無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

シーボーグ200Jのハンドルゴリゴリが荒療治で直った、かも?

2016年12月27日 | 無駄無駄庵日記

タチウオ専用に使っていたシーボーグ200Jのメンテナンス。

手本としていたのがこれhttps://www.youtube.com/watch?v=YlfaDVRJhUg

ダイワのリールのメンテナンスの専門業者のユーチューブ。

手順通りにドラグを締めて流水で洗う。

あっ、その前にこのリールは確か2015年2月の発売と同時に買って、使用時間が212時間。

ここしばらくハンドルが重くなって来て、それは塩噛みのせいかも、と釣り具屋のお兄さん。

そして、前々回20日のタチウオ釣りでついに手巻きで巻けなくなって、、、、、、、

上記の業者へさっそくOHに出すか、、、、、、

でも、年明けまで待てばキャンペーンがあって安くなる、とか。

まあ、200Jはもうひとつあるし、それを使えばええやん、、、、、、ということでキャンペーン待ちに。

で、それまでほっとくわけにもいかず、帰宅後、イワシの汚れ、塩汚れも落としとかな、、、、、、

それにどこが塩噛みしてるんかわからへんけど、、、、、、

リールの内部、、、、、手に負えない。

外観ならスプール、、、、、、いつも洗ってる。

ドラグ調整部、、、、????

なんの根拠もないけれど、いつもは締めてから洗うドラグをユルユルにして、、、、、、、

ドラグをクルクル回して。

ハンドルをクルクル回して。

スプールもクルクル回って。

洗う、、、、、、、、、、

しばらくして、、、、、、、

ウン?

あれ?

あれ?

ハンドルが軽く回る。

ゴリゴリせえへん。

え?え?え?え?

ドラグユルユル、、、、、、

反則洗い、、、、、、

荒療治、、、、、、、

塩噛みはドラグ?????

と、いうことで、前回の21日に使ってみましたが以前と変わらない巻き心地に。

ただし、いつゴリゴリが再発するかも分からんし、ドラグユルユル洗いは自己責任でやったことなので保障の限りではありません、、、、、、念のため。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオ・・・・はじめチョロッとなかアッポーおわりポンポンすっきりポン。

2016年12月23日 | 無駄無駄庵日記

前項の終わりに「すっきりしません」と書いて、、、、、、、

ホンマにすっきりせんので、すっきりしに行こうということで、連ちゃんで21日に行って来ました。

この日も純栄丸は洲本沖へ、、、、、、

一流し、二流し、、、、、、、

アタリが出なかったのですが、水深85mの底10mくらいでコンッとわずかな反応。

即アワセ、、、、、、、メータークラス。

しばらくして、またもやコツッ、、、、、、、

アタリが出たけれど、反応が小さい、、、、、、、、

アワセきれずに止め待ちで、、、、、、竿先にわずかな負荷。

即アワセ、、、、、、、やはりメータークラス。

と、まあ、はじめチョロ釣れ状態で2~3匹、、、、、、

しかし、中盤はアッポー状態で大撃沈、、、、、、、

アタリがまったく出ない、、、、、、、

イワシにタチウオの歯型すらつかない、、、、、、、

昨日はポツポツながらアタリが出たけれど、、、、、、、、

どうなってるのか分からない、、、、、、、、

周囲では釣れているのに、、、、、、、

わからないままに時間が過ぎて、、、、、、、、

最後の一流し二流し、、、、、

久し振りにコツン、、、、、、即アワセ、、、、、、、90センチクラス

そして、それをきっかけにポンポンと釣れて、、、、、、

この日は12匹、、、、、、、

すっきりしたかと云えば、、、、、、

アカン時はアカン、、、、、、ですね。

観念したと云うか、、、、、、、、

やりつくしたというか、、、、、、、、、

年内タチウオ最終戦、、、、、、、

ここまでくれば、、、、、もう、ホンマに、、、、、すっきりせざるを得ません。

年明けに向けて、リセットポンであります。

ちなみに例の「ゴリゴリシーボーグ200J」ですがちょっと掟破りの方法で「ハンドル手巻きゴリゴリ」が直りました。

この日も違和感なくふつうに手巻き出来ました。

再発の可能性があるかも知れませんが、、、、、、、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洲本沖でタチウオ・・・・でも、すっきりしません!

2016年12月20日 | 無駄無駄庵日記

このところシーボーグ200Jの調子がおかしい。

ハンドルの回転がが重い。

ときにゴリゴリっとした回転になる。

釣り具屋で説明を聞くと、、、、、、

「200時間くらい使こたはりますやん」

「塩噛みがひどいいようで、修理に出してもあまり良くならないかも」

「オーバーホールするんなら、来年1~2月にキャンペーンがあるから、そこでしゃはったら、、、、、、」

と云う返事、、、、、、、、

じゃ、来年まで待つわ、、、、、、、、、

と言いながら前回に使った。

しかし、結果は、、、、、、、、

これだったので、今後も使えるのかどうか、、、、、、、、

魚を掛けてないので分からない、、、、、、、、、、、、、、

と、いうことで12月20日「ゴリゴリシーボーグ」を持って、純栄丸へ。

「今日は洲本へ走ります~~~~」というアナウンスがあって、、、、、、、

洲本沖。

曇り、、、、、、、

雨がぱらついて、、、、、、、

水深80m。

竿先がわずかに弾かれて、、、、、、、、

即合わせ、、、、、、、、

船べりまで巻いて、後は手巻きでタチウオを寄せる、、、、、、、

寄せる、、、、、寄せる、、、、、、、

寄せられない、、、、、、、

ハンドルがゴリゴリで巻けない、、、、、、、、

巻けない、、、、、、、、、、

アカン、アカン、、、、、、、

それでもなんとか寄せて、、、、、、1匹目。

リールを替えて、、、、、、、

こちらのシーボーグ200Jは軽く巻ける。

予備竿に予備リール、必携やね。

と、そんなこんな、、、、、、、、

気を取り直して、、、、、、、、

60mラインでコツ、、、、、、、

それっきり。

追い喰いというか、2度目のアタリが出ない。

次も、フンッ、、、、、、

コツッ

トンッ

アタリが小さい、、、、、、、

仕掛けを回収してみると、、、、、、、、、

こんな感じ。

イワシの尻尾を齧って、それっきり。

1回目を合わせ損ねると、次がない。

合わせなくても、次が出ない。

とにかく一発勝負、即アワセ。

たまに追うこともあるが、、、、、、、、、ごく稀。

こんな喰い方をするのはほとんどない。

そして、合わせたはずなのに、、、、、、、

掛かった手応えがあったのに、、、、、、、、、、、、

掛かっていない、、、、、、、、、、、

特に底近くで喰うやつにそんな傾向が多い。

なんやろね、これって??????

釣果は15匹でしたが、すっきりしません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオ・・・・使ったイワシは???

2016年12月18日 | 無駄無駄庵日記

12月18日、須磨沖の夜明け。

潮はまだ少し大きいけれど、、、、、、、まあ、少しくらいは釣れる、、、、、はず

ということで、純栄丸でタチウオ狙い。

タナ取りをして、、、、、、、

誘い、、、、、、、、、、、、、

誘い、、、、、、、、、、、、、

誘い、、、、、、、、、、、、、

ずっと誘い、、、、、、、、、、、、、

なおも誘い、、、、、、、、、、、、、

反応なし、、、、、、、、、、、、、、

うん、胴の間で1匹あがったみたい、、、、、、、、、、

これからですやん、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

で、誘い、誘い、誘い、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

反応なし、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

以下同じ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

途中経過、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

エサのイワシは朝テンヤに括ったまま1匹も取り替えてません。

まったくアタリが出ません。

で、後半。

そして、終盤、、、、、、、、、

異常なし、、、、、、、、、、、

使ったイワシは1匹、、、、、、、、、

それも無傷のまま、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 ついに帰港、、、、、、、、、、、、、、、。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

チームまんまるカワハギバトル・・・in尾張屋

2016年12月14日 | 無駄無駄庵日記

「チームまん丸ちゃん」でカワハギバトルをやろう、と云うことで12月11日、由良の尾張屋をチャーターして、いざいざ日ノ岬沖へ、、、、、、、、

しか~し、岬は大荒れ、、、、、、

風が吹きまくり、、、、、、

雨がビシビシ、、、、、、

雹がバチバチ、、、、、、、

釣りにならん、、、、、、、と思ってると、1時間ほどで雨と雹は治まって、、、、、

しかし、風だけは残って、、、、、、、

アタリを取るとか、、、、、

誘いをするとか、、、、、

論外、、、、、、、

水温も下がったし、、、、、、、

釣れるのか、果たして、、、、、、

果たして、果たして、、、、、、釣れた、、、、、、

冒頭の写真。

チームまん丸ちゃんを象徴するまん丸笑顔、中川けいこさんに1匹目、、、、、、

そして、他の面々は、、、、、と、その前に出陣前の和やかショット、、、、、、、

   

見慣れた顔ぶれが10人。

指を丸めてまん丸ポーズ。

これが屈託なく出来ればメンバーになれるとか?????

で、みなで籤を引いて船割。

ボクは右舷胴の間。

ルールは数釣りではなく2匹長寸で賞品ゲット。

だったらなんとかなる、、、、、、、、、かも、、、、、、

    

そんなまんまる気分で大荒れのなか竿出し。

左舷胴の間のじゃまちゃん(山本さん)にも1匹目、、、、、、ちょっと小さい、、、、、、

    

きりんチャン(木下さん)、、、、、、、これも小さい、、、、、、

小さいのが釣れる時は喰いが渋い時。

数日前の竿頭が6~7匹とか、、、、、、

この日も低調、、、、、、

そんななか、、、、、、、

    

ダブルで気を吐く山口恵子さん。

右ミヨシ2番、、、、、大揺れなのに、、、、、、

アタリも誘いも苦難の連続なのに、、、、、、

    

そして、右ミヨシ1番で波を被ること2度3度、、、、、

なんとか長寸賞への審査資格、、、、、2匹ゲットの松村さん。

   

あめちゃん(南さん)は得意のどや顔、、、、、、、

それにしてもこの日のミヨシはハンデが大きい、、、、、、

   

そして、釣れるサイズが相変わらず小さいですね、柴田さん。

ぐっと前に突き出しても、、、、、、ね、、、、、、

   

そして、左舷トモの矢尾さん、、、、、、

チョットええサイズ、、、、、、

しかし、2匹釣らんとアカンよ、、、、、、と言いたくなるほど喰いが渋い。

   

矢尾さんと背中合わせの和田さん。

前半は調子が出なかったけれど、、、、、

追い上げムード、、、、、、

   

そして、南村は揺れの少ない胴の間でざくざく持ちが出来るほど、、、、、、

そう、なんとかなりました~~~って、6匹ですけど、、、、、、

そして、検寸。

            

結果発表~~~~~~♪♪

   

    

                                             

優勝は中川けいこさん。

笑顔がなおもまん丸になってますやん。

        

                                               

2位、、、、、矢尾さん。賞品は「マルちゃんの緑のたぬき」。

3位、、、、、南村。こちらは大阪南船場「36の金のチーズタルト」。

     

3人そろって、、、、、まん丸ポーズ、、、、、、のはずが、、、、、、オイっ。

そして、表彰はここまで、、、、、

と思ったら、、、、、、、、

                                 

                                   

                                      

                                       

それぞれにもまん丸気配りで賞品を、、、、、、、

うまか棒とかエスカップ、カレー揚げなどなど、、、、、、

そして、、、、、、、

    

尾張屋の社長からもまん丸気配りを頂いて、、、、、、、

ありがとうございましたって、よく見ると社長もまん丸笑顔ですやん。

    

そして、大荒れで激渋にもかかわらず出発前と同じ「チームまん丸」ならではのまん丸笑顔で記念のショットとなりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

須磨沖でタチウオ・・・・南下なのか?

2016年12月07日 | 無駄無駄庵日記

11月7日、小潮。明日8日が長潮。

タチウオには絶好の潮廻り。

釣れるでぇ、、、、、、

前回の12月3日は中潮で13匹。

と云うことはその倍は確実ですやん、、、、、、、、

そんなもくろみの人がたくさんいて、この日の純栄丸は20人。

しかし、アタリが出ない、、、、、、、

1時間、2時間経って、、、、、、、これ、、、、、、

2匹。

しょぼいことこの上ない、、、、、、

何度も言うけど、潮廻りは絶好、、、、、、、、

しかし、ぎょうさん乗ってるので、オマツリが頻繁。

絡んで、、、、、

絡んで、、、、、、

2枚潮も影響して、、、、、、

ついに、、、、、、、、、これ、、、、、、、

水深が85m。

底から10mくらいがタナ、、、、、、、

ラインを出しきって、リールのカウンターが76mでギリチョン。

かなりのハンデ、、、、、、替わりのリールを使おうかと思ったけれど、、、、、、、

73mラインで、、、、、、

コツン、、、、、、3匹目。

続けて、コツン、、、、、、、4匹目。

ギリチョンでもタナ取りが足りる、、、、、、、、、

それにしてもアタリが遠い、、、、、、、

ラインが足りんのではなく、、、、、、、底から探ってる人もアタリが出ない。

船が移動して、水深が93m、、、、、、、、

あはははは、、、、、、、、

あわててリールを替えた途端に竿終い。

4匹のままで終了。

ラインギリチョンは別にしてこの潮でここまでアタリが渋いのは、、、、、、、、

果たして、タチウオの群れは南下なのか????

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオ・・・・底べったりでした!

2016年12月03日 | 無駄無駄庵日記

12月3日。

純栄丸で須磨沖です。

潮が小さくなり始めたからでしょうか、前回の30日よりタチ船が少し多くなってますね。

でも、土曜日でこんな感じだと、う~ん、どうなんでしょう、、、、、、、

やはり、潮待ちなんでしょうか、みなさん。

と、いうことで、1投目は水深50m。

底に着いて、、、、、、、リールを巻くとズボっと泥底からテンヤ抜けたような感じがして、、、、、、

うん、何これ、、、、、、、と、思った途端、、、、、、

ゴンッと竿先が入って、、、、、、

ゴンゴンッゴン、、、、、、

そのまま3~4m待いたら、、、、、、

フッと軽くなった。

アワセが弱かったのかな、、、、、、、というか合わせてへんし、、、、、、

で、そのままリールを巻くと、、、、、、

ゴツン、、、、、、、

カウンターは45m、、、、、、

またもやゴツンゴツン、、、、、、、、

糞アワセして、、、、、、、3~4m巻いたら、、、、、、ふっ、、、、、、

アカン、、、、、、、

回収してみるとテンヤのワイヤーが伸びてる、、、、、、、、

2投目、、、、、、、、

底取り、、、、、、、3mっ巻いて、、、、、ゴツン、、、、、、即アワセで、90センチ。

3投目、、、、、、、底から5m巻いてコツン、、、、、即アワセ、、、、、、外れ。

50センチほど巻いて、コン、、、、、即アワセ、、、、、外れ、、、、、。

1m巻いて、コツン、、、、アワセ、、、、、外れ、、、、、、。

そのまま待っていると、フワッと竿先が浮いて、、、、、80センチ。

そして、同じような誘いで3匹目。

追い掛けて来ますね、今日は。

でも、アタリ棚が底ですね。

底10m狙いですね。

で、船が転進して、、、、、、水深70m。

3m、5m、7m、10m、、、、、、巻いて、、、、、アタリなし、、、、、、

底取り、、、、、、3m、5m、7m、10m巻いて、、、、、アタリなし、、、、、、

しかしテンヤを回収してみるとイワシの尻尾の皮がわずかにズルリと剥けてる、、、、、、

どのタナで喰われたのか、、、、、、

アタリが分からん、、、、、、、、

そして、次も尻尾が剥けてる、、、、、、、、

次も、、、、、次も、、、、、、、

ようやく底3mでフンッとしたアタリが出て、、、、、、、80センチ。

次は底4m、、、、、、

やはり底でしか反応が出ません。

しかも、掛けバラシが頻発、、、、、、

どんな喰い方してるんやろか、、、、、、、、

追い掛けもなくなったし、、、、、、、、、

そんなこんなで、この日のタチウオは底べったり、、、、、、

だから喰いが浅いのか、、、、、、?

朝イチの流し以外はホンマに尻尾の先だけを銜えるような感じで、、、、、

ほとんどのアタリは、、、、、フン、ファ、ツン、、、、、、

たまにドンと突きあげる派手なアタリもあったけれど、、、、

サイズも小さいし、、、、、、

苦労して苦労して、、、、、釣果は13匹でありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオ・・・大潮はほんとうにダメ潮なのか!?

2016年12月01日 | 無駄無駄庵日記

11月30日、大潮。

旧暦では11月2日。月齢0,6。

前日の29日が旧暦の11月1日。月齢29,4。

まん丸新月、、、、、、完全大潮。

前々日の28日も大潮。旧暦10月29日。月齢28,4。

ある船宿のHPを覗くと、28日のトップ釣果が32匹。

29日が27匹。

釣れてますね、、、、、、、

大潮はタチウオ釣れへんで、、、、、、、、

と云うことですけど、、、、、、釣れてます。

でも、まっ、トップ釣果ですから、、、、、、

上手な人の釣果ですから、、、、、、、、全体では少し割り引いて、ですね。

それに、これ大事なことですけど、この時の潮時表を見ると大潮ですが潮の干満差が低い時間帯が長いんです。

つまり小潮状態!?、、、、、、、船がタチウオの群れの上を長く流せるということ!?

そういえばかつて老船頭に「大潮でも干満の差が低い潮がある。潮の動きが鈍い時がある」。

そんなことを聞いたことがあります。

と、云うことで30日も29日と同じような干満差。

じゃぁ、行ってみましょう、そうしましょう、、、、、、、、と、松村さんと仙正丸へ。

6時過ぎに船着き場を離れて須磨沖へ、、、、、、、

そして、冒頭の写真。

タチウオ狙いの船が、、、、、、、、居ない、、、、、、カモメが飛んでるだけ、、、、、、

って、ことは無いですが、見回しても10隻くらい。

やはりね、大潮で平日やしね、、、、、、

でも、釣れるんやけどね、、、、、、潮を読むとね、、、、、、

と、底取り後10m、、、、、、いきなりガツッと竿先が持ち込まれ、、、、、、

隣の松村さん、ボク、、、、、、

メータークラスが釣れ上がって、、、、、、、

アタリもけっこう頻繁にあって、、、、、、

もちろん小潮回りのように、とはならないけれど、、、、、、

ほら、ほら、ほら、、、、、、、大潮でも釣れる、、、、、、

と、思ったのは最初の2時間ほど。

そこからアタリが遠くなって、、、、、、

かなり遠くなって、、、、、

後半~終盤、、、、、、、

アタリが途絶えて、、、、、、、、

南村7匹。

松村さん11匹で、トップ。

潮を読むと釣れる、、、、、大潮でも釣れる、、、、、、

って、底潮が濁ったのか、水温が急低下したのか、ベイトが居なかったのか、、、、、

いずれにしても読みが外れとるがな、この日は。

そう、この日はアカンでしたが干満差の低い時間が長い大潮はダメ潮ではない、と云うのが南村の経験則であります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加