無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

カワハギを釣ろっ!・・・それは偶然に?

2016年02月27日 | 無駄無駄庵日記

2月25日。

尾張屋で日ノ岬へカワハギ狙い。

この日で何度目かな~~~???

カワハギばっかりやなぁ~~~!!!

オモシロイもんな~~~?!?!

このところ、釣果は伸びんけど、水温のせいかな~~~~~。

と、船長が「やって下さい~~~~~」

「水温15度超えてますよ~~~~」

「エエ感じですよ~~~~」

かなり波立ちはあるけど、前回ほどではない。

まずは軽く叩いて、弛ませ、、、、、

繰り返しているとトンと軽いアタリ。

アワセ、、、、、

クククっとハリに掛かったような、、、、、、

でも、外れてしまった。

そんなことが2~3回あって、ようやく25センチほどの取り込んで。

水温が上がった割には喰いが低調、活性が低い。

3匹釣ったところでアタリも出なくなった。

で、叩きの回数を多くしたり。

弛ませの時間を長くしたり。

叩かずに竿先の操作だけで誘ったり。

隣の矢尾さんも苦戦しているようで、、、、、、、

でも、自分のペースを崩さずに、、、、、、、

「今日はいつもと違うアタリをアワセられた」とかで、、、、、、

また、一歩前進かな、、、、、、この日は10匹、、、、、、低調ながらツ抜け。

南村は終盤まで3匹のまま、、、、、、

そして、ついに、最後の流しですよ~~~と船長。

中オモリの位置を広くとって、イメージとしては弛ませの弧を大きく膨らませる感じに変えて、、、、、、

途端にコツンと一匹。

そして、バタバタっと4匹取り込んで7匹、、、、、、それは中オモリの位置を変えたからなのかどうか。

仮にそうだとしても、偶然の出来事。

意図せずにやっているようでは、進歩しませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギを釣ろっ!・・・・海は鬼荒れ!

2016年02月23日 | 無駄無駄庵日記

2月21日。

またもや尾張屋からカワハギ狙い。

しかし、天気が怪しい、、、、、

というか、確実に海が荒れる、、、、、、、、

北寄りの風が10~15m吹く、、、、、、、、、、

そんな予報、、、、、、、

これは鬼荒れですぜ、、、、、、、、っと諦めていると、出船をずらせましょか?

9時ころに出てみましょか?

日ノ岬はアカンけど、ひょっとして由良沖ならなんとかイケるかも?

ということで、前回とほぼ同じメンバーで河岸払い。

船がポイントに着いて、、、、、、、

ギリギリやれるぅ、、、、、、、、、、

1時間。

2時間。

吹き荒れていた風がかなり落ちて、波も穏やかになってきた。

エエ感じ、、、、、、

エエ感じ、、、、、、

底取りも楽になったし、弛ませだってなんとか出来る。

アタリもたまに出る、、、、、

といってもあちこちでまだ白波が立っている。

と、落ちかけていた風の向きが西に変って、それまでにもまして強く吹いて、波立ちに大ウネリが加わわり、海が真っ白になって、、、、、、

撤退。

この日の南村の釣果、2匹。

メンバーの釣果は0匹、1匹、2匹、3匹、4匹。

前回の4人の釣果が5匹、6匹、7匹、8匹、、、、、、

なんか知らんけど、数字が連なってるなあ、、、、、、、、、

っと、オチにもならない鬼荒れの「カワハギを釣ろっ!」でありました!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギを釣ろっ!・・・・穏やかな日ノ岬沖!

2016年02月20日 | 無駄無駄庵日記

2月18日、いつもの尾張屋から日ノ岬へカワハギ狙い。

この日は文句なしの晴天&凪ぎ。

いつぞやは強風&高浪で引き返すかも、という心配があったのですが、この日は岬は大荒れなんてことはよもやの出来事。

ということで、いつもの左舷トモに釣り座を構えて、、、、、準備万端。

       

40分ほど走って、、、、、、、船がスローダウンしたのはよく流す筋ではなく岬よりかなり沖側。

水深45m。

風なし。

波なし。

滅多にないベストコンディション、、、、、、、

しか~~し「水温が低い、、、、、、14度ないがな」と船長の声。

アカンでぇ、、、、、アカンアカン、、、、、、

回収した仕掛けのオモリが冷たい。

一流し、、、、、、二流し、、、、、、

アタリなし。

船が陸寄りの移動。

矢尾さんに笑顔のカワハギ。

やっと来たって感じで皆にもポツポツと釣れ始めたけれど、やはり水温低下では喰いが立たない。

この日久し振りにご一緒したシマノの山本さん。

良型のカワハギを釣って、パチリと撮った写真ですが、、、、、、、、。

カワハギより竿とリールを掲げて、、、、、

うん?リールは新製品の「スティーレ」、、、、、、、会社愛ですねえ、、、、、

ボクはパワーギアの「100PG」が欲しい、、、、、

と、まあ、、、、、、、

それはそれとして、、、、、、、

こちらは良型てんこ盛りの松村さん。

いいサイズで肝もパンパンって感じです。

松村さんには及びませんが南村にも良型。

そして、ね、どの写真の背景も海が穏やかでしょ。

これで水温さえ下がってなければ、、、、、、、

釣果は写真掲載順に8匹、5匹、7匹、6匹でありました。

で、水温が下がってもそれが数日続けば喰いが回復するとかよく聞きますが、、、、、、

それって、ホンマかいな????????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春一番です、、、、、、、!?

2016年02月14日 | 無駄無駄庵日記

昨日今日と海は大荒れでしたね。

各地では春一番が吹いて、、、、、、

そのせいで釣りに行けなかった方も大勢おられたことと、、、、、、、

釣り仲間からは半ばヤケクソ気味で近くの河口でボラを釣った~~~♪

なんてライン写真が送られてきて、、、、、、、あれま、、、、、、

ってな感じでしたが、14日は所属する阪神沖釣クラブクラブの総会でした。

午前11時から神戸・三宮のとある居酒屋で賑やかに開催、、、、、、、

例年のように今年一年の諸行事に関する事柄が話し合われて、、、、、、、、

いつしか、乾杯を経て、、、、、、懇親会へ。

そして、前年度の各賞の表彰、、、、、、、

と、ここでも春一番が吹き荒れて、、、、、、、

あろうことか南村が「阪神沖釣クラブ大賞」と「年間大物賞」を受賞。

「阪神沖釣クラブ大賞」はクラブの柱、骨格となる誉れある賞。

その内容は年4回行われる大会に於いて順位ごとにポイントが授与されて、南村はキス釣り大会で1位、カワハギ釣り大会で2位。

総合ポイント獲得数で優勝~~~~♪♪♪

「年間大物賞」は魚種ことに規定の寸法を超えたものに授与されて、タチウオの131センチを釣って大物賞金賞を獲得~~~♪♪♪

おまけにビンゴ大会では末等ながら賞金をもらって皆の顰蹙をかったようでしたが、なあに~~~そんなものはどうってことありません。

その勢いたるや、まさに怒涛の「春一番」ありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギを釣ろっ!!!・・・・ひょっとして???

2016年02月07日 | 無駄無駄庵日記

今シーズンのカワハギの釣果。

昨年の10月24日、加太で4匹。

11月15日、加太で4匹。

そして11月22日、同じく加太で1匹。

12月9日、今度は日ノ岬沖で6匹。

なにくそと、年が明けて1月10日、日ノ岬沖で6匹。

1月23日、串本で2匹。

ふう~~~、、、、、

どうしたら釣れるのか、、、、、、

悩むことしきり、、、、、、、

いつしか仲間内で蔓延してる「お悩みさん」の仲間入り、、、、、

そして、前回は由良沖で15匹釣って、、、、、、

うん?これって「お悩みさん」脱出の切っ掛けになるのか?????

、、、、、、、そんなことを考えながら2月4日、再び尾張屋へ。

夜が明けかけて、尾張屋の船着き場。

前回はとんでもない波風でしたが、この日は風はほとんどなく、これなら日ノ岬まで行けそうです。

釣り座はいつもの左舷トモ。

40分ほどで日ノ岬沖へ。

少し波立ちがありますが、日ノ岬としては凪です。

船が潮に乗って水温は18度弱、、、、、、、

風は北西、、、、、、

上り潮、、、、、、、、

オモリを底に着けて、軽く叩いて、弛ませて、、、、、、

コツンっをアワセて一匹目。

でも、すでにミヨシの八尾さんも松村さんも2~3匹取り込んで。

そうそう、コツンではなく、カワハギがアサリを吸い込んだタイミングで出る竿先の変化とも云えない変化を掴んで合わす。

カワハギはアサリを吸い込んだり吐きだしたりを繰り返しながら捕食するとか。

コツンはその繰り替えしの途中で思わずもハリが掛かった時のアタリ。

だから、まあ、なんというか、偶然というか、向こうアワセ的に釣れた、、、、、、、そんな感じやね。

ただ、それでは数が伸びない、、、、、、、、

両ミヨシのお二人はその吸い込みアタリをキャッチすることに長けて居られて、、、、、、、

着実に数を伸ばして、、、、、、

松村さん、25匹。

この日も前回と同じようにとある大会に向けて竿を試しながらの釣果。

八尾さん、、、、、、、、、

淡々と、黙々と釣って28匹で竿頭、、、、、、

「30センチも釣ったよ~~♪」とかで、だからなのか、この日は珍しく笑顔のショット。

ボクは、ちょっとアタリが出ない(コツンアタリですけど)時があって、釣り方を這わせに替えたのですが、それが裏目。

エサ獲りのトラギスにやられて、やられて、、、、、、

元の弛ませに戻して、ようやく前回の15匹に近づいて、、、、、、、、

こうなればそれを超えて、20匹を、、、、、、、、

とはいかずに、、、、、、18匹。

お二人とはぶっちぎりの差ですが、前回よりは多いわけで、、、、、、、

このまま好調を持続出来れば、ひょっとして「お悩みさん」を脱出した、、、、、

と言いきっていいのかどうか、、、、、、

それは、次回の結果しだい、、、、、、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギを釣ろ!!!・・・・・強風高波のなかで「お悩みさん」脱出か???

2016年02月01日 | 無駄無駄庵日記

1月30日。

カワハギを狙って、由良・糸谷の尾張屋へ。

前日はかなりの雨でしたが、当日の予報は曇り。

そして、日ノ岬近辺の風予報は北西が10m。

出られへんかな、、、、、、?

アカンで、、、、、、、!

仲間とラインでやり取りしていると船宿からgo~~の連絡。

半信半疑で6時に港着。

トコトコと船着き場に出ると、、、、、、、

びゆ~ん、とんでもなく風が強い、、、、、、、、

やっぱりアカンで、、、、、、、、!

と、船長が船に乗り込みふつうにエンジンをon、、、、、、、、

      

相客はボクラ4人以外に4人。

左舷トモの相性のええ席に着いて、とりあえずの最小限度の準備。

なぜなら、沖に出て、、、、、、、やっぱりアカン、、、、、、、、

てなことを何度も経験してるので、、、、、、、

で、波立ちのない港内から一文字波止を経て外海へ、、、、、、、、

     

まともに風を受けて、、、、、、

一気に波が高くなって、、、、、、、、、

うん?、先を走ってた、、、、、たぶん、あれはあしのや丸、、、、、、、

船の軸先がこちらを向いて、、、、、、、

引き返すのか、、、、、、やっぱり、、、、、、、

と、こちらの船もスローダウン、、、、、、、

同じように引き返すのかな、、、、、、

と、思ってると、準備してよ~~っと船長の声。

日ノ岬までは行けないので、近場、由良沖での流し。

水深が35mくらいの岩場。

一匹目が来たのは流し始めて15分くらい経って。

25~26センチあるかな、、、、、かなりのグッサイズ。

続けて2~3匹取り込んで、、、、、、

カワハギ釣りはその昔にやって以来と云う、D山本さんも、良型。

船長も顔を覗かせて、、、、、、

強風&高波のなかまずまずの釣れっぷりに、よしよしという感じ。

こちらはあめちゃん、、、、、学研探求肌。

この日のテーマは宙と底とのアタリの違いを確かめること、とか。

ミヨシ先端に座って、何度も波を被りながら13匹でいつものように、どや顔。

それにしても、この強風&高波、、、、、、、

竿の操作がやり難いにも関わらず、アタリがはっきりと伝わって、、、、、

このところの不調がチョイ薄らいで、、、、、、

って、実は道中で釣れない悩み、仲間内で蔓延しつつあるお悩みさん脱出のヒントをこの方から、、、、、、

松村さん。

とあるメーカー主催のカワハギ大会に向けて、そのメーカーの竿ならではのベストな使いかたを習得中とか。

それでも14匹釣って、、、、、、

南村は叩きを軽めに入れて、弛ませ、、、、、聞きあげ、、、、、、

基本動作に戻って、、、、、、、というアドバイス通りにしながら、隣り合わせたので釣り方をガン見。

お蔭でチッとか、フンッ、モゾっとしたアタリも捉えられて。

 

釣果は16匹、、、、、、と思ってたら、15匹の数え違いやけど、、、、、竿頭。

「お悩みさん」脱出か、、、、、、、??????

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加