無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

新幸丸でノマセのアコウ・・・・養老発小浜沖でラッキーヒラメ!

2017年06月30日 | 無駄無駄庵日記

            

6月29日、宮津・養老の新幸丸。

数日前の天気予報では雨マークだったのですが、当日は曇り、降雨確率はゼロ%。

でも、まあ、朝は意外と寒くて、カッパを着込んで、、、、

やがて、エサの子サバを仕入れた船長が帰ってきて、、、、、

この日はD山本さんと二人。

席は左トモの1番、2番。

そして、相客が七人。

5時30分、船は小浜沖へ、、、、、、、

最初のポイントは水深が30mくらい。

仕掛けは胴突き2本バリ。

底取り後ゆっくり誘い上げ、、、、、

早くもD山本さんがアコウを取り込んで、、、、、

自分の竿先もくぅ~~っと重くなって、、、、

でも、それ以上の反応はなく。

上げた子サバ(下の写真)に傷跡が、、、、

なんでしょね、、、、

D山本さんに先を越されてましたがこの日の3匹目でようやく、、、、、、

まあ、ましなサイズ、30センチくらい。

この時期はアコウが産卵のため浅場に寄って来て、しかもビッグサイズが狙えるのですが、、、、、

38センチが最長寸。

これ、ちょっと不満、、、、、

でも、これが釣れて、、、、、、、

63センチのヒラメ。

オモリが根に掛かって、仕方なく切ろうとしたとき、ガツガツ、ゴン。

でも、オモリが根に、、、、、

運良くボコっとオモリが外れて、、、、、、

いわば、ラッキーヒラメってことですが、、、、、

D山本さんがタモで掬ってくれて、、、、、、、、

その、D山本さんはヒラメ2枚ゲット。

しかも、2連続で、、、、、、、

ラッキーヒラメでは無く、、、、、実力発揮でした。

写真は南村の釣果。

アコウのサイズ、数は思うように行かなかったけれど、二人ともヒラメが釣れて、、、、、

ご満悦の一日でありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明石沖でタイラバ・・・・ハサミでチョキチョキ!!

2017年06月27日 | 無駄無駄庵日記

6月26日、垂水の虎ノ介でタイラバ。

写真は13人乗ってこの日の明石沖でのタイラバの全釣果です。

最大寸は61センチ、、、、、

自分は30センチ超を2匹、、、、、、

強烈なバイトが1回あったけど、、、、、、ねぇ。

 

 

    

6時頃に港を出て、明石沖から淡路島周辺をバーチカルで流し。

席は左舷ミヨシ2番。

前回の「細く短く小さく」を実行して、ネクタイのボリュームを押さえて、、、、、

カラーはとりあえずいつもの赤、、、、、

ではなく、黒。

周囲の人が明るいカラーを使ってるので、、、、、

黒のカーリー。

もちろん、細く短く、、、、、

でも、思うようなのが売ってなくて、、、、、

手持ちのやつを事前にハサミでチョキチョキ!!

ついでにいろんなカラーもハサミでチョキチョキ!!

でも、反応なし。

バレたけど、強烈なバイトが来たのは流し始めて1時間後。

ネクタイは黒。

今日はこの色、、、、、、

と決めかけたけど、その後無反応が数時間。

船内でも朝一に3匹上がって、以後はほとんど上がっていない。

でも、巻くしかない。

    

巻き続けて、終盤、、、、、

淡路島寄りの浅場を攻める、、、、、、

どうしょうかな、、、、、

カラー替えしょうかな、、、、、

で、ハサミでチョキチョキのオレンジに、、、、、

鯛コームも半分にカットして、、、、

基本は細く短く小さく。

底から5~6回巻いて、、、、、

ゴツン、、、、、ゴツン、、、、、

   

   

30センチ超えを連続2匹ゲット。

これって、カラーチェンジが正解なのか、、、、

たまたま喰い気が立ったのか、、、、、

そこんところがよく分からない、、、、、、

ちなみに、このポイントでこの日の全釣果の大半が上がったようで、、、、

なら、黒カーリーでも釣れてたかな、、、、どうかな。

  

そうそう、これ、クラカケトラギス。

タイラバに喰いつくんですね。

へえ~~~って感じ、、、、、。

最後の流しで来た1匹です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取沖でケンサキイカ・・・・初めて見ました!?

2017年06月23日 | 無駄無駄庵日記

6月22日、鳥取県賀露港の久幸丸でケンサキ狙い。

前回は強雨、強風、激雷で早上がり。

釣況の悪さも災いして、BOUZU続出。

果たして、、、、、

前々日には大剣が一人10~20杯上がったと云うニュース。

ええぞ、ええぞ、、、、

リベンジ熱も高まって、、、、、

今回は、、、、、、、、

どうなるのか、、、、、、

 

メンバー6人が左舷に並んで、、、、、

上潮が速いのでメタルのオモリは30号。

エギを2~3個つけて、、、、、

水深40m。

いつものように明るいうちは、アカンでしょ。

と、胴付き竿も出していたD山本さんに来た、来た、来た、、、、

上の写真。

エサ巻きスッテに来た~~~ぁ~~~!

しかし、その後は沈黙。

日が沈んで、、、、、

D山本さんに、ダブル。

エサ巻きとエギに喰らい付いて、、、、

一気に爆釣モードかと、、、、、

思ったけれど、エエ日もあれば悪い日もという現状で、この日は悪い日。

    

森岡さんに、ぽつり。

    

道上さんに、ぽつり。

エエサイズですが、大剣未満。

南村にも、ぽつり、、、、

胴長、30センチ、、、、、

やっぱり、大剣未満。

そして、こんなのも、、、、、

ぽつり、、、、、、

タナはすべて底周辺。

これだけノリが悪ければ、どの色が、どのスッテがエエというのは決められず、、、、、

かといって、熱心にエギをいろいろ替えてという気も薄れて、、、、、、

と、とつぜん十川さんに、、、、、

    

大剣、いや、大大剣、、、、、、

胴長50センチほど、、、、、、、、

凄い、凄い、、、、、

初めて見たサイズ。

圧巻でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバで明石鯛・・・・・細く短く小さくですって!!!

2017年06月21日 | 無駄無駄庵日記

6月19日、兵庫県垂水漁港。

虎ノ介の午後便でタイラバ。

船着き場で待っていると午前便の虎ノ介が帰ってきました。

たくさん乗ってますね。

降りてくる人を数えると、、、、、

12~13人くらい。

釣れたんでしょうか、、、、、

気になりますが、いきなり聞けないし、、、、、

 

と、いうことで入れ替わりに同じくらいの人数が乗り込んで。

僕は右舷ミヨシ3番。

写真で云うと右舷胴の間辺りに3人並んでる人たちの一番ミヨシ寄り。

船長に聞くと午前便の釣果は14~15匹とか。

ふ~ん、BOUZUの人もいたみたいやし、、、、、

釣れるかな、、、、、、

船が明石大橋を右に見て淡路島寄りで一流し目、、、、、

ヘッドは80グラム。

ネクタイは、、、、、、

「赤かオレンジがエエ」と船長。

「ボリュームを押さえて、、、、」

「今の鯛は産卵後なので動きが悪いし」

「喰ってるのはミミイカとかバチ抜けのゴカイかな」

そんな話をしてくれて、、、、、、

事前の情報でも同じような話やったし、、、、、

選んだチューニングがこれとこれ、、、、、

バチ抜けのゴカイに似せて、、、、

細いカーリー。

短めに。

ミミイカ対策は下の写真、鯛コームの赤を半分に切って小さく。

細く短く小さく、、、、、

ちなみにミミイカとは

これ、虎ノ介のHPに乗ってた写真。

タイの腹から出てきたとか、、、、、

で、巻き巻きを開始して三流しくらいで、ゴツゴツッと30センチ超えをゲット。

船内1匹目、、、、、

なので、ちょい嬉し顔。

来たのは、赤のカーリー。

しかし、後は沈黙。

周囲ではポツポツ上がって、、、、

55センチくらいのも上がって、、、、、

日が沈みかけた、、、、、

とき、竿先がクンッと弾かれ、

グイッと持ち込まれ、

ドラグがジジジッと滑って、、、、

デカイ、、、、、

ハンドルを4~5回巻いた、、、、、

ドラグがジジジジ、ジジジジ、、、、、、、

強い、デカイ、、、、、、、

瞬間、慌てて、、、、

フッと反応がなくなった。

ハリ外れなのか、咥えただけやったのか、、、、、

確実にフッキングさせる術はないのか、、、、、

どっちにしても、慌ててるようではタイに下手くそを見抜かれ、、、、

アカンわな、、、、、。

 

 と、いうことで虎ノ介午後便タイラバ「細く短く小さく」の終了。

全体の釣果は10匹くらい。

ちなみにドラグがジジジジッと鳴ったときのチューニングは、赤カーリーでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白墨丸でタイラバ・・・・・一発狙いでした!

2017年06月14日 | 無駄無駄庵日記

6月13日、白墨丸でタイラバ。

前日の終盤の下り潮で大物にラインを飛ばされたり、強烈なバイトに見舞われたり、、、、、、

その余韻が残っている、というか大物の気配濃厚なのでその潮時に合わせて、午前11時に出船。

果たして、ドカンドカンと爆発するのか、、、、、、

 

最初のポイントは友ヶ島の北側、、、、、、

チューニングはこれ。

赤と黒のカーリーに赤の鯛コーム。

ヘッドは傷だらけの90グラム。

ボリュームを持たせたパーフェクトチューニングって、まあ、、、、、、いつもの深場用大物狙いのやつ。

水深60m。

船長の予想では昨日の流れから行くと13時頃にええ感じになる、とか。

で、巻き巻きを開始して、、、、、、

ミヨシの人に45センチ、、、、、、、

しかし、、、、、、

この日は4人で竿出しだったけれど、、、、

結果から書くとそれっきり、、、、、、

ポイントを加太湾の浅場に替えて、船長が30センチくらいのを取り込んだだけ。

チューニングをいろいろ替えたけど、、、、、

敗因は思ったほど潮が動かなかったこと。

夕方6時頃にギブアップ、、、、、、

完全パーフェクトノーバイトの一日でありました。

あっ、ガシラを釣ったけどぉ、、、、、、。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバ10戦目・・・・着底後が勝負!

2017年06月07日 | 無駄無駄庵日記

6月6日。

午前4時30分。

大阪府淡輪の白墨丸でタイラバ。

写真は後方のデッキから大阪方面。

お日さんがオレンジ色に輝いて。

今回でタイラバ挑戦10回目。

過去は2回BOUZU、つまり2敗しておりますが、7勝のヒットの確率は圧倒的にタイラバの着底後すぐが多くて、、、、

果たして、、、、、、今回はどうなる、、、、、

釣れるのか、、、、、

戦績は、、、、、

 

と、いう不安を吹き飛ばすように白墨丸は加太方面へ加速、、、、、、

まずは友ヶ島の北側で流し始めて、、、、、大物一発狙い。

竿出しのメンバーは船長を入れて5人。

2回ほどショートバイトがあったけれど、、、、、それっきり。

今度は湾内の浅場。

ここでもショートバイト、3回。

惜しいことはその通りやけど、どのショートバイトも着底後リールを5~6回巻いたところ。

これって、マダイが沈んで行くタイラバを底まで追いかけて行くからか?

そして、何故ショートバイトで終わるのか?

なんか方策はあるのか、、、、

分からん、、、、、、

で、潮変わり。

船が再び島の北側へ、、、、、。

60mくらいの深場。

タイラバをボリュームアップして、赤と黒のカーリーとハリに赤の鯛コーム。

ヘッドは75グラム。

これって、深場での勝負チューニング。

以前のナナマルもロクマルもこれでゲットしたし、、、、、

今日はどうかな、、、、、

一流し目、、、、、

着底後、、、、、、ちょっと早巻きで5~6回。

ゴツゴツ、、、、ゴン。

外れるな、外れるな、、、、、、

ドキドキ不安とワクワク昂揚感!

   

40センチアップ。

やっぱり着底後すぐ。

そして、過去を振り返ってもこのポイントでのヒットカラーはほとんどが赤黒カーリー&赤の鯛コーム。

続けて30センチを取り込んで、とうぜんこれも同じチューニング。

直ぐに潮がなくなって再び湾内へ。

しかしここから苦戦。

見かねた船長が「オレンジ系でアタリ出てる、、、、、明るい色で」

で、速めの巻き巻き、、、、

スロー巻き巻き、、、、、、、

アカンなぁ、、、、、

そして、この日の全体の釣果。

左端のシルバーは、ヘダイ。ちょっと珍しいのかな????

そうそう、オレンジに替えて、終盤にようやく竿先を叩いてくれたけれど、いずれもリリースサイズの手のひらチャリコが2匹。

この日は一発大物は出なかったけれど、南村は30センチと40センチアップを2匹。

果たして、10戦8勝2敗となったのでありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取沖でイカメタル・・・・雨、風、うねり、雷鳴とどろく大剣狙い

2017年06月02日 | 無駄無駄庵日記

6月1日、鳥取県賀露港の久幸丸でケンサキ狙い。

例年だと大剣クラスが結構上がるようだが、今年はムラがある。

それでも行く????

と、問われて、、、、、

行かないというはずがなく、、、、、

行ってきました、鳥取へ。

 

午後5時に港を出て、30分足らずでポイントへ。

この時期は底狙いとかで、、、、、

そして、とりあえずアンカーを入れて掛かり釣り。

メタルは30号。

底を取って、1mくらい上げて、誘いはスロー。

待ち時間を長くして、、、、、

スローな誘い上げ、、、、、、

そんな感じでやってますと、、、、、、

雨が強くなって、、、、、、

こんな予報ではなかったけれど、、、、、、

大粒の雨。

掛かり釣りから流し釣りに変わって、メタルは15号。

船に明かりが灯って、、、、、、

風雨に加えて雷がゴロゴロ、、、、、、

ときどき海面に閃光が走って、、、、、、、ビシッ、バシッ。

雷が落ちた。

それでも、竿出し、、、、、

船長から安全のためキャビンに避難指令、、、、、、

マジ、やばい。

そして、ふっと雨が弱まって、、、、、来たかと思うと強くなって、、、、、、、、

竿出しを続けていた山さんがケンサキを持って避難所のキャビンへ、、、、、

釣れた、釣れた、釣れた、、、、、、、

それに勇気つけられて、みんなで竿出し、、、、、、

しかし、うねりも出だして、、、、、、

船長ストップ。

午後8時に帰港。

こんな筈では、の大剣狙いでありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加