無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

タチウオへの旅・・・・悩ましいアタリ?!

2015年11月26日 | 無駄無駄庵日記

11月24日、須磨の純栄丸で洲本沖へ、、、、、、、

夜明け近くに雨が上がったけれどまだ黒い雲が残っていて、でも、ところどころから陽が射しこんで。

予報では日中は晴れ。昼ごろから北寄りの風が強くなるかも、です。

この日の相客は8名。

ボクは左舷トモから2番目。

仕掛けは50号テンヤにおなじみの「タコベー腹巻き&尻尾曲げ作戦」。

リーダーがナイロン20号、2m。

タチウオの鋭い歯があたっても少々のことでは切れません。

水深が65m。

初アタリは底から15m。

その次は20m。

トモの1番に座られた蛸谷さんもその辺りで反応ありとか。

でも、追ってはきません。

アタリのあったタナか、少し下げて誘い。

コツン。

1匹目は90センチクラス。

その次は50mくらいでドンッと竿先まで跳ねあげるような大きな喰い上げアタリ。

アワセられずに、ステイから1mほどフォール。

止めた途端に、またもや、ドンッ、、、、、、、

2匹目はメーター超え。

蛸谷さんにもメーター超え。

何度も追っかけ喰いをする奴、、、、、

アタリだけを残す奴、、、、、、、

こいつはけっこう追っかけたとか、、、、、

、、、、、、、、、、追っかける奴は誘いあげても、下げても喰いに来る。

問題はアタリだけを残す奴。

それへの対応と云うか判断は難しいけれど、このところボクはアタリがあったところで5秒ほどステイから軽いシャクリ。

反応がなければ、ゆっくりと1mまでのフォール。

この順番でやると、1mまでのフォールでアタルことがあるし、フォールで反応がなければ再び誘い上げると、最初のタナでアタルことが多い。

後はフッキングさせられるかどうか。

ことに今シーズンはサンマのようなサヨリのような、そんな奴が多い。

ちょこちょことイワシをつつく。

知らんぷりしてもいいけれど、、、、、、小さなアタリ、、、、、、、それはドラゴンかも知れんし。

だから、悩ましい。

終盤、ぼつぼつと出ていたアタリも遠のいて、、、、、

空が暗くなって雨模様。

タナを底狙いに切り替えて、底から5mくらいで、コツン。

やがて、予報通りに風が強くなって、少し早上がり。

この日の竿頭が蛸谷さんともうお一人の15匹。

南村は13匹でありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ササメカワハギワンデーバトル・・・・・どうにもこうにも

2015年11月22日 | 無駄無駄庵日記

11月21日。

加太・三邦丸で行われた「ササメカワハギワンデーバトル」に参加してきました。

狙いは、優勝、、、、、、、

なんてとんでもない、、、、、、、、、

まあ気楽に、、、、、、、云うならばカワハギ釣りの抽斗を増やしに、と云う感じ。

参加資格は予選を勝抜くことでもなく、事前審査もなく、強いて言うならササメのハリを使ってカワハギを釣ることと、健全なカワハギフアンであること、です。

参加者は約50名。

競技説明と船割。

用意されたのは白三邦とベルデ。

クジを引いて、21番、、、、、、、って、21番目に釣り座を選べます。

ボクは白三邦の5番。右ミヨシから3人目。

浅井さんはボクの右隣り。

午前6時に港を離れて、、、、、、まだ暗いですね。

カワハギは明るくならないと、、、、、、

それでも、、、、、、、、、

こんな感じでアタリを取っておられる、、、、、、トーナメンター、、、、、、、、

構えがドンピシャ、、、、、、、、、、様になってます。

しかし、釣れ出したのは明るくなってから、、、、、、

と云っても、時間は9時、、、、、、浅井さん、、、、、、この時点で2匹。

ボクは1匹、、、、、、、釣ったのは7時30分ころ。

そして、浅井さんが2匹追加して計4匹になったところで、11時に竿終いの合図。

その間、慰めにもならないベラやトラハゼが喰いついて、、、、、、、

ちなみに、白三邦とベルデの全体の釣果は4~5~8~11匹。

名前の売れたトーナメンターが多数参加して居られたにもかかわらず、優勝は11匹。

どうにもこうにも、、、、、、、、

カワハギって奴は、、、、、、、であります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギ・・・諦めかけたのですが!

2015年11月18日 | 無駄無駄庵日記

クラブの「カワハギカップ」を加太の三邦丸で開催~~~~、、、、、、

と、いうことで、練習を兼ねて少し前から三邦丸へ出かけていたのですが、練習にならない釣果ばかりで、、、、、、

もちろん、腕も伴わないのですが、、、、、、、

11月15日。

大会当日。

青三邦をチャーターして、午前6時に河岸払い。

胴突き仕掛けにエサはアサリ。

賞の対象は「数」と「2匹長寸」。

目指すはダブル制覇~~~~~!

クジを引いて、、、、、、、13番。

参加者は18名。

その釣り座は、、、、、、右舷胴の間、、、、、、、、

これって、どうなのかな、、、、、、、?

トモ入り、、、、、、?

ミヨシ入り、、、、、?

右流れ、、、、、、?

左流れ、、、、、、?

果たして、この日の船は左トモ入り、、、、、、、、、、、

う~~ん、まあ、絶対絶命って感じではないですね。

左隣りの華山さんに一匹目。

ああ、その前に右舷ミヨシの西野さんが釣って、、、、、

明るくならないと喰いが立たないカワハギですけど、いずれも夜明前。

今日は爆発?????と思ったけれど、、、、、、、

ボクはエサ取りのアタリすらなくて、、、、、

右隣りの植田のあ兄さんン、、、、、、

エサ獲られるよ~~~分からんうちに、、、、、とかで。

周りの仕掛けの上げ下げを見ていると、エサがつんつるてんであがって来る人もいて、、、、、

でも、ボクは相変わらずエサ完全残り状態。

そう云えば、前回も同じことがあって、その時は集魚のためのケミホタルを外して、ようやくエサ獲りに巡り合えて、、、、、

左舷胴の間、小川さん、、、、、、

「4匹釣りました~~~」って、凄いですやん。

ボクはまだゼロですよ~~~~。

これでは「数」の勝負で早くも敗退決定ですね。

そして、この人、、、、、

雁野さん、、、、、、右舷トモ寄り。

26~27センチほどのを釣りあげて、、、、、、

嗚呼、、、、、

これで、「2匹長寸」も敗退決定、、、、、、

時間だけが過ぎて、、、、、、

後半、、、、、、ボクは20センチ未満のが2匹。

そして「最後の流しです~~~」と、アナウンス、、、、、、、

もうアカンなっと、、、、、諦めかけて、、、、、、、いや、完全に諦めて、、、、、

底取りをして、軽く叩いて、弛ませから這わせ、、、、、竿先をゆっくり持ち上げると、ゴンッ。

リールを巻いて、ゴンゴンゴン、、、、、

オッオッオッ、、、、、、、

続けて2匹釣って、計4匹。

で、、、、、、、

検寸、、、、、、、。

「数」の優勝は11匹釣った雁野さん、、、、、、唯一のツ抜け。

他のメンバーは0~2~4~6匹。

「2匹長寸」も雁野さん。

この日は16~20~23センチサイズが多かったのですが、あの写真のカワハギが決定打になって、「48cm7mm」。

ぶっちぎりでダブル制覇、、、、、、、、!!!

2位は、、、、っと、その前に3位、、、、、「44cm7mm」で西野さん。

カップと副賞のお米5キロ。

で、期待させた2位は、、、、、、

もう、分かってますよね、、、、、、、

これで、南村が2位じゃなければ、、、、、、、話しの流れがオカシイ。

ね、、、、、、、というか、釣りは分からんもんですね、、、、、、

最後の流しの2匹がいずれも23センチサイズ。

計「45cm8mm」~~~~~♪♪♪

それまではドン尻をウロウロしていたのに、、、、、、、

泣、泣、泣、、、、、からの2位獲得は大逆転、、、、、、、でありまする。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオへの旅・・・・洲本沖へゴー!!!

2015年11月13日 | 無駄無駄庵日記

さて、強風強雨で強烈な船酔いにあった11月2日の芝山のアオリイカ釣り。

帰宅後2~3日は体に力が入らなくて、大げさに云えば虚脱状態。

それでも、ここはと思う船宿のHPは覗いて、、、、、、

うん、純栄丸が洲本沖でタチウオ、、、、、、

けっこうな釣果、、、、、、、

ドラゴンもあがって、、、、、、、、

行かなアカンな、、、、、、、

波に揺られて、体を慣らしておかなアカンし、、、、、、

ということで、11月10日、純栄丸でタチウオ~~~~ッ!

須磨から洲本沖へゴーッ!

潮は悪いけど、、、、、、ゴーッ!

山本さんに、サワラ、、、、、、70センチ、、、、いや、80センチ、、、、、、

ボクはヒラヒラのタチウオがコツンコツンとテンヤを小突いて、、、、、、5匹、、、、、6匹

中盤から後半、徐々に北風が強くなって、波が高くなって、、、、、、

まあ、体を慣らすには加減のよい揺れ方、、、、、、

魚沢さんにドラゴン、、、、、、、

ボクは相変わらずヒラヒラサイズ。

シャクって、シャクって、、、、、、この日の釣果は魚沢さんと南村が13匹で竿頭。

で、例年より早いけれど今後も洲本通いになるのかどうか、、、、、、

それとも、たまたま爆釣れのニュースがあったから洲本へゴー、、、、、なのか。

明くる11日は須磨沖に出て、竿頭がドラゴン2匹混じりで19匹。

う~ん、近くでこの釣果なら、そして、潮が悪いにもかかわらずこれだけ釣れたら、、、、、、

ね、、、、、、!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芝山のアオリイカ・・・・釣り座で工夫!?

2015年11月06日 | 無駄無駄庵日記

兵庫県・芝山の港。

繋留されているのは大洋丸。

船体が汚れていますが、その汚れはイカ墨。

ことにアオリイカの墨汚れ。

立派な汚れ具合ですね。

一目でよう釣れてるのが分かります。

と、いうことで、行きたいな、行きたいなと思っていた芝山・大洋丸でアオリイカを狙って来ました。

情報では100~200杯を超える釣果が出ることもある、とかで、、、、、、

11月2日、18時ころ港を離れて、軸先が香住方面に向きかけたのですが、強い西風をまともに受けて、風裏的な場所へUターン。

でも、そこもかなりの波立ち。

おまけに強い雨に見舞われて、コンディションは最悪。

強風雨のなかイカリが入って、、、、、、メチャヤバ揺れ、、、、、、

それでも、なんとか、陸っぱりからのエギング方式で攻めて、、、、、、、

船にライトが点って、、、、、、アオリイカがポツポツと、そして、かなりの数が海面近くに浮いてきて、調子のよいときは見釣りも可能とか、、、、、、そんな日は100~200杯が期待できて、、、、もちろん他にも条件があって、、、、、

しかし、この日はそうはいかずに、

左舷胴の間のきりんちゃん、、、、、、、

彼の後ろに丸い網カゴが船べりから出てますね。

釣ったアオリをそこに入れるのですが、きりんちゃん、けっこう調子がよくて、、、、、、

ただ、彼の釣り座からは潮上に向かってエギを投げるので、引き始めると直ぐにエギが戻ってきます。

ボクは左舷ミヨシ、、、、、同じです。

ということで、チョイ投げ&船下狙い。

エギを沈めて、フォールで抱きつかせる釣り方で、きりんちゃんは20杯くらい釣ったかな。

西野さん、、、、、右舷ミヨシ、、、、、、雨風でカメラのレンズが濡れて、、、、、、

で、潮下へ向かって投げられる釣り座なら上手くエギを引いてこられるのですがその典型が潮下の右舷トモが釣り座になった山本さんが最悪コンディションのなか、27杯で竿頭。

こういうふうに書くと、なんや、釣り座で釣果の差が出るんか~~

と、思われるかも知れませんが、釣り座によって差がでるのではなく、先のきりんちゃんのように釣り座による釣り方を工夫というか、マスターすることで100~200杯に近づく、、、、、、ということなのですね。

なんせ、初チャレンジなもんで、、、、、、行ってみて分かりました。

これは、船長お奨めは「ヨーズリ・アオリQシリーズ・ブロンズゴールド」の3号。後は「ダイワの金アジ夜光」3号とかもグー。

ボクもブロンズゴールドで、、、、、、、

しかし、元気だったのは竿出し1時間くらい、、、、、、

だんだんと体調に変化が起こって、、、、、

体の奥の方から何かが込み上げて来て、、、、、

立ち直りかけては、ダウン、、、、、

立ち直りかけては、ダウン、、、、、

そして、遂に帰らぬ人となってしまったのでありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオへの旅・・・・・いまだにドラゴンに出会えず!

2015年11月04日 | 無駄無駄庵日記

11月1日、須磨沖でクラブの例会。

秋空の下、多くの船が出ています。

もちろん、タチウオ狙いです。

そしてこの日から潮が小さくなりつつあるのですが、、、、、、、

さて、どうでしょう、、、、、、、

1匹目は竿出し1時間後にヒラヒラと風になびくように。

2匹目は続けてコツン、、、、、、ヒラヒラサイズ。

思ったほどアタリが出ずに、でも、横のオッチャン、、、、、、クラブの人ですが、彼ははダダ巻きで早くも5匹。

誘わん方がええのかな、、、、、、

でも、誘わんと不安やし、、、、、、、

シャクって、、、、、、

シャクって、、、、、、

ステイ、、、、、

フォール、、、、、、

後半になって、、、、、、

ようやく5匹を超えて、、、、、、

12時過ぎに竿終い、、、、、、、

釣果は10匹、、、、、、、

ツ抜けは、ダダ巻きから置き竿へとシフトした横のオッチャンと二人だけ。

もちろん?ドラゴンには出会えずでした。

そして、ここ数日の釣果は、、、、、、

順調ですね、、、、、、

ドラゴンも出てますやん、、、、、

純栄丸のHP写真を見ると、背伸びしながらドラゴンを持ち上げてるし、、、、、、

羨ましい、、、、、、、な、、、、。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加