒らされ無惨 野坂道」
  10/30 野坂山    曇り 風冷たく手かじかむ 落ち葉踏み いい感触   
        77回目   秋いっぱい またまた昭英高生と出会う
               「白波見ゆ 冬とうからじ 野坂道」
               「濡れ落ち葉 光り輝く 野坂道」
               「心地よい 落ち葉踏む音 野坂道」
  11/ 1 野坂山    小雨 ガス 雨の日の登山もよきかな       
        78回目   傘さして長靴履いて ウサギと出会い
               「新調の ひしゃくで名水 野坂道」
               「枯れ葉舞い 明るくなったよ 野坂道」
               「雨ん中 カサカサ落ち葉 野坂道」
  11/ 2 野坂山    下は雨 上は意外にも薄雲で 雲海出現いい感じ   
        79回目   ガスの切れ間に浮き出す紅葉 秋実感
               「ガス切れ間 紅葉浮き出す 野坂道」
               「錦秋を まぶたに焼き付け 野坂道」
               「つかの間の 雲海まぶたに 野坂道」
  11/ 6 野坂山    快晴 ぬけるような青空 でも白山霞んで見えない  
        80回目
               「快晴に 白山霞む 野坂道」
               「山雀が 野坂の紅葉 通りすぎ」
               「髭剃って 野坂の爺様 若返る」
  11/ 7 野坂山    快晴 赤兎山のつもりが心変わり 暖かい日和   
        81回目
               「増えてきた ポイ捨て恥よ 野坂道」
               「彩りの 落ち葉と会話 野坂道」
               「ヒラヒラと もう秋のなごり 野坂道」
  11/ 9 野坂山    晴れ 勤務アケ強行 三の岳付近、見事に落葉   
        82回目   白山や伊吹山 よく見えた 休むと寒い
               「一晩で 坊主になったよ 野坂道」
               「来るたびに 感動新たに 野坂道」
               「登り下り 味わい違うぞ 野坂道」
  11/15 野坂山    曇り時々小雨 一の岳より下 紅葉見頃か     
        83回目
               「朝早く 駈け下る人 野坂道」
               「一段と 落ち葉分厚く 野坂道」
               「下る人 キノコの匂い 野坂道」
               「紅葉も 一の岳まで 野坂道」
  11/19 野坂山    晴れ 休日登山者多し 白山や奥越の山々冠雪   
        84回目
               「空腹で 登る甘ちゃん 野坂道」
               「白山に 白いお帽子 野坂道」
               「重装備 思いはいろいろ 野坂道」
  11/22 野坂山    晴れ 紅葉は里に下り すっかり冬支度 寒い    
        85回目   勤務アケで登る 反対側からの登山者あり ビックリ
               「日は巡り はや小雪の日 野坂道」
               「北風を 受けて黙々 野坂道」
  11/24 野坂山    曇り 午後登る 午前中小春日和が崩れる     
        86回目
               「晩秋の 午後薄暗き 野坂道」
               「カタカタと 列車見下ろす 野坂道」
  11/25 野坂山    薄曇り 下は穏やかな天気 上は冷たい風     
        87回目   奥越の山々 墨絵のようにシルエット すぐ下山する
               「奥越の 山シルエット 野坂道」
               「冬準備 目印テープ 野坂道」
  11/28 野坂山    曇り ○○さんとしばらく同行 木々完全に落葉   
        88回目      ○○さんは 101回目の登頂とか
               「下界での ストレス発散 野坂道」
               「歌詠みも ストレスそろそろ 野坂道」
  12/ 1 野坂山    晴れ 午後登る 2名下山者あり 静かな山旅   
        89回目
               「旧友の 訃報弔う 野坂道」
               「短足の 影長くのび 野坂道」
  12/ 2 野坂山    快晴 この時期 穏やかな暖かいお天気      
        90回目   土曜日 登山者多し 早めに下山
               「ガンで逝く 友との過去を 野坂道」
               「青空に 雲少しずつ 野坂道」
  12/ 3 野坂山    曇り 小屋泊まりの下山者あり ただ登るのみ   
        91回目
               「3連ちゃん 野坂の道を テクテクと」
               「今日も来た 野坂の道に 魅せられて」
  12/21 野坂山    曇り 久々山登り すっかり冬の顔 雪少しあり   
        92回目
               「久々の 野坂の山は 冬の顔」
               「木枯らしの 音賑やかに 野坂道」

        (2000年最終回)  (野坂山登頂 累計 132回)   

コメント