無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

尺カワハギを釣ろっ!!・・・・・串本で爆発したのか??

2016年01月27日 | 無駄無駄庵日記

カワハギを狙って串本へ、、、、、、、

尺超えが出る、、、、、、

けっこうよく出る、、、、、、

数もよく釣れる、、、、、、、

湾内の釣りなのでアタリが取りやすい、、、、、、

船でも、カセでも狙える、、、、、

串本に関してはずっと以前からそんなニュースを聞いていて、、、、、

でも、なかなか行く機会がなくて、、、、、

なんせ、串本ですから、大阪から遠い、、、、、

遠い、、、、、、

しかし、すさみ南ICまで高速が伸びて、、、、

近なったで~~

2時間30分で行ける~~~

と、いうことで先日行ってきました。

大阪を3時に出て、串本大島の「フィッシング隼」に着いたのが5時30分。

ホンマに2時間30分。

この日はカセではなくて船釣り。

このところカワハギ釣りでは撃沈が続いているので、、、、、

串本ならではの爆発を期待して、6時30分に河岸払い。

五目釣りを楽しむというお客さんをカセで降ろして、、、、、

         

カワハギ狙いのメンバーは松村さん、松村ジュニア、この日初めてご一緒した真鍋さん、本谷さん、そして相客のお二人。

まずはマグロの養殖イケスに船を掛けて、、、、、、、地理的にはこの辺り。

        

水深が25mくらい。

仕掛けはいつもの胴突き、オモリが30号。

エサはアサリの剥き身、、、、、、

いや、それもええけど、ここでのエサはブラックタイガーが主流とか。

相客、、、、常連さん?のお二人はブラックタイガー。

我々はまあ、使ったり使わなかったりで、南村はアサリの剥き身。

ただ、タイガーはかなり昔に使ったことがあって、それは日ノ岬沖でのこと、、、、、、、、けっこう釣れた。

けど、このところはマジでカワハギに打ち込んでるので、オーソドックスにアサリの剥き身。

   

釣り初めて直ぐに真鍋さんにミノカサゴ。

綺麗な魚ですね。

優雅に泳ぐ姿から海の貴婦人と呼ばれているとかで、実物は初めて見ました。

     

ただ、背鰭に強烈な毒針を潜めているとかで、、、、、、、、

ぼくも、この後釣ったのですが、恐る恐るハリを外して貴婦人のご機嫌を損ねないように帰ってもらいました。

それと、こんなのも、、、、、、、

ハコフグかと思ったけれど、、、、、、その仲間でウミスズメというらしいっす!

なんか、ヤンキーな魚ですね。

角があって頭突きを喰らったら痛いやろな、、、、、、

これも丁寧にお帰り願って、、、、、、ただ、残念ながらミノカサゴもウミスズメもぷかぷかと浮いてしまって。

定番のキタマクラが釣れたり、、、、、、

でも、本命のカワハギが釣れません、、、、、、、

そうこうしてるうちにマグロのエサやり。

ロケット砲のような筒からエサを撃ち出して、マグロがどんどん活気立って。

その気配がカワハギに影響して、、、、、、

とか、思いながらこの写真を撮っていると船べりに置いた竿がガガガッと揺れて、、、、、、

これ、、、、、、23~24センチ。

意図しない置き竿で一匹目。

そして、そのまま沈黙。

「場所を変えましょ、、、、、」と云うことで別のイケスに船を掛けて。

本谷さんに、、、、、、、

   

松村さんに、、、、、、

でも、後が続かず、、、、、、、

養殖場を離れて、湾内で流し釣り。

結果、ポツポツと釣れたけど、爆発にはほど遠くて、この日はゼロ~7匹。

南村は2匹。

尺には至らずっ!!

這わせたり、、、、、

弛ませたり、、、、、、

見様見真似でゼロテンションをやったり、、、、、

もうちょっと釣れる思たけど、、、、、、、、

原因は寒波のせいで水温が下がったことにある、、、、、、、

と、修行の身でありながら、自分を省みない南村でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオへの旅・・・・さて、どうする!?

2016年01月21日 | 無駄無駄庵日記

1月21日、爆弾低気圧が去って、いくらか凪になった須磨沖。

若潮の後の中潮、、、、、純栄丸でタチウオ狙い。

この日流したのは80~90mラインばかり。

しかし、1時間たっても、2時間たってもアタリが出ません。

タチウオはいるのか、いないのか。

喰う気があるのか、ないのか。

テンヤにはイワシを括りつけて、、、、、、

でも、交換することなく、、、、、、、

だんだんとイワシが干からびてきて、、、、、、、

タコベーも暇そうで、、、、、、、

3時間経って、、、、、、

4時間経って、、、、、、、

ついに竿終い、、、、、、、、

帰港。

この日は相客が3人。

2匹釣った人が1名。

2回アタリが出て、1匹釣った人が1名。

2回アタリが出た人が、1名。

最後までアタリが出なかった人が1名、、、、、南村。

神戸沖は終わったのか?

洲本沖へ下ってしまったのか?

それとも、時化で底まで濁ったのか?

ここにきて、今後も「タチウオへの旅」は続けるのか、、、、、、、どうか。

さて、どうする!?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギ・・・・なんの進歩もなく

2016年01月17日 | 無駄無駄庵日記

少し前、日ノ岬沖へカワハギ釣り。

午前6時30分過ぎに由良糸谷の尾張屋で河岸払い。

ポイントまで40分弱。

陽が昇りかけて、、、、、、

波が少し高いですが、いい感じ。

ボクは前回、12月9日と同じで相性のいい席、左舷トモ。

隣にあめちゃん。

その隣にじゃまちゃん。

そして、2015・ササメワンデーバトルの準優勝者八尾さんがミヨシ。

右舷ミヨシに松村さん。ワンデーバトル3位。

仕掛けはいつもの胴突き。エサはアサリの剥き身。

そして、ボクと背中合わせに初めてお会いした、山崎さん。

山崎さんは「胴突きアサリ」は苦手とのことで、テンビン仕様でエサはアオムシ。

開始早々にあめちゃんが連続2匹。

ああ、そう云えば、前回の南村も開始早々2匹釣って、、、、、、、その後失速。

でも、あめちゃんは2段オモリで、ポツポツながら数を伸ばして、、、、、、11匹。

じゃまちゃんは小刻みな軽い叩きから這わせ、そしてスローな誘い上げで、あめちゃんより少しハイペース、、、、、、、14匹。

その上を行くのが八尾さん、中層での喰わせを習得中とかで、、、、、22匹。

    

松村さんは素人には伝わって来ないアタリ以前の気配をキャッチしながら、つまり、ようわからんけど、簡単に釣るのではなく難しい釣りを試みて、、、、19匹。

で、南村は、、、、、、、、、、、、、、

弛ませたり、這わせたり、、、、、、、、、、

前回と同じで、なんの進歩もなく、、、、、、、、6匹、、、、、、。

あははは、、、、、左舷トモも相性のいい席でもなくなって、、、、、、

みなが飛躍的に進歩していると云うのに、この先、このままカワハギ釣りを続けても大丈夫なのでしょうか??????

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオへの旅・・・・自分で云うのもアレですが!

2016年01月07日 | 無駄無駄庵日記

自分で云うのもアレですが、年明け早々よもやの2連ちゃん。

立ち直っていないのをなんとか立ち直らそうと、5日も純栄丸へ。

この日は、須磨沖。

前日の4日は80~90mラインでけっこう釣れたとか。

それなら時間をかけて洲本まで走る必要は無い。

30分足らずでポイント着。(ほんまに近い)

まずは底取り、、、、、水深が80m。

リールのカウンターが92m。

ちょっと流され気味。

と、思ったら「上げて~~」。

少し南下して、同じく水深80m。

カウンターは83m。

15m巻いたところで、コツン、、、、、、

1匹目はメータークラス。

続けて同じタナで同じサイズ。

洲本より形がええ。

いい群れを見つけたようで、船内も賑やかになって、しばらくはこのままの流し。

昨日はただ巻きの人によくヒットした。

だから、この日はただ巻きで、、、、、、、

いえいえ、やっぱりシャクッてシャクッて、ジャーク&フォール。

誘ってアタリを出させてこそのタチウオ釣り。

ドカンと激しい喰い上げ。

ツンッとした引き込み。

コツンと軽い持ち上げ。

すべて即アワセ。

アワセ損ねは、次のアタリが出るまで、ステイ~軽くシャクリ~ジャーク~ステイ~フォール。

いろいろ組み合わせて、、、、、、、出たアタリは即アワセ。

ただ、ゴツンッといきなり激しく竿先を引き込むアタリのとき、テンヤに掛からなければ次のアタリが出ることがまずない。

これはタチウオがテンヤに触れてるようで、触れてないような。

手元には伝わって来ない微妙な反応、、、、、、「竿先うっふん状態」。

ガチッとアワセて、、、、、、、やっぱりこのアワセが一番の醍醐味、、、、、、、

究極のアワセ、、、、、、

ゴンゴンとやり取りをして、、、、、ドラゴン、、、、、

しかし、尻尾に生々しい傷。

血が滴り落ちて、、、、、

古傷なら仕方がないけど、上げてる途中で喰われた~~と云うのが何とも残念。

寸法足らずになってしまって、115センチ。

後半はタナが底近くになって、底10m前後。

アタリも小さくなって、この日の釣果は22匹。

竿頭、、、、、、、なんてことは別にして、「竿先うっふんアワセ」が3~4回見事に決まって、自分で云うのもアレですが、立ち直ったかな、、、、、、、?

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオへの旅・・・・・そんなことで大丈夫か!?

2016年01月04日 | 無駄無駄庵日記

竿納めのメバル釣りは散々でした。

立ち直れないかと思っていたら、お正月の3ケ日、呑んで喰ってを続けていたら、あれま、いつの間にかケロりと直って。

1月4日、新春気分満載、、、、、、、純栄丸でタチウオ狙い。

洲本沖は珍しく、凪。

天気がええですね。

その天気の良さなのか、潮廻りの良さなのか、相客は20名。

で、その20名のなかに、クラブの浅井さんが居て。

あれあれ、おめでとうございます、、、、、、、

なんて挨拶しながら、底取り。

水深が80m。

底から15mでゴツッ、、、、、、

即合わせで、、、、、ガツン、、、、、、、

90センチくらいのが1投目で来た。

幸先よ~~し、ですね。

初釣り、、、、、1投目ですもんね。

2投目、、、、、、、ドンっとものすごい喰い上げ、、、、、、、

ゴンとアワセて、竿先がフワリ、、、、、、、

リーダーが切られて、、、、、、、朝の時合いの真っただ中、、、、、、

周りでは竿が曲がって、リールが唸って、バタバタバタッとタチウオが船板を叩く音。

焦りまくって、、、、、、

3投目、、、、、、、、

イワシを巻いて、テンヤをポイと船べりから、、、、、、、

うん、、、、、、

あれ、、、、、、、、

リーダーに括ってなかった、、、、、、、

大丈夫か、、、、、、そんなことで、、、、、、

で、浅井さんにメーター超え、指6本クラスが来て、、、、、、

まあ、どうにかこうにか二人が同じペースで釣りあげて、ツ抜け。

そして、潮が南に流れ出して、喰いが落ちて、12時過ぎに再終い。

トップが26匹、、、、、、、ただ巻きチョイ誘い、、、、、、。

南村、、、、、、誘いまくって、、、、、15匹。

ぜんぜん立ち直ってません!!!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お年賀

2016年01月01日 | 無駄無駄庵日記

        

                平成二十八年元旦 

 

            猿猿爆釣大願

 明けましておめでとうございます

 本年もよろしくお願い致します

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加