軽井沢one beauty 片山農園の日々雑感

日々の季節の移ろいや、農園周辺の徒然なる毎日を記していきます。

感動の涙とローションプレイ

2017-06-13 18:22:15 | 農業
さぁ今日もレタス収穫に行かねばと眠い目を擦りながらの起床。
まずはスマホを確認。
LINE的な中国アプリから何やら来ている。
おととしの実習生からかな?と思ったが、4年前の実習生から画像8枚となっていた。
どうしたんだ?とそれを見る。
ん?
結婚?
ウェディングドレスを来た女性と彼が
写っているのが数枚。
結婚したんだ~
数ヵ月前彼から“お父さんが亡くなった。私は一人になった”と連絡があったが、これで彼は一人ではなくなったようだ。
良かった。と思ったら朝から泣きそうになった。

上発地出荷組合で管理している防除用水は2ヵ所。
その2ヵ所のホースが劣化してベタベタ。
そこで消防の穴の空いた廃棄するホースを貰って、劣化したホースより一回り大きい消防のホースを外側に、劣化したホースを中に入れてカバーしては?と同じ消防団で上発地出荷組合員に相談。
友人は「それは良い」と早速試してくれた。
その結果サイズはピッタリだが、ベタベタで劣化したホースに消防のホースが入っていかないらしい。
そんなようなLINEが来る。
こりゃローション使わねば!
ローションでツルツルすべすべヌルヌルなら入って行くだろう。
で、ローションどうする?
ここまでが午前。

午後ローションの代用品を考える。
サラダ油か?
家にハンドソープの詰め替えがあったので、それを持って午後現場へ。
ホースの長さは約3メートル。
ハンドソープでヌルヌルにして1メートルはなんとか入ったが、そこからなかなか。
そこに実習生登場。
二人で苦労しながらやっていると友人登場。
3人で。
友人は「エロイのくれ」とハンドソープをホースに塗りまくる。
言葉は通じないがウケる実習生。
ヌルヌルが功を奏し、四苦八苦しながらも成功。


その後、友人が実習生と話をし出した。
僕は実習生に「彼、中国人 日本語上手いでしょ」と。
実習生はびっくりしていた。
どこまで信じたか?
まぁとりあえず友人には「謝謝」と言ってその場を去りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋崩落の巻 | トップ | 軽井沢産キャベツ初出荷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。