無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

チョクリ・・・・不敗記録崩壊

2013年07月28日 | 無駄無駄庵日記

チョクリ(落とし込み・サビキノマセ)でマダイや青物を狙うのはスリリングでオモシロイ。

でも、例えばメバルやタチウオ、アコウ、マダイなどに比べると釣りに出かける回数は少ない。

回数は少ないけれど、行けば必ず結果が出ていた。

この日は和歌山県田辺・江川港の貴丸でビッグフィッシングの収録。

チョクリ釣り、と云うことなので二つ返事で出かけてきました。

なんせ、「チョクリは不敗」なのです。

港を午前5時に出て、田辺沖で流し始めます。

仕掛けはサビキ。ハリスは12号。

水深は70mくらい。

「40mくらいにベイトの反応があるよ~~」と船長の激。

リールをフリーにして高速で仕掛けを落として、45m辺りで竿先にビビビッと反応。

小アジがハリに掛かって、それが外れないようスローで底まで落とす。

待つ間もなく、メジロやブリが小アジに襲いかかり、竿先が激しく持ち込まれる。

竿を立てて、応戦。

タモに収まって、やった~~、、、、、。

釣り方はざっくりとこんな感じ。

別にムツカシくはない。

強いて云うなら、ベイトを喰わせるためのサビキの落とし込みのスピード。

目指す魚が喰った時のアワセのタイミング。

それくらい。

でも、この日はそう上手く事が運びません。

サビキに小アジが喰うのですが、それに喰いつくはずの青物の反応がでません。

         

こんな理想的なサイズのアジがサビキに掛かっても、反応がありません。

一流し、二流し、、、、、、やがて船がベイトを追う時間が長くなって。

だんだんとサビキへのエサの喰い付きが悪くなってきます。

その間幾度かのチャンスらしきものはあったのですが、10時頃になって、まったく反応が無くなり、それでも、カメラマンが横で待機していて、、、、、、。

そして、冒頭の写真。今井さんに船内初ヒット。

          

          

上がってきたのが、82センチのブリ。

これを、好機にと皆が竿先に集中し始め、再びカメラマンの「早よ釣って光線」を真横に感じながら、吹き出る汗と冷汗を拭ぐうことなく、午後1時、、、、、、「やめましょ~~」と船長の合図。

油断なのか、慢心なのか、ともあれ遂に「チョクリ不敗記録」が崩れ、放心状態に陥ったのでありました。

・・・・・・・・・ま、下手なんやね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ノマセのアコウ・・・・心残りながら

2013年07月24日 | 無駄無駄庵日記

終盤を迎えた経ヶ岬周辺のノマセアコウ。

職場の同僚の谷村さんと裕凪丸に行って来ました。

谷村さんはこの釣りが始めて。

職場で何度となくボクの活躍ぶりに憧れて(汗笑)、じゃあそのうちに、そのうちにと言いながら最終コーナーを曲がりきった今がラストチャンス。

オーシャンブルーで港を出て、冠島辺りで一投目。

ボクにいきなり喰ったのが40cmオーバーのアコウ。

谷村さんの驚きの顔を余裕で笑い流して(滝汗)、次の25cmほどのチビアコウをリリース。

谷村さんは根掛かりに苦戦。

それでも、なんとか釣れ出して、、、、、、、、

、、、、、、、40cm超えを達成したのが上の写真。

「来て、よかったあ~~」と喜んで貰って、ボクも責任を果たした気分。

それにしてもこの日は根掛かりが多く、ボクも苦戦。

かと、思えば、後半は船が流れずに、漁礁を攻めても、根掛かり皆無。

アタリが出るが喰い込まず、途中まで巻いて、すっぽ抜け。

「あと、二流しで終わりま~~す」とアナウンス。

でも、その二流しとも反応なし。

写真は一投目のアコウ。

この日の釣果は、9匹。

前回も9匹。その時に、次回は必ずツ抜けをと。

でも、それは来期に持ち越し。

心残りながら、まあ、有終の美なのかな、、、、、という一日でありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

youはnanimono?

2013年07月22日 | 無駄無駄庵日記

姫路沖でキス釣りをいていたとき、横で釣っていた船頭が釣り上げたものです。

「怪獣、怪獣、、、、、」とか言ってましたが。

youは何者ですか。

動物?

植物?

そして、これも。

ポッキーみたいな、youは何者ですか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジ&イカ&イカ鯛・・・・・果たして?

2013年07月19日 | 無駄無駄庵日記

アジ、ひょっとしてマダイを釣って、日が暮れてケンサキイカ。

そんな計画で福井県、日引から山幸丸で出たのが7月14日、午後3時。

西南の風がわずかに強く、でも、波はなし。

冠島が見えて、船がスローダウン。

水深が80mほど。

胴突きサビキ仕掛けにオキアミを刺して。

「ええ、アジが来るよ」「マダイも釣れるし」と船長。

で、いきなり、畔(くろ)さんにヒット。

着底後タナ取りをする間もなく、40cmクラス。

写真をとっていると、ボクの竿が舞い込んで、まるでマダイのような引き。

これも、同サイズ。

しかも、立て続けに4匹。

もう充分。

今度はマダイ狙いで、タナを少し上に。

2~3回仕掛けを入れ直しますが、反応がありません。

並んで釣った、植田さん。

順調にアジを取り込んで、ああ、アジのサイズに惚れ惚れしているようですね。

この日はクラブの例会で彼が何かと世話を焼いてくれました。

植田さん、ありがとうございました。

と、マダイ狙いの竿先にコンコンと反応。

来たかな、来たかな、、、、、、上がったのは30cmほどのマダイ。

そして、同じタナを狙って、でも、アキマセン。

やがて、日が暮れかけてイカ釣りタイム。

しかし、ここで、悪いニュース。

若狭湾一帯に突風と雷雨警報、いや、注意報だったかな。

いずれにしても、夜になって突然の気象変化は危険そのもの。

船長判断で港に近い高浜沖に移動。

        

船をアンカーで固定して、、、、、、小川さんに来た一匹目。

イカ鯛のエサに手頃なサイズ。

そうなんです、密かにイカ鯛を狙っていたのですが、ポイント的にはしんどいかなあ、、、、と云う感じ。

しかし、ボクにも同サイズのが来て、ひょっとして、と云うこともあるので、じゃ~~ん。

セット完了。

この日初使用のシマノの「舳」40号330。

わずかな望みながら、今か今かと待ち続けながら、、、、、イカも釣りながら、、、、、、竿先が舞い込む、舞い込む、、、、、ことは遂になく、、、、、、午後11時に竿終い。

それでも、良型のケンサキを釣って、アジもマダイも釣ったし、よしよしの一日でありました。

・・・・・・・・同時にイカ鯛とイカ。なんどやっても集中力が定まらず、二刀流は性に合わないのかな、、、、?

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

最近よく呑む日本酒

2013年07月16日 | 無駄無駄庵日記

釣って来たアコウを刺し身に、そして煮付けに。

ガシラは唐揚げに。

イサギは塩焼き、マダイは塩焼き、味噌漬け、酒蒸し。

で、最近それらを肴によく呑む日本酒が、これ。

    

長野県松本市にある酒蔵、大信州酒造の「仕込み四十八号・純米大吟醸厳選中汲み・生」

播州産山田錦49%精米。

買ったのは大阪駅前第2ビル地下1階にある地酒の店「山長梅田店」。

ふくよかな味と香り、生ですからボリュームがありますよ、と奨めてくれて、1升瓶で3780円。まあ、プチ贅沢です。

日本酒度は2度。酸度1,5度。

少し甘口かな、、、、、、と云ってもボクの味覚は歌と一緒でオンチ。

微妙な味を利きわけることはできません。

ボクにとって美味しいかそうでないか、ということ。

ともあれ、美味しい酒は呑み過ぎてしまい、あと少しで底を切ります。

また、注文しなくては、、、、、。

そして、肴を釣りに出かけなくては、、、、、。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

思う存分キスキスキス・・・釣場速報船釣りクラブ

2013年07月13日 | 無駄無駄庵日記

釣場速報の船釣りクラブの例会で姫路沖上島周辺でキス釣り。

中村丸の午後便に乗って、ポイントまで20分ほど。

水深が20mくらい。

エサはアオムシと石ゴカイ。

船長曰く、「オモリが底に着いたら底をこ突くように始終ちょいちょいと竿先を上下させる」とのこと。

エサがユラユラ揺れて、ブルブルっとキスのアタリ。

そのまま竿先を上げて、リールを巻く。

それがベストとか。

でも、それってむやみに誘ってたら喰ったみたいなことで、ボクには違和感あり。

キス釣りはここでアワスとか、送り込むとか、アワセの間合いを楽しむ釣り。

            

ま、それはともかく、木下さん家のお譲ちゃん。

釣り堀での釣りはよくやるけど、船キスは初めて。

いいサイズを釣って、ほんの少しの緊張顔。

          

こちらはお父さん。

写真を一枚、と申し出ると、、、、小さいわあ、、、、、、っとニッコリ、、、、、。

          

山本さん。このところ純栄丸でのタコ釣りが多いんです、とか、、、。

柔らかな短竿でキスのアタリと引きを楽しんで、、、、、でも、ちょっと小さい。

いえいえ、キスは大きさではありません。

コツッとしたアタリの強弱を俊敏に判断してアワス釣り。

それがキス釣り本来の醍醐味。

その結果、サイズが大きいか小さいかだけ。

          

でも、やっぱりね、、、、、これくらい、20cmくらいあれば嬉しいですよね、中島さん。

          

もう、30匹くらい釣りましたあ~~~と西野さん。

そうなんです、この日は潮が止まってもキスの喰いが止むことはなかったのです。

      

暑さに汗を拭いながら、何故かカバンを背負って、、、、、矢尾さん。

ムシエサ、大丈夫なんですね。立派に釣り女子です。

          

確か、国崎沖でヒラメを狙った時、一人勝ちだったような、竹原さん。

キスも好調ですね。 

          

森さん、、、、、、暑さに弱いねん、そやのに日当たりのええミヨシがクジ席やねん。

暑い暑いを連発しながらこの日は50匹くらい釣られたようです。

          

皮制のウエスタンハットがトレードマークの、南さん。

夏は麦藁バージョン。

ブログ、ときどき覗かせて貰ってますよ~~。

         

この日は海が凪いで、風が無く、暑さがいっそう増して。

でも、頑張る釣り女子、倉窪さん。

いいキスですやん。帰港後には「思う存分釣った~~~」と仰ってました。

夢は抱えきれないほど大きなのシーバスを釣ること、とか、、、、、。

        

ボクの横で竿を出してた、中村船長。

三連。

やる~~う。

          

キスはサイズではないとか、訳のわからんこと云うてた、南村。

嬉しそうなのは、口とは裏腹にいいサイズだからに違いありません。

ともあれ、皆が40~50匹ほど釣ったところで午後5時ごろに竿終い。

倉窪さんの言葉通り、それぞれが「思う存分釣った~~~」というキス釣りでありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近お気に入りのインスタントラーメン

2013年07月09日 | 無駄無駄庵日記

世紀の大発明、チキンラーメンが発売されたのが昭和33年(1958年)。

当時ボクは11歳。

以来54年間、マニアックにあるいは熱狂的に食べてきたわけではないが、まあ、いろんな即席麺を食べてきた。

それは、とにかく安い、そして旨い、、、、、もちろん贅沢を言えばその旨さに物足りないことはあるが、それは一個の品物に支払う金額を思えば妥当な旨さ、、、、、、、、、

、、、、、、、先日、近くのスーパーでレジ待ちをしていたらインスタントラーメンが特盛りされていた。

なにげに見ると「マルちゃん」のロゴが入っている。

「マルちゃん」はボクが信用しているブランド。

塩味と醤油味。

行列のできるラーメン屋で食べる時も、インスタントでも塩味が好み。

手にとって、ついでに醤油味も買った。

5袋入って338円。

一個割りで約67,6円。安いですやん。

袋に書かれた「生めんうまいまま製法」&「正麺」とはいかなるものか、、、、、学研の徒ではないので「ふ~ん、まあ、なんやろね」と云う感じ。

でも、袋裏には「生麺うまいまま製法とは、、、、、乾燥めんでありながら生の麺本来の味となめらかでコシのある食感が楽しめる」とある。

で、3分間鍋で湯がいて、麺がほぐれてきて、丼に液体スープを入れて、そこへ鍋の麺を入れる。

麺はノンフライで生麺をそのまま乾燥。太さは「中太」で適度な縮れ具合。

その日は塩味。

あくる日に醤油味。

いずれも個性的な味と云うのではなく、逆に言えば液体スープをベースに調味料を塩梅して自分味を作れる。

で、ボクは塩味に昆布茶をいれて、、、、、塩味昆布茶ャ~~で塩味の勝ちィ~~。

そして特筆すべきはいずれも麺の食感が今までのと随分違う。

ツルッとしてコシがある。これが一番のセールスポイント。

行列のできるラーメン屋さんのと変りなし。

支払い単価云々を遥かに超えて、この値段でこの旨さ、、、、、さすがにマルちゃんブランド。「生めんうまいまま製法」だけのことはあると感心しきりの日々なのであります。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

活けのオニオコゼ

2013年07月05日 | 無駄無駄庵日記

スーパーの鮮魚コーナーの水槽になにやら黒茶色の塊が沈んでいます。

「あれ、何?」

と、家内が言いながら、ボクも覗きこんで。

「あっ、オコゼ」

少し前、ボクの思い込みでブログに誤ったことを書いた「オニカサゴ&オニオコゼ」の失態。

写真を撮って、これがオニオコゼ。

それにしても、ホンマに不細工な姿態をしています。

でも、味は逸品。

この魚屋さんは泉南方面からの出店。

と云うことは、このオニオコゼは多奈川の栽培漁業センターでやっている稚魚放流のオニオコゼかも。

背開きにされた23cmほどのがパックに入って、850円。

安いのか、高いのか、、、、、ようわからんけど、なんとなく「ご縁」を感じて2パック買って。

一匹は定番通りに唐揚げ、、、、、やはり、美味しいですね。

あと一匹は、酒蒸しにと思ったのですが、家内が唐揚げがエエと云うので、それも唐揚げ。

ペロリと食べて、明日も買おか、、、、、、。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

完全フカセ・・・・遂にラインが走った!!

2013年07月01日 | 無駄無駄庵日記

昨年の秋口に完全フカセ用のリールとして買ったシーボーグ500FT。

以来なんどか使っているがそのたびにラインが走ることがなかった。

つまり、釣れなかったのだ。

もちろん、それはメーカーの責任ではなく個人の資質、ウデのモンダイ。

で、6月26日。

福井県美浜・丹生沖で何度目かのフカセチャレンジ。

雨の予報がピタリと当たり、午前6時、ポイントに着くと同時に本格的に降り出した。

かつ丸の船長は「少し潮が早いかも、でもやってみましょ」という。

ボクは左舷胴の間。水深は68m。

南寄りの風が強い。その影響なのか上潮だけなのか、ラインはトモの方向に流されて行き、とりあえず150mほど送り込む。

先に流したトモの人が仕掛けを170mで回収。エサが残っている。

では、というのでボクはそのまま200mまで流し、回収。

巻くにつれて糸ふけがなくなりややミヨシ寄りから上がって来る。

エサが残っている。

その間、右舷胴の間でテンビンフカセでやっていた森川さんにアタリ。

チダイのダブル。

その後もアタリが続き、でも上がって来るのはチダイ。

タナが深いのかも知れない。

写真はボクのシーボーグ500FT。

雨に打たれて孤独って感じ(笑)、、、、、、サルカン調整をしながらいくどか仕掛けを流し、150mラインがどうやら境目と見当をつけて流し止め。ラインを巻いてくるとクイクイっと竿先に魚の反応。25cmほどのチャリコ。

そして次も同じように訊きあわせの感じで、チャリコ。

ええ、これってフカセ釣りと違いますやん、、、、、、。

でも、そのうちに「走る」。

走る、走る、ラインが走るううう~~~。

ホンマに走りました。

水しぶきを上げてと云うほどではありませんが、ピピピピ~~ッとアラームが鳴って。

35cmほどのマダイ。

続けて同じサイズ。

でも、アタリの出るメーターポイントはマチマチ。

こんな日はアキマセンね。

この日の釣果。

マダイ、イサギ、チダイ、ウマヅラ、、、、、とにもかくにも不調ではありましたが、シーボーグ500FTに変えて以来、遂にラインが走ったのでありました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加