無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

タチウオを追ってまさかの友ヶ島水道!?

2016年09月29日 | 無駄無駄庵日記

9月25日。

釣り場速報「船釣りクラブ」の9月例会に参加。

狙いはタチウオ。

午前6時に大阪府谷川のいずみ丸に乗って、、、、、、

小島沖かな、、、、、、、

神戸まで行くかな、、、、、、、

須磨・神戸沖はこのところ絶不調、、、、、、釣果が一桁なんてのがざらで、、、、、タチウオは産卵なのか、、、、、、台風の影響で海が濁りきってるのか、、、、、、、とにかく絶不調。

となると、小島沖か、、、、、、?????

なんて思ってると、、、、、、、上の写真、沼島が見えて来ました。

やがて船がスローダウンして、流し始めたのが友ヶ島水道、由良沖。

、、、、、、、、、ここって、12月~1月、2月にかけてタチウオが南に下がりだしたときに狙うところ。

タチウオ、早くも南下か、、、、、、、???

まさか、、、、、、、、、、、、、????

まさか、、、、、、、、、、、、、、、、?????

周りを見渡すと、明石の船、須磨の船なんかも集まって来て、、、、、、一大船団。

このところの誘いはスローに喰いつきがええとか。

それでもいつもようにハイピッチでシャクリ。

コツン、、、、、。

アタリはすべて本アタリ、即アワセでゴツン。

そんなことが何回かあって、、、、、、

しかし、途中からハイピッチシャクリに反応なし。

森岡さん。スロー誘い、200Jの指数3~4で時に軽くシャクリ、、、、、、、

ボクは釣れなくなったけど、数をのばして。

坂本さん、やはりハイピッチシャクリ、、、、、、

数が伸びない、、、、、、

それにしてもオマツリがひどい。

75m、それ以上はラインを出さんとって~~~っと、船長の大声。

出したラインがトモの方向に斜めに浮くように流れる。

そして、75mで止める。

やがてラインが真っ直ぐに立って、今度はミヨシ方向に流れる。

二枚潮っていうやつやね、、、、、、

と、いうことで、竿終いの12時ころまで、仕掛けを入れては、オマツリ。

アタリがあって、釣り上げては、オマツリ。

オマツリ、オマツリ、オマツリ、、、、、、、、

メーター超え、ドラゴンを狙ったけれど、90センチクラスがほとんど。

釣果は平均10匹前後。

潮が変れば、、、、、、喰いが立つ、、、、、、神戸、須磨沖で喰いが立つ、、、、、、、

いや、立って欲しい、、、、、です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギ・絶望への旅・・・ざくざく持ちが虚しい

2016年09月26日 | 無駄無駄庵日記

何回も通って、、、、、

何回も竿をだして、、、、、、、

これでもかと云うくらい成果が出ずに、、、、、、

もはや絶望的な下手さ加減で、、、、、、、、、、、、、、

それでも諦めずに、今シーズンもカワハギ狙い、、、、、、、、、

絶望への旅の初日は9月24日、いつもの尾張屋へ。

社長と松っちゃん船長にお久し振りのご挨拶。

季節の巡りは早いもので、5月末でシーズンが終わったかと思うと、秋カワハギ。

この時期のポイントは由良沖の岩礁。

根掛かり必至。

粗い所だと底を取って、そのままにしていると、、、、、、根掛かり。

だからオモリは着かず離れず、、、、、、

竿先をふあふあさせて、チョイ止め。

アタリがゴツゴツっと出て、、、、、、

20センチほどのカワハギ。

ときにイソベラ、トラギス、ネンブツダイ、、、、、、、

なんやかやと苦労しながらも前半でカワハギ5匹。

ミヨシのあめちゃんも岩礁での攻めに苦労して、、、、、、

中盤に日ノ岬沖まで移動を試みたけれど、反応なし。

由良沖に戻って、1匹追加で6匹。

ざくざく持ちで写真を撮ったけれど、どこか虚しい南村。

それでも、叩いてみたり、弛ませてみたり、、、、、、、

いろいろやって、、、、、、

エサ獲りなのか、カワハギなのか、、、、、、、

いつの間にかエサはツンツルテン、、、、、、

このままではツ抜けに届かず、やはり今シーズンも、、、、、、、、アウトぉ~~~????

そして終盤、船が白崎沖に移動して、ここも岩礁。

すでにオモリを6個ロス。

それでもラストの30分、、、、、、

竿先がコツン、クン、フア、、、、、、、、

バタバタと4匹追加して、、、、、、、、、、、、

ツ抜け達成。

とはいえ、竿頭は19匹ですからタイトル通り「絶望への旅」でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバ・・・・雨中の巻き巻き6時間、ついに!

2016年09月21日 | 無駄無駄庵日記

9月19日、タイラバ予定。

しかし、16号台風が接近。

白墨丸の船長からギリギリ様子を見て、、、、、、

前日の夕刻。

「出ます!」

と云うことで、当日の午後便をメンバー5名でチャーター。

お昼ころ船着き場に着いて、午前便が帰って来たのを迎えて。

「6まる、、、、釣れたよ、、、、、後は渋いなあ」

とかで、なんとなく期待が持てるようなそうでないような、、、、、、

ポイントはいつもの友ヶ島周辺。

予想より北西が強く、どてら流しは諦めて、バーチャルに。

2~3度流し替えたとき、隣の中田さんにヒット。

海面に青い魚体が走って、、、、、、サゴシ。

以後、雨が強く降り出して、風もますます強くなって、、、、、、

友ヶ島の南側に波風除けで入って、、、、、、

また北側に回って、、、、、、、

波が高いと竿先が安定せず、タイラバの動きが不規則になる、、、、、

タモの用意は完璧なのに、、、、、、

と、岡村さんに30センチくらいのマダイ。

船内が華やいだけれど、、、、、、

それっきりで、、、、、、、、他の誰にもアタリが出なくて、、、、お終い。

雨中の6時間、、、、、、ついに帰港。

諦めずに巻き巻きを繰り返したけれど、白墨丸に乗って初めてのBOUZUでありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイラバ・・・・よもやの全員BOUZU達成か???

2016年09月09日 | 無駄無駄庵日記

9月4日、白墨丸へタイラバ。

ああ、ちょっとその前に8月31日を持って32年間在籍した阪神沖釣クラブを辞めました。

前々回の項で「すっかり錆ついた冠を外しました」と書いたのでひょっとしたらと思った方も居れるかもですね。

ブログのタイトルも単に「無駄無駄庵日記」としました。

まあ、、、、、ただそれだけの前振りですが、、、、、、、、

で、9月4日のタイラバ、、、、、、

以前からお誘いをいただいていたのですが、4日は前項の根魚ノマセが終わってせっかく鳥取まで行くのなら、夜にイカダイでもやるべえ~~と思ってたので4日のタイラバは残念しました。

しかし、イカが釣れてない、つまり、イカダイが出来ない、、、、、、4日はフリー、、、、、、

ということで、タイラバに押しかけて、今となっては元のクラブ員7人で淡輪の白墨丸へ。

いつものように右舷に並んでどてら流し。

タイラバの組み合わせは前回7まるを釣った時と同じ。

赤ラメのカーリーに黒のイカタコカーり。

しかし、巻き巻きを6時間繰り返しても反応なし。

唯一、トモの小川さんにヒットしたけれど、外れてしまい、、、、、、、、、

秋山船長の激も南村は暑さでぐったり、、、、、、

なんせ2日続きで真夏のスタンディングはさすがに堪えます。

もちろん、巻き巻きの速さも、タナの探り幅も工夫して、、、、、、、シマノのイカタコかーりーはそのままでネクタイを緑、茶色、ダークブルー、透明ラメ、、、、、、いろいろ替えたけど、船中も含めて反応はなく。

そして、お昼も過ぎた頃、、、、、、、それまでの組合わせ、イカタコカーりーはそのままでネクタイカラーの基本、オレンジストレートに替えて、その片方を長めに垂らして。

ハリに刺していたビンビン玉の赤のタイワームを外して。

半遊動にして、、、、、。

ヘッドは90グラム。

そのせいかどうか、、、、、、ゴツゴツっと、アタリ。

ここでバラシたら頑張って操船してくれた秋山船長に申し訳ない、、、、、、

ドラグを少し緩めて、、、、、、、

「炎月100PG」に搭載のエキサイティングドラグ音がzizizizi~~~~

ホンマにエキサイトですわ~~~~、

そして、ラインの出方が滑らか、、、、、、、

引きに合わせてドラグを調節して、、、、、、なんせ6時間ぶりですから、、、、、

魚の大きさに関係なく、ゆっくりとやり取りして、、、、、、、、

60センチ、、、、、6まる。

そして、2匹目をかけて、、、、、と、同時にトリプルヒット。

そして、お世話下さった華山さんに、、、、、、、

40センチクラスがヒット、、、、、、、

この間わずか40分ほど、、、、、、、、

まさに最後にして貴重なジアイ、、、、、、、、

よもやの全員BOUZUを免れたのでありました。

 

クラブは辞めたけど、この日は元のクラブの人達とご一緒。

在籍中のお礼を言ったり、今後も誘ったり誘われたり、よろしくお願いしますよ~~ってことで、、、、、、再会を約して、、、、、、

そして、この場をお借りして、挨拶状をお送りしましたクラブ員の皆さまを始め、ブログを覗いて下さっている方々におこがましくもご報告と感謝とお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

今後とも冠を外した「無駄無駄庵日記」をよろしくお願いいたします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取沖・・・ノマセで根魚がデカイデカイ、ヒラメだって乱舞乱舞!

2016年09月05日 | 無駄無駄庵日記

鳥取沖でアジのノマセで根魚&ヒラメ。

昨年は52センチのアコウと92センチのヒラメ、、、、、、ってボクが釣ったのではありませんが爆釣れモードに。

何度か通って、シーズン終了後に早くも今シーズンの予定を立てて、1年が経つのがもどかしくて。

9月の3日に出かけて来ました。

まずはエサの小アジ釣り。

       

サビキで釣るのですが、なかなか寄ってきません。昨年の倍くらいの時間をかけて、ようやく出船。

       

アジの数は何とか確保しましたが、サイズが小さいです。5~6センチくらい。

ですから、小アジへの負担を軽くするため、ハリスの号数を落として、8号胴突き仕掛け。はりはヒラメの16号。

エサが大きければ、ハリス10~12号。ハリはヒラメの18号。

元気に泳いでこそのノマセ釣りですから。

1投目はトモの森岡さん。

少し長めの竿がゴツンゴツンと海中に刺さって、40センチ超えのマハタ。

ひょっとした、この時期アコウより旨い魚かもです。

そして、、、、、、、、

能丸さんに55センチのヒラメ。

70~80センチ、90超えが狙いなのですが、エサが小さくてこのサイズのが喰い付きやすいのでしょうね。

釣り方はラン&ガン。

ポイントの真上に来るように船をとどめて、仕掛けを降ろして2~3分。

アタリがなければ直ぐに次の漁礁へ。

左舷胴の間の南村に45センチ超えのアコウ。

ずっしりとした重さは嬉しさと比例します。

左舷ミヨシの山さんに、マハタ。

船はポイント上でほとんど動きませんから自分の釣り座の下の海底にアコウが居るのか、マハタが居るのか、ヒラメが居るのか、、、、、、、そんな感じで釣れるモノがそれぞれに違って来る感じ。

森岡さんに、今度はアコウ。

これもいいサイズ。

そして、、、、、、、、

この企画の細部までお世話して下さったあめちゃんに49センチのアコウ。

映りがメチャデカです、、、、、、、やり過ぎです、、、、、、でも、見事にデカサイズのアコウですよ。

そして、止まることを知らない競演、、、、、、、

きりんちゃん、能丸さんに49センチのアコウのダブルヒット。

しかし、49センチって微妙ですよね、、、、、船上計測、、、、、、50センチはある、、、、、かもです。

そして、、、、、、、ヒラメ、、、、、、、、競演。

山さんと南村にダブルヒット、、、、、、45センチ超えです。

エサの小アジの小ささを心配してましたが、、、、、、、みごとに吹っ飛びました。

そして南村に50センチ近いマハタ。

死後は消えてしまいますが、縦縞のコントラストが綺麗ですね。

ハリが唇に1ミリもないくらい刺さっていて、この日はかなり軟らかい竿を使っていたのでなんとかばれずに済んだのかもです。

13時ころまで粘って、というかやはりエサがなくなって竿終い。

南村はヒラメが2匹。アイナメが1匹。アコウ9匹。マハタ1匹。

昨年に比べてアコウのサイズがやや小ぶりですが、6人全体ではヒラメが9匹、アコウは35匹くらい。

シーズン初の出船としては充分の釣果でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり・・・・冠を外して

2016年09月01日 | 無駄無駄庵日記

この夏も無駄なことが多かったなぁ、、、、、、、、、。

 

すっかり錆びてしまった冠を外して、「無駄無駄庵日記」。

今日から九月や。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加