和束 茶源郷ガイドの会「徒然草」

京都府景観資産登録の茶畑や史跡や歴史の中へご案内する和束茶源郷ガイドが皆さまの訪問をお待ちしております。

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 11月6日(日)

2016年11月06日 22時46分21秒 | 日記
11月6日茶源郷祭り二日目、曇りのち晴れ
2日続いての晴れは珍しく、今日はちょと曇り空だけど降ることは無い予報で安心です。
茶畑ツアーの主催者にとって、晴れほど嬉しいことはありません。
昨日は当日申し込みが100人で、朝受け付けが殺到して混雑するくらいでした。
今日はどうかと思っている矢先、受付も始まらぬうちから来て下さる方もいて、今日の忙しさの予感的中、受け付けが始まるや長蛇の列。
こんなの今まで見たこと無いなと、受付の忙しさを人ごとのように眺めてもみたり。
昨日と同じくお茶工場は人気が有り、川のせせらぎを聞きながら歩く満喫コースも朝一番から22人の盛況ぶりでした。
今日は参加総数150人。
昨年は雨にたたられ42人と比べると雲泥の差です。
やはり晴れはすごい。
    
会場すぐ側にある和束荘に泊って今日参加された方もおられ、ここでは、お茶風呂も入れますよの紹介に、「夕べ入ったでー」と笑っておられました。
一日の内に茶工場見学の後、次のツアーで茶畑見学をされる方がいて今年はその気持ちの熱さを感じました。
毎年来て下さって、ツアーに参加されコースの吟味をされる方もおられました。
朝のツアーでお見かけした顔に、午後のツアーでもお会いして、「また参加して下さってるんですか」とお声かけすると、「お茶が好きなんです」と返事が返ってきて感激しました。
怪我人も無く、2日間の総数280人のガイドも終わりました。
充実した2日間でした。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 11月5日(土)

2016年11月05日 23時50分21秒 | 日記
11月5日土曜日茶源郷祭りが晴天の下、始まりました。  
今年のガイドは例年の茶畑ツアーに加え茶工場見学を行いました。
工場見学といっても、稼働中ではありませんが工場見学は人気で若い人達がたくさん来て下さいました。
茶畑では、茶畑の美しさに感動し「贅沢」だと表現され、その言葉が耳に残ります。
鷲峰山では奥山にひっそりと佇む古刹金胎寺、山頂の近くの綺麗に手入れを終えた茶畑や、
和束川の河畔の雄大な弥勒磨崖仏や甌穴など見どころ満点のツアーに大満足と感想をいただきました。
毎年遠方からのお客様がいらっしゃいますが、今回も東京から来ておられました。
         
今回は2日とも晴れの様子、明日もたくさんの方がお茶ツアーに参加して下さるのを心待ちにして・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 11月1日(火)

2016年11月01日 22時14分40秒 | 日記
茶源郷まつりを控えて、例年通り気持ちよく景観を楽しんでいただけるよう、
和束 茶源郷ガイドの会有志が長井の弥勒さんの清掃を行いました
茶源郷まつりの茶畑ツアー「満喫コース(お手軽ファミリー向け)茶畑と弥勒麿崖仏コース」でご案内します 
是非、雄大な弥勒磨崖仏の慈悲を受け取ってください

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 10月28日(金)

2016年10月29日 23時53分04秒 | 日記
10月28日、ガイドの会では茶源郷まつりで行う予定の茶畑ツアーの下見を行いました。
和束の里では、今年最終のお茶刈りが行われている最中です。
  
お茶刈り風景の中、ガイドの会ではルートの確認や、茶畑、鷲峰山、茶工場見学の現地視察等1日かけて行いました。
今年は、茶工場見学を初めて取り入れました。

ネットでの申し込みでは、今のところ一番人気は茶畑&茶工場見学です。
煎茶の機械と`碾茶の機械。見学された方は碾茶の機械の大きさに驚かれることでしょう。
茶源郷祭りの11月5日、6日まであと少しです。
11月1日の弥勒菩薩付近の掃除が終われば、後はテルテル坊主を作って当日の晴れの天気を待つばかりとなります。
ピカピカ天気を夢見て・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和束 茶源郷ガイドの会 活動報告 10月20日(木)

2016年10月27日 20時45分38秒 | 日記
秋空の下、今日は和束中学校の2年生の生徒たち31名をガイドの会6名で町内のガイドをしました。
生徒たちは、和束町の観光ガイドが出来るように学ぶという目的の元、午前中3班に分かれて茶畑景観、神社仏閣、陵墓、歴史にまつわる橋などを訪れました。
筆記用具を手に、聞いた話を記録する姿は真剣です。
歩く時のマナー等気をつける事にも触れながらのフィールドワーク。
季節は秋、道行く先にはコスモスの花も美しく、柿やザクロもたわわに実り、カラスウリや草の花もかわいらしく生徒たちを迎えます。

目的地に向かうその道すがらのものにも目を向け、楽しむ事も伝えました。
今日は10月20日だというのに、稲刈りの終わった田んぼの畦に、赤い彼岸花がぽつんと咲いていたのが驚きでした。
そんな様子にも足を止め、季節外れの花を愛でました。

和束は後醍醐天皇が元弘の変の際、笠置山へと向かわれる時に通られ、鎌倉幕府の幕末の頃の影響を受けているところです。
そんな歴史にまつわる地名が町に数か所ある事も伝えました。2年生は歴史を学んでいる学年。興味をもって聞いてくれたら嬉しいなと思いました。
和束中学生は、誰もが和束の町をガイド出来る。それが、現実となれば素晴らしい。
今日は、生徒たちが今まで以上にもっともっと和束を好きになった日であったらいいなと思いました。

和束中学校では中庭でフジバカマが咲き乱れています。ガイド後、校長先生の声かけでフジバカマを見せて頂くことになりました。アサギマダラも次々に飛来し、その姿に感動しました。
この学び舎で学ぶ和束中学校の生徒たちに大きなエールを心で叫びながら帰りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加