和束 茶源郷ガイドの会「徒然草」

京都府景観資産登録の茶畑や史跡や歴史の中へご案内する和束茶源郷ガイドが皆さまの訪問をお待ちしています。

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 4月2日(日)

2017年04月02日 22時41分31秒 | 日記
2017年4月2日(日)晴 和束 茶源郷ガイドの会「春企画ウオーク」 
中世の「米山城址」と和束川沿いの春を楽しむウォーク


普段のウォークなら今日は程良い日差しと時折風が吹く、歩くには文句ない 日和なのに一番の楽しみの桜はまだ蕾。
春と言えば桜なのに。
2ヶ月前から企画して下見も済ませて準備万端なのに、今年も桜の開花時期とウォーク日を当てるのが実に難しい。
ガイド実施日が去年は遅く、今年は早かった・・・・・・。
残念ながら桜は無いけれど、今日は和束の歴史の学びを深めようと気持ちを入れ替えウォークをスタートしました。
このコーナでは、今日はこんなところから来て下さいました、こんなことがありましたとお知らせするのと同時に和束町はこんなところですと町内外の方にはもちろんのこと、町を離れて暮らす和束の方にまだ知らない故郷の良さを伝えたいと綴っています。
そんなところがあったのか、そんな小さな光る発見があればいいなと思っています。
さて今日は米山城址に行くのが一番の目的。
和束にお城があったの?と思われるでしょうが、4か所ありました。
4か所の山城とは、この米山城址のほか米城出城 森田城(白栖城) 杣田城。
普通、城と言えば二条城や大阪城のように石垣が積まれ、水堀がめぐらされた姿を思いますが、和束にあった城は、こういった城とは違います。大阪城等は平城(ひらじろ)と言って平地に築かれています。一方和束の城は山城(やまじろ)と言って、山頂や山腹に設け防御を自然の険しい地形に依存しています。
南山城地方にはおおよそ60数ヶ所に存在していたことが確認されているようで、南北朝時代の内乱期から戦国時代まで全国で数多く築かれているようです。
 
ではなぜ、和束に城郭が築かれたのかと思ってしまいますが、和束谷は古代より大和・南山城村から信楽・近江へと通じる交通の要所で中世の動乱期には軍事上、重要視された戦略上の拠点であり、城郭は陸上交通路を支配し得る要地に立地していると和束町史にも記されています。
この米山城主は、1249年出城を築城、その後代を替えて白山神社神殿を造営、祝橋架替、大智寺(湯船)の造営、不空寺(金蔵院)の再建 米山に稲荷神社を祀り、天満宮・春日神社・熊野神社の再建等多くの事を成し遂げています。

米山氏は長年森田氏と合戦を繰り返し、1575年森田城を落城させています。
城跡地まで美しい茶畑に様変わりするとは米山氏は想像したでしょうか。
城址には今は何もありませんが、米山氏の功績に思いを馳せ、今も残る建造物を目の前に中世に想いを巡らすのも良いものです。
 
米山城址は、前面に養生の芝を抱く鷲峰山、町の中央を流れる和束川、和束谷の耕地や山肌を覆いつくす茶畑が一望できるところにあります。
興味を持っていただけたなら、また一緒に歩きましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束茶源郷ガイドの会からのお知らせ Part.2

2017年03月12日 19時21分11秒 | 日記
2017年度 和束 茶源郷ガイドの会「春企画ウオーク」

                   追加のお知らせ
平成29年4月2日(日)
和束天満宮・祝橋・湯船大智寺などにその名を残す米山氏が築いた
中世の山城「米山城址」と和束川添いの春を楽しむウオークです



行程:体験交流センター~祝橋~八坂の大杉~米山城址~祝橋(昼食)
 祝橋~和束天満宮~中尾園で一服~体験交流センター 約4.5km起伏に富んだコースです
日程:2017年4月2日(日) 
予定時間:AM9時15分スタート PM2時30分時到着予定
集合時間:AM9時 体験交流センター(駐車場)
     京都府相楽郡和束町中平田23-1
アクセス:奈良交通バスJR加茂駅前  AM8時39分発「和束町小杉行き」
     和束小学校バス停下車 すぐ
お車の場合:木津から国道163号を伊賀方面⇒井平尾を左折して
府道5号線で約15分(和束小学校の下)      

参加費:200円(保険・資料・運営協力金として)            
持ち物:昼食・水筒・軍手

雨天時の催行:中止の時は4月2日(日)午前6時に本ブログに掲載します 
    
問合せ・申し込みは⇒ここから
         又は
和束・茶源郷ガイドの会ブログ「徒然草」(http://blog.goo.ne.jp/hoco2hoco)のメッセージで!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束 茶源郷ガイドの会からのお知らせ

2017年02月28日 23時47分17秒 | 日記
2017年度 和束 茶源郷ガイドの会「春企画ウオーク」

平成29年4月2日(日)
和束天満宮・祝橋・湯船大智寺などにその名を残す米山氏が築いた
中世の山城「米山城址」と和束川添いの春を楽しむウオークです



行程:体験交流センター~祝橋~八坂の大杉~米山城址~祝橋(昼食)
 祝橋~和束天満宮~中尾園で一服~体験交流センター 約4.5km起伏に富んだコースです
日程:2017年4月2日(日) 
予定時間:AM9時15分スタート PM2時30分時到着予定
集合時間:AM9時 体験交流センター(駐車場)
     京都府相楽郡和束町中平田23-1
アクセス:奈良交通バスJR加茂駅前  AM8時39分発「和束町小杉行き」
     和束小学校バス停下車 すぐ
お車の場合:木津から国道163号を伊賀方面⇒井平尾を左折して
府道5号線で約15分(和束小学校の下)      

参加費:200円(保険・資料・運営協力金として)            
持ち物:昼食・水筒・軍手
雨天中止     
~問合せ・申し込みは~
和束・茶源郷ガイドの会ブログ「徒然草」(http://blog.goo.ne.jp/hoco2hoco)のメッセージで
4月2日ウオークの参加者氏名・連絡先(居住地・電話番号・メールアドレス)を送ってください。

メールでの申し込みはこちらのアドレスに⇒wazuka.chagenkyo@gmail.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束茶源郷ガイドの会 和束風土記 1月14日(土)

2017年01月16日 20時39分33秒 | 日記
明けましておめでとうございます。皆さん良いお正月を過ごされましたでしょうか。
昨日今日と和束の地区でもとんどさんが行われました。
今日は南区の三カ所で行われているとんどさんの様子をお伝えします。

3時ころから、人々が正月の飾り物を手に集まってこられます。
火がつけられ、炎と煙が高く上がり無病息、災家内安全人々の思いと共に空高く上がっていきます。
ある場所では、炎が落ち着くと、そこで餅を焼いてその餅を少しずつちぎり、○○のくち
などと言いながら、いろんな虫に噛まれないようにまじないのように火の中に落としていきます。
これは、どのとんどさんでも、行っていました。
今では、行わなくなった事ですがとんどさんの火種を家に持ち帰り、その日で餅を焼いたりしました。
ところで、お雑煮についてですが、みなさんのお宅ではどんな中身でしょうか。
聞いてみると、微妙に家によって違いました。
とうふ、大根、さといもこれはほとんど一緒でしたが、揚げや金時にんじんは入れたり入れなかったり
お餅は、雑煮と一緒入れられた餅を、きなこと砂糖で食べると言うのは、半々。

そんな話をしながらわいわいと楽しく時間を過ごしました。
話の勢いで、芋煮をしたからと鍋を運んできて下さり鍋は、とんどさんの火の上でくつくつと美味しいにおいを放ち、私も頂いて、美味しいとんどさんの時を過ごしました。
無病息災、今年も元気ですごせますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束茶源郷ガイドの会 番外編

2017年01月13日 21時33分48秒 | 日記
英語サロン2016年12月17日 「クリスマスパーティー」
サロン会員7名に加えて、おぶぶ茶苑のインターン生5名が参加、盛大にクリスマス会を開催しました。

小さなクリスマスギフト交換から自己紹介が始まりました。
和気あいあいと懇談する中、変わり順番にクリスマスソングを歌いました。
英語の歌詞も皆、スラスラと歌い上げていました。
 
今回のパーティーでは、初めて寸劇(スキット)を行いました。
「完璧な息子」、「期末テスト」、「ニューヨーク駅切符売り場」などの役者を皆が上手に演じ、笑いを呼んでいました。
   サンタからのギフトをいただき、楽しい年末と新年を期して解散しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加