無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

メバル・・・・暗くなったら釣れ出す???

2015年04月29日 | 無駄無駄庵日記

4月27日、純栄丸で半夜メバル。

写真は澄川さん。

久し振りにお遭いして、、、、、相変わらず矍鑠としておられて。

日が暮れるまではのんびりと、、、、、

暗くなってから勝負、、、、、とか仰って。

でも、暗くなる前に23~24センチのメバルをゲット。

エサはシラサエビ。

ボクラは前回と同じようにワーム。

これの方が喰いがよい、、、、ような気がするわけで。

隣のD山本さん、、、、、、ええ、この日もご一緒。

彼はグロー系のワーム。

ボクはグリーン。

、、、、、、、喰いは前回より悪くて、、、、、

ポツポツと喰って、、、、直ぐにメバルが潜ってしまって、、、、、

早よ、暗なれへんかな~~~~

で、ようやく街に灯りが点り始めて、、、

船にも灯りが点って、、、、、

D山本さんは、アオムシ。

ボクはシラサエビで。

前回と同じような展開、、、、、、

ではなくて、、、、、、どちらも喰いが悪く。

ガガガガッっと来たのは3~4回だけ。

船が移動を繰り返し、、、、そう、魚探に映って来ないんです。

竿終いは8時30分。

前回の22日は15匹でしたが、、、、この日は4匹。

D山本さんが6匹で竿頭。

暗くなっても、アカン日があるのですね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

須磨沖で半夜メバル・・・シラサエビ&ワーム&アオムシ

2015年04月24日 | 無駄無駄庵日記

4月22日午後3時、純栄丸で船着き場を離れて、、、、、。

鉢伏山の新緑を眺めながら、、、、もう5月の山並みですね。

ただ、海況はあまり思わしくなく、数日来の雨でけっこう濁りが出ています。

「こんなときはワームがよろしいで、、、、、」と右隣のタク山本さん。

船で配られたエサは、シラサエビ。

「イカナゴはどうなん、、、、、」とボク。

船長が「アキマセンよ、、、、、喰いません」。

シラサでイケますよ、、、、

ということなので、シラサで1投目。

と、タク山本さんの磯竿が、ガガガガツと入りこんで。

いきなりダブル、、、、、、26~25センチくらい。

「ワーム、、、、、ですよ、ワーム」

ボクはイカナゴのつもりしとったし、、、、、ワーム持ってないし

ということで、タク山本さんにお願いして、、、、、

これ、、、、、

そう、例の、、、、、これ。

評判の緑色。

ただし、ボクはこれを付けて釣れたことがない。

さっそく付け変えて、、、、、、

    

ガガガガガッ、、、、、26センチ。

お~~、釣れるやん、、、、

以後はワームで攻めて、、、、タク山本さんほどではないけれど、ポツポツと釣れ上がって。

こちらは左隣のD山本さん、、、、、、釣る度にタモ入れなどして下さって。

彼もワームで、、、、、色は白、、、、、ちょっと長い目。

シラサを使ってる人も居られたけれど、日中はワームの方が反応が良かったですね。

エサ変りなのか、濁りのせいなのか、、、、、

ただ、日が暮れてくるとワームは喰わなくなって。

タク山本さんはバチ抜けには少し早いけれど、アオムシで攻めてみるとかで。

D山本さんはアオムシとシラサの混合。

ボクはシラサだけ。

果たして、昼間は喰いが立たなかったシラサで喰いが立って、、、、。

ベタ底狙いで、時にはダブル、、、、

アオムシはまだ早いのか、、、、齧られるだけ。

竿終いの8時30分までシラサで喰いが続いて、、、、釣果は15匹。

竿頭でありました、、、、、って、両隣の山本さんのお蔭です。

ありがとうございました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

冠島で五目釣り・・・・マダイが欲しいねん!?

2015年04月20日 | 無駄無駄庵日記

             

胴突き仕掛けで五目釣り。

午前9時30分、西舞鶴のあいぶん丸で港を出て、冠島(若狭湾)まで50分くらい。

水深60m、、、、、

潮が早い、、、、、

一投目、オモリが底に着いて、、、、エサを振り出す、、、、

と、竿先がゴンゴンと締め込まれて、、、、、

いきなりですやん、、、、、

ラインが船の下に入り込んで、、、、、

なおも、ゴンゴン、、、、、何が来たのか、、、、、

、、、、、、、しかし、取り込みでオマツリ、、、、、

バラシ、、、、、

あちゃ~~~

次も同じ状態で、バラシ。

あちゃちゃ~~~

        

ポイントを変えて、ようやくハマチ、、、、、いや、ツバス。

        

森岡さんに、アジ、、、、、、

五目釣りやけれど、メインはアジ。

それに混じって、沖メバルやウマヅラハギ。

底を狙ってガシラ、、、、上手くいけばアマダイ、アコウ、、、、、

美味しい魚が釣れるけれど、やっぱりマダイが欲しい。

         

と、これはチダイ。

仕掛けの全長は9mほど。

8本バリの一番上に喰っていて、下バリの4本がエサを獲られている。

ということなら、4mほど底を切ればエサ取りを交わせる。

そして、マダイのタナはチダイより上層。

そう判断して、タナ取り、、、、、

しかし、反応はゼロ、、、、、、

、、、、、、船が大きく移動して、どうやら本格的にアジ狙いの様子。

ボクの席は左舷ミヨシ一番。

潮が右舷トモに向かって流れて、、、、、

そうやね、完全に撒き餌係り。

竿終いの6時30分、、、、

ツバス、チダイ、ウマヅラ、沖メバル、アジ、、、、それぞれ2~3匹。

五目釣りやから、五目達成、、、、、、

って、そんなことよりマダイが釣りたかった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギ・・・・めでたしめでたし!?

2015年04月15日 | 無駄無駄庵日記

尾張屋から船を出して、矢尾さん達とカワハギ狙い。

天候不順が続いていて、何度か日延べになって、でも、この日も日ノ岬沖は波が高い。

水温が少し上がったけれど、あいにくの下り潮。

水深が40mくらい。

底を取って叩きをいれて、、、、

這わせて、、、、、

三流し目くらいにコココンとアタリ。

ようやく1匹目、、、、、

でも、矢尾さん(写真)はすでに5匹くらい、、、、

順調に釣り上げて、順調に差が開いて、、、、、結果は22匹でぶっちぎりの竿頭。

こちらは松村さん、、、、、

誘いを入れながら、この日のパターンは掴んだけれど、あえて違うやり方で攻めてみる、、、、、タテの釣りをやってみるとか、、、、。

ボクとは次元の違うカワハギフリーク。

後半、松村さんはこの日の彼の喰わせパターン、2段オモリに変更して、18匹、、、、2番頭。

ボクは中オモリだけで、這わせてゆっくりの誘い。

ポツポツと釣れて、、、、、

そうそう、船に乗り込むとき「ブログ見てますよ~~っと」釣海さん達が声を掛けてくださって。

お遭いするのは2度目かな、、、、前回は鳴門のキス釣りやったかな。

んでもって、釣海さんのブログにもこの日のようすがアップされてますよ~~♪♪♪

で、ボクの釣果、、、、、10匹。

最後の流しに入るまで、7匹。

2段オモリに変えて、、、、パタパタと2匹追加。

あと1匹でツ抜け、、、、、

コツン、、、、、竿先が弾かれて、、、、、外れ。

ああ、、、、ツ抜けもならんのか、、、、、

と、諦めきれずにエサを付け直して、、、、、底取り。

這わせた仕掛けを誘い上げると、グイッと反応、、、、、

そのまま巻きあげて、、、、、でも引きがオカシイ、、、、、

思った通り、、、、スレでした~~~~~

めでたしめでたし。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

半夜メバル・・・深場で?匹、浅場で?匹。

2015年04月05日 | 無駄無駄庵日記

           

4月2日、須磨の純栄丸で半夜メバル。

南風が少し強く吹く予想だったけれど、、、、凪ぎ。

船着き場を14時に出て、、、、、淡路島寄りで1投目。

水深が60mくらい、、、、ふ、ふ、深い。

しかも根が粗い、、、、、

仕掛けを何個もロスして、、、、

まだ潮が早いからね、、、、気いつけて、、、、と、船長、、、、、

このところのエサは、イカナゴ、、、、、

デカイのが来るかな、、、、尺超えが、、、、、

魚沢さんに、27センチくらい、、、、

潮が緩んで来て、、、、

船内で1匹、2匹と上がりだして、、、、

ボクも1匹、、、、28センチ。

直ぐに潮変り、、、、

ま、日中はこんなもん、、、、

須磨沖に帰って、、、、鉢伏山の稜線が闇に隠れるころ、、、、

水深が10mくらい、、、、あ、あ、浅い。

中垣さんに23~24センチ。

上バリに来たとか、、、、。

山本さんにも同じようなサイズ。

やはり尺超えは深場かな、、、、。

底を取って、1mほど上げていると、、、、ガガガガッと竿が引き込まれ、、、、

またもや、、、、ガガガガッ。

浅場だけにアタリも引きもダイレクト、、、、、

ようやく喰いが立って、、、ダブルもあって、、、、

ええぞ、ええぞ、、、、

でも、やがて浮いていたメバルが底に潜んで、、、、、

ジャミメバルがエサを突っつきだして、、、、

この日は、日中の深場で1匹。

暗くなって、浅場で9匹。

20時ころまでの釣果。

なんとか、ツ抜け、、、、

ようやった、と思うのですが、、、、。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加