無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

ノマセ・・・ヒラメ♪ヒラメ♪~と歌いながら♪♪

2014年07月30日 | 無駄無駄庵日記

アコウが終わりかけて、ヒラメがボツボツ喰いだした。

そんな情報があって、宮津・養老の裕凪丸へ。

エサは5~6センチと12~13センチほどのアジ。

ポイントは冠島近くの漁礁。

水深は75mくらい。

小さいエサはアコウ狙い。

大きいアジはヒラメ。

どちらも狙える、、、、、って、船長がいう、、、、。

今シーズンは40センチ超えをはたしていないので、チビアジで仕掛けを底へ。

途端にゴツゴツっとアタリ。

竿が引き込まれて、、、、、、来たか40オーバー。

しかし、アコウと違う感じ、、、、、???

船長がタモを構えて、、、、、、ヒラメ、ヒラメ、ヒラメ~~~と歌うように叫んで。

水面に、、、、、、近づいて、、、、、、よ~~し、よし、、、、、って、、、、、。

これ、デカエソのダブル、、、、、、タモを構えていた船長、、、、、タモを放り投げて、、、、、

ガックリ、、、、、、。

気を取り直して、、、、、チビエサを刺して、、、、、、竿先がゴツゴツっとなって、、、、、。

アコウと違う感じ、、、、、、ガックリ、、、、、エソ。

そんなことが3~4回続いて、、、、、、、ついに、、、、、、

アコウ、、、、、、喜び過ぎのようやけど、、、、、、エソに見入られた後だけに、、、、、ね!ご理解下さい。

で、写真奥の人物、、、、、西野さん

彼はデカアジでヒラメ一途狙い。

他の人がエソにやられたり、アコウを釣ったりしていても、、、、、、ヒラメ一途。

その結末は後に、、、、、、。

山本さんもエソに悩まされていたけれど、、、、、辛抱強く、、、、、、アコウをゲット。

デカイサイズは喰わなかったけれど、初トライとしては上々の首尾。

日置さん、、、、、、勿論ヒラメも狙ったけれど、根掛かりに苦戦。

らしきアタリはあったんやけど~~~と、リベンジ気分。

クンクン、クンとデカアジが逃げ惑う感触が竿先から伝わり、、、、、

そして、、、ヒラメがアジを捉えたのか、ゴツゴツ、グイグイとしたアタリに変わり、、、、、

まさにヒラメ四〇。

いやそれ以上待って、、、、、。

竿先にグ~~ンと負荷が掛かって、、、、なおも掛かって、、、、、、。

よっしゃあ~~

船長が再び、ヒラメ、ヒラメ~~~と歌いだして。

60センチクラス。

この前後にも2~3回ヒラメとやり取りしたけれど、これは思惑通りに取り込めた。

で、ヒラメ一途の西野さん、、、、、。

デカエサでヒラメを一日狙い通して、、、、、アタリ皆無。

終わり近く、ついに、デカエサが無くなって、、、、、、

仕方なくチビエサに、、、、、、竿先が弾かれて

うん、、、、、アコウかな、、、、、、リールを巻いて、、、、、、水面に、、、、、

ヒラメ、、、、、、55センチくらい、、、、、、

最後の最後に、、、、、エサ切れで諦め掛けたときに、、、、、、

だから笑顔がなんだか複雑、、、、、、、

自分でもビックリしてるようであります。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鉛スッテでアカイカ初トライ・・・・その感触は

2014年07月27日 | 無駄無駄庵日記

和歌山県美浜、濱ノ瀬港。

今日は鉛スッテでアカイカ釣り。

初トライです。

出船が午後5時30分。

まだ誰もいません。

早く着き過ぎました、、、、、って、4時30分着、、、、入れ込んでるんですよ!

一緒に行ったのは西野さん。

近ごろイカ釣りの魅力に取りつかれていて、頭の中はイカスミ状態。

従来のスッテをずらずらと付けた釣りと違って、アタリを合わせる鉛スッテ釣りにハマっています。

で、その釣りの面白さを体感させてくれるということなので、ひょこひょことついて行ってきました。

ポイントまで行程45分。

福丸の船長は「日がまだあるので、イカは底の方、、、、、、」

「やってみて~~」

赤白の鉛スッテ45グラムと赤緑の浮スッテ2,5号。

ラインはPEの0,6号。

とりあえず底に落として、バルケッタのカウンターが86m。

エッ、こんなに深いの??

巻き上げながら軽くしゃくって、、、、、、うん?うん?

竿先が少しお辞儀。

これが西野さんが言っていた、イカのアタリ???

軽く合わせて、、、、、乗った乗った、、、、、いきなりやん。

赤と緑のウキスッテを抱いて、プッシュ~~っと水鉄砲。

次も同じくらいのタナで、赤白に、、、、、ええぞ、ええぞ。

それにしても、タナが深い。

船に灯りが点いたら浮いてくる、、、、、、。

50mラインで、、、、。

西野さん、、、、、小さいな♪、と言いながらも笑顔。

そして、軽くツ抜け♪♪

15mラインで、、、、、う~ん、まあ、胴長20センチ超え。

この時の彼の仕掛けはテンビンにエギ。

仕掛けも竿もいろいろ使い分けて、さすがにイカスミ男子の本領発揮。

かなり浮いて来ましたよ、、、、ということなのでボクは25mラインを目安に誘い下げ。

まずは15mラインから、2m刻みにゆっくりとシャクリながら、降ろして、ステイ、、、、、。

アタリがない、、、、。

同じ要領で、しゃくりながら再び2m降ろす。

ステイ、、、、アタリなし。

それの繰り返し。

で、ステイを長くしてみると。

竿先がクンッと弾かれて、、、、、合わせ、、、、、よしっ、乗った。

アタリタナは23m。

次からはタナ決めをして、その位置で竿先をいっぱいに上げて、しゃくりながら降ろす。

、、、、、ステイ、、、、、長め、、、、乗った~~。

アタリが出ないときは、カワハギ釣りのような、叩き、、、、ステイ、、、、長め。

竿先がひったくられるアタリ。

押さえ込むアタリ。

浮くアタリ。

竿先のもぞもぞアタリ。

かなりの確率で合わせが効いて。

ダブル。

ダブル。

ダブル。

と、3連続。

この日は鉛スッテ初トライにして、43匹の釣果。

西野さ~ん、お蔭で合わせる(掛ける)オモシロさを充分に体感できました~~♪♪♪

また、ついて行きですよ~~♪♪♪

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ぎょえっ!?出掛けるときに気づきました

2014年07月24日 | 無駄無駄庵日記

朝、釣りに出かけるとき、なにげに玄関の明り取りを見上げると、枠の端っこに見慣れないモノがぶら下がっていました。

、、、、、、、????

                                                  

なに、これ。

                                              

よ~~く見ると、、、、、

ぎょえっ、、、、、、

これです。

蜂の巣です。

大きさはピンポン玉くらい。

いや、もうちょっと大きいかな。

2匹の蜂が出入りしています。

初めて見るモノではありませんが、あまりにも唐突、しかも、自分家の玄関に、、、、。

どうするかな、、、、、って、もちろん駆除するのですか、その方法がとっさに思い至らなくて。

その日、一緒に行く仲間は「叩き落としたら、、、」とかいうのですが、興奮して向かってきたら、ヤバイし。

、、、、、、、、、???????

夕方、家に帰って殺虫剤を探しました。

ない、、、、、?

防水スプレーは2~3本あるのですが、、、、、。

と、奥の方から金鳥の「アリキンチョール」が出て来ました。

その名の通りアリ駆除に使うモノ、、、、、、でも、いつ頃使ったモノなのか、、、、、、記憶にありませんん。

蜂にも効くのかどうか、、、、、。

とりあえず、玄関の扉に身を隠しながら、、、、、ぷしゅ~~、と噴射。

、、、、、、よ、よ、弱い。

ぷしゅ~~に勢いがない。

アカンアカン、ヤバイ、、、、。

2匹の蜂が興奮して巣の回りを飛びかって。

しかし、こうなれば、ぷしゅ~~を続けるしかなす術がなく、、、、噴射を続けていると、効くもんですね。

よろよろ飛びをしながら、お向かいの庭の方に飛んでいったのです。

チャンス、チャンス。

棒で叩き落として、足で蹴って、側溝へ。

水を流して、、、、、さよなら~~~。

しかし、飛んで行った蜂がまた帰って来ないかと、気になって仕方ないこのごろです。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

よ~釣れてます、メクリアジ

2014年07月21日 | 無駄無駄庵日記

純栄丸のHP、、、、、メクリがよ~釣れてるなあ~~。

そんな電話が宮定さんからあって。

それじゃ、行きましょ、、、、、、。

いつもの船着き場を2時に出て。

さっそく釣り開始。

              

途中の釣り具屋でチョイスしたサビキはこの二つ。

波止でやるサビキのハリス2号と、1,5号のオーロラピンクスキン。

メクリは底で喰う。

なので、仕掛けを半分に切って。

いきなりビビビッとアタリ。

?????

やっぱり丸アジ。

底へ着くまでに丸アジ。

根気よく仕掛けを打ち返して、、、、、、。

ぼつぼつと、、、、、メクリ~~~。

上がメクリ。20センチくらい。

下が丸アジ。

体高がぜんぜん違う。

大きくなると全体に体色がもっと黄色くなるとか。

で、メクリと丸アジの比率が1対9だったのが、徐々に5対5になって。

ときにメクリだけが喰って、、、、、また、丸アジが勢力を盛り返して。

  

               

背中合わせに座った、横山さん。

かなり波が高いけど、スタンディングでメクリを取り込んで、、、、。

下の写真は、同船者がメクリの神経締め。

身持ちがぜんぜん違うとかで、でも、全部はしきれません。

喰いが立っていて、、、、、、、忙しい。

そして、やがてジアイが遠のいて。

6時半ごろ竿終い。

これは横山さんの釣果。

46匹。

ボクは休憩しながらで、30匹くらい。

前回も言いましたけど、よ~釣れてますよ~~~早よ行かなあかんよ~~。

で、参考になるかどうか。

冒頭の写真、宮定さんが使こてた2mくらいの短い竿がいいですよ。

取り回しが良くて、取り込みがスムース。50匹は超えてたかな。

彼は付けてませんけど、硬めの竿なら1ミリくらいのクッションゴムを付けて。

ああ、そうそう、中乗りの社領さんは少し太い輪ゴムをクッションゴムの代わりにしてました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ノマセでアコウ・・・・釣り女子爆裂 (☆☆)!!

2014年07月18日 | 無駄無駄庵日記

釣場速報の船釣りクラブの集い。

この日は宮津養老の裕凪丸でアコウ狙い。

                

少し雨模様ですが、船上では仕掛け談義に、道具談義、、、、。

楽しいひとときですね~~

でもね~~

それも束の間のことなのですよ~~

一人の釣り女子によって男子達の笑顔は吹き飛ばされるのですから。

、、、、、、船は経ヶ岬を西へ走って、行程1時間超で中浜沖へ。

エサはアジ子とサバ子。

ワームを使う人もいて、まあ、ご自由に、、、という感じ。

で、冒頭の写真、、、、山本さん。

満面の笑みで、、、、、、いきなり40センチ超えのアコウ。

このところ40センチ超えはレアなサイズ。

たとえ一匹だけでも値打ちあり~~~。

雨が本格的に振り出して。

船がポイントをいくつも流し変えて。

西野さんにも30センチクラスのアコウ。

そうなんです、これくらいのアコウはわりと喰うので、船首に座った男子達はまあなんとなくゆったりモード。

ガシラを釣ったり、アワセ損ねたり、、、、、、

他人の釣ったアコウを冷やかしたり、、、、、、

トモで一人爆釣している釣り女子のことも知らずに、和やかモード。

で、どっか~~ん!

矢尾さん、、、、、、45センチ。

山本さんの40センチが霞んでしまいました。

そして、あろうことかイケスの中はアコウだらけ。

10匹くらいは入っているじゃないですか。

そして、そして、なおも40センチ超えのアコウを2匹釣って、、、、、40超えが3匹。

合わせて13匹。

ボクは10匹釣ったけれど、今シーズン40超えはゼロ~~~~(T_T)

ツワモノ男子10名全員泣き~~~(T_T)

釣り女子~~~爆裂~~~~(☆☆)!!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

船釣りファン必見の本が出ました

2014年07月14日 | 無駄無駄庵日記

つり人社から「関西船釣り最前線」という本が出ました。

名前の通り、関西の船釣りのフルシーズンを通した釣りモノが満載に紹介されています。

詳しく紹介したいのですが、マダイ、青物、タチウオのビッグ3ホットファイトを中心に、目から鱗の情報など、本を買ってもらってからのお楽しみということで、、、、、、

ちなみに、ボクは船釣り一年間の釣りものをビギナーさん向けに書いています。

ああ、それと、大事なコト、、、、、、、立ち読みせずに買って読んでください。

よろしく、です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

甲子園で応援のはずが、、、、。

2014年07月11日 | 無駄無駄庵日記

4月9日、阪神VS広島の一戦を応援に行ってきました。

このところタイガースは6連勝。

広島はやや下降気味。

仕事を終えたのが、午後5時。

甲子園のライトスタンドに着いたらタイガースが3対1でリード。

満足そうに仁王立ちしている、釣り業界紙のM編集者。

筋金入りの猛虎ファンです。

でも、その実態はやがて暴かれるのですが、、、、、、

ゴメスのホームラン、マートンのホームランなどで、6対1とリードすると、応援の箍が緩んだのか、、、、

姿が見えなくなって、、、、。

          

チラリとこんな光景があって、、、、、、。

あっ、その前に、、、、、、、。

この日球場に駆け付けたメンバー。

M氏、N氏、南村。

勝利は硬いと、余裕のポーズ。

         

と、売り出し中の梅野、、、、、、。

ヒットかと思いきや、、、、、、、、、残念。

でも、待ったかいがあって、チャンスを迎えて、、、、、、

振り向くと、、、、、、M氏とN氏が居なくなって、、、、、、。

                    

 

こんなことをしてたり、、、、、、。

おいっ、真面目に応援せんかい、、、、。

これが、目的、、、、、裏の顔。

席に戻って来た時は7回の裏のジェット風船飛ばし。

                  

 

          

雨が少し振り出して、この日の先発藤波も調子がよいし、、、、。

酔いどれ二人を残して、帰路に。

帰りの電車で、実況を見ると、藤波が打たれて、6対5。

ゲッ、、、、、。

ゲッ、、、、、。

家に着いてテレビのスイッチ。

ふぅ~~、、、、、、、、勝ちました。

これで、7連勝。

嬉しいけれど、連勝の反動が怖い、、、、、のであります。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ノマセでアコウ・・・・ ( ・ω・ )(´・ω・ )(´;ω; )(´;д; )ふぇぇ、、

2014年07月09日 | 無駄無駄庵日記

 

さて、さて、さて、7月6日、午前6時。

前回の予告通り、ノマセでアコウ。

船は里波見の一心丸。

気になるエサは、、、、、、、、、

、、、、、、、、、イケスに黒々と小魚が泳いでいるのですが、サバ子でも、アジ子でもなく、、、、、イワシ。

例年ならすでにサバ子が大半のはずなのですが今年はまだイワシ(カタクチ)。

それも、小さいイワシです。

予想的中!!って、嬉しくもありません T□T)

船は経ヶ岬を回って、間人沖へ。

水深は35mほど。

イワシを刺して、とその前にこいうこともあろうかと用意しておいたワームを使ってみました。

もちろん、生きエサに勝るモノはないのですが、、、、。

まずは胴付き仕掛けの下バリにヒラヒラ尻尾の発光ワームを。

上はシルエットくっきりの赤ワーム。

うん?、、、、使いかたが違うかな。

でも、まあ、、、、

底に着いて、、、、、ゴツゴツっと反応

    キタ━━━━(゜д゜)━━━━!!! 

上がったのが

アコウ。

でも、小さいです。

25センチくらい ∑(・Д・・)

その後は、ガシラ、ガシラ、イソベラ、ガシラ ρ(・・、)

上下のワームを入れ替えると、、、、、、どうやら発光ワームの喰い付きがいいみたい。

それも、下バリの時に。

潮が動いていないので、魚が底にへばりついているのかも。

で、他の人は、、、、、、

酒井さん、35センチ  ━━━(゜o゜〃)━━━!!!

植田さんも35センチ (; ・`д・´)

   

西野さん、30センチ Σ(艸ωФⅢ)ニャンっ!!!

浅井さん、35センチ超  (@ ̄□ ̄@;)ナンダトッ!

写真を撮っている場合ではありません。

なかなかいいサイズのアコウを釣り上げているじゃないですか。

でも、一時間ほどしてまったくアタリが途絶えました。

一流しの時間が長くなり、、、、つまり、潮がより動かなくなってしまったのです。

ワームを使おうが、イワシで攻めようが、両方刺してアピールしようが、、、、、無駄な抵抗。

イワシの2匹掛け、3匹掛けもやりました。

後半になって、漁礁を流して、、、、、チカメキントキ、、、、、植田さん。

群れにあたったのか、バタバタと釣れましたが、それも直ぐに終了。

メバルなんかも釣れて。

こんな可愛いマハタが喰いついて (☆☆)!!

 、、、、、リリース。

そして、ヒラメが来るかも、、、、という船長の合い図とともに、、、、、、

、、、、、、、、一流し、二流し、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ついにタイムアップ。

この日はクラブの人達13名でのアコウ釣り。

皆の釣果はガシラ主体に10数匹、うちアコウが3~4匹。

ボクも同じ。

ワーム使って、一人だけ爆釣り、、、、、、見事に外れたのでありました。

そして、次の日曜日は再びアコウ狙い。

でも、台風が、、、、、船は出るのか。

エサは確保できるのか、、、、。

タイガースは大丈夫なのか、、、、。

心配の種は尽きない。

   ( ・ω・ )(´・ω・ )(´;ω; )(´;д; )ふぇぇ…

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ノマセでアコウ・・・エサが小さい時はこれ (^_^♪)

2014年07月06日 | 無駄無駄庵日記

少し前、日付が7月6日に変わりました。

ムズムズと起きだして、もう少ししたらノマセでアコウ釣りに行きます。

でも、不穏な予感、、、、、、エサが小さいかもしれん。

サバ子にしても、アジ子にしても、、、、、まだまだ小さいかもしれん。

ということで、、、、、、、、これを、、、、、、ワームを用意しました。

サバ子やアジ子の代わりにハリに刺すのです。

   

ただし、この分野には素人です。

何がいいのかまったく解かりません。

周囲の人は皆エサ釣り専門ばかりです。

で、お店のお兄さんに色々訊いて、、、、、、

シルエットがはっきりするやつ、、、、、、左側。

深いところで発光するやつ、、、、、、、右側。

そんな程度の判断で選んだのです。

ただ、こればっかりは行ってみて、船のイケスを覗いてみるまでわかりません。

意外と大きいのが獲れてるかも、です。

そんなときはどうするか、、、、、、

う~~ん、せっかく選んだのですから使ってみます。

ボクだけ大爆釣かも、、、、、です (^_^♪) (^_^♪) (^_^♪)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

うんッ,この引きはメクリ?・・・・そして、メバルの釣果は?

2014年07月04日 | 無駄無駄庵日記

サビキを底まで落として、ときどき、大きく誘い上げる。

クククッとリズミカルな引きが伝わって、、、、、うんッ?

この引きはメクリアジと違う。

海面に上げて。

やっぱりな、丸アジやん  ρ(・・、)

メクリはなんというか、底へ底へ突っ込む感じ。

引きに重量感があるし。

純栄丸の午後便で船着き場を出て、この日は丸アジが多い。

そこで、サビキ仕掛けをを半分に切って、三本バリ。

連で来る確率は悪いけれど、底にいるメクリを狙い撃ち。

メバル専用竿を使っているので、口切れは少ない。

それでも、取り込みでポロリと落ちる。

大きい方が、落ちる  ρ(・・、)

メバル釣りの時間まで粘って、23匹。

でも、前回より数もサイズもアップしてるし、上出来かナ。

上出来やナ  ο(*´˘`*)ο

で、メバル釣りへ。

水深が10mくらい。

アオムシを刺して、底取り。

アタリがなかなか出ない。

ポイントを変えて、また変えて。

オウッ、竿先が、ギュギュンと持ち込まれ、ダブル  (ノ`◇´)ノ~┻━┻

メバルサビキの6本バリにアオムシを刺して、と思ったけれど、浅いしね。

ふつうの胴付き3本バリで。

隣の山本さん。

メバルの4匹仲間の山本さん。

今日は何匹、と聞くと、4匹という返事。ああ、ボクも4匹、、、、、、。以前にそんなことが何回か続いたことがあって、お互い「4」は鬼門の数字。詳しくはここを。

で、ダブル。

これで2回連続  (ノ`◇´)ノ~┻━┻

と、言うことは、4匹なのか。

いえいえ、このところ山本さんはそんなものではありません。

それにしても、アタリが遠い。

根が小さいのか、魚が薄いのか。

これは、ボクの釣果。

メバルは前回と同じで、4匹。

果たして、ボクだけ再び鬼門を潜ったようであります  (´`@)…(´`@)… (´`@)…

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

早くも蝉が・・・・でも

2014年07月03日 | 無駄無駄庵日記

7月3日。

雨、、、、、。

お向かいのブロック塀に、、、、、、、蝉、、、、、というか抜け殻というか、、、、

こんなふうに羽化したまま止まっている、、、、、、いや、息絶えている、、、、。

そうですよね、必死になってこの世に出てきたのですが、、、、、、アカンかったのです。

昼過ぎに帰ったときもこのままでしたから。

ところで、木の上で短い一夏を過ごす蝉の幼虫がなぜ土の中にいるのでしょうか。

答えは、、、、、、。

蝉は枯れ木などに卵を産みつけ、その卵が幼虫に孵ったとき、幼虫は木から下りて土の中に潜るのだそうです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加