無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

ことし一番よく使った竿とリール

2012年12月30日 | 無駄無駄庵日記

いよいよ今年も余すところ今日を入れて2日。

家の大掃除もあらかた終えて、あとは釣り具の整理を残すのみ。

あれやこれやと来し方に思いを馳せていると、あっ、そうそう、ことし一番よく使った竿とリールは!!!???

というわけで、ことし一番よく使ったのは、写真の組み合わせ。

リールは使い慣れた「ダイワ・シーボーグ300FB」

ずっと前のダイワのフラッグシップ。ウンウンと唸りながら、時には楽勝に巻きあげて。

竿はモーリス社の「VARIVAS・シーステージ LTヒラメ  210・6:4」

関西では馴染みの少ない竿ですが、日本海でのイワシノマセでアコウやヒラメ。

瀬戸内・須磨でのタチウオ釣り。

国崎沖のウタセマダイに。

ああそういえば、これの7:3タイプは加太での疑似餌マダイに。

ヒラメ竿でありながら、用途の広い竿。オモリ負荷は20~80号。

竿先の感度の良さは、例えば、それまでのタチウオ釣りでは出せなかったアタリをキャッチ出来、華奢な感じのする胴で強引なタチウオの引きもなんのその、2m10cmという短さが一日手持ちの釣りでは楽な竿捌き。

この竿を使うようになって、タチウオの釣果も結構伸びて。

ああ、でも、この竿だけではありません。各社のヒラメ竿は用途が広いのではないですか。

シマノの「海攻ヒラメりミッテッド」もダイワの「リーディングXヒラメ」もいろんな場面で魚種を限らず愛用していますし。

メーカーの戦略に踊らされる訳ではないですが、いろいろ使って、自分にフィットした竿が見つかるのは嬉しい限りです。

でも、だからといって、釣果が約束されているわけではないのですね、、、、、

、、、、、嗚呼、と溜息の出ることの多い一年でありました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

加太・疑似餌で睨みダイを・・・・

2012年12月28日 | 無駄無駄庵日記

加太の小嶋丸で睨みダイを釣ろうということで、27日、新川さんと行ってきました。

以前にも何度か挑戦しているのですが、なかなか思うような結果がでません。

釣る人は釣る、のですが、、、、、なんせ、ビニール片がエサですからタイが喰えても異変を感じると喰い込まずに直ぐに離してしまいます。

この日は同じ思いの人が多いのか、ボクラは弟さんの船。

写真でピースサインを送ってくれているのは、久保さん。かなりの腕前で、、、、ああ、一緒の船にならんで助かりました。

6時過ぎに港を離れて、加太湾へ。

北西の風に強い地域で、でも、今日はこの時期にしたら珍しいくらいの凪です。

水深は25mくらい。

底取りをしたらリールを8回巻く、これが船長の指示。

8回巻くとはその間にアタリが出るということ。

そして、1投目からアタリが出て、30cmくらいのを取り込むことができました。

続いてアタリ、、、、、いえ、これはマダイではなくハマチ、、、、、それも、ダブル。

丸々と太って、、、メジロと言ってよいくらのも混じります。

そして、またもやアタリ、、、、、今度はマダイ、、、、それも55センチと30センチのダブル。

なんだかいつもと様子が違います。

こんなに頻繁にアタリが出て、タイを取り込むなんて、、、、ちょっと調子が狂います。

新川さんはトリプルでマダイ。

新川さんにしてみれば珍しいことではないかもしれませんが、ボクにはえええええっっと、言う感じ。

新川さんです。睨みダイにはうってつけのサイズです。

ただ、船長が言っていたように夜が明けきってしまうと、極端に喰いが悪くなって来ました。

潮が緩み出したのです。

ときどき、アタリはでるのですが、ゴゴンッときてそれでお終いです。

9時過ぎ、誰にもアタリが出ません。

10時ころになって諦めムード。

30分ほど粘って、納竿。

写真は新川さんの釣果。マダイが9匹とハマチが5匹。大漁です。

ボクは朝のジアイで掛けたマダイが5匹とハマチが5匹。疑似餌マダイの素人としては上出来であります。そして、正真証明で一年の竿納めでありました。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ええっ、クリスマスプレゼントってかあ!

2012年12月25日 | 無駄無駄庵日記

クリスマスプレゼントって、、、、釣り具ではありません。

ボクの身長は176センチ。

体重は80キロくらい、たぶん、最近計ってませんからああ

後ろから見ると、とりあえず、足の長さは別にして、まあ、普通の人間。

でも、前、あるいは横から見ると腹がボッコりでて、とても不細工。

それを何度も特に女子友に指摘され、もちろん自分でも自覚しています。

で、「アブストロニックX2」を買いました。

クリスマスプレゼントの自前です。(トホ)

テレビ宣伝しているやつと同じかどうかしりません。

そして、写真のような腹筋の割れ目が欲しいわけではありません。

普通の、腹周りになればそれで充分なのです。

梅田のヨドバシカメラで7千円ちょっと。

魚釣りでエサをつけるとき、船べり近く俯いて、、、、、、ああしんど。

写真を撮るとき、低いカメラアングルで、、、、ふうしんど。

そんなんが解消できるくらいになればいいんです。

なれるかな??????

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

須磨・・・・タチウオまだまだ釣れそう

2012年12月22日 | 無駄無駄庵日記

21日の小潮、、、、、、、というか、このところタチウオはすっかり小潮狙いになってしまいました。

純栄丸で船着き場を離れたのが6時過ぎ。

最初のポイントは水深が40mほど、、、、、えっ、、、、、もっと深いところを期待していたのに、、、、、

でも、タチウオは果敢にアタック、、、、、、いえいえ、出船前に船長が「チョンやで、チョン」「それを見逃したら、次はない」「即アワセやでえ、、、、」

ところがそのチョンがけっこうあって、坂本さんもボクもポンポンと釣り上げ、写真のはメーターを超えて、、、、よく太っています。

これもドラゴンとまではいきませんが、メーターを超えて、、、、、いい感じで、たぶん今年最後となるタチウオ釣りです。

しかあああああし、突然アタリガ遠のきました。

船はすでに80mラインを流しはじめ、いわゆるビッグチャンスの時間帯なのですが、アタリが出ません。

たまに、チョンとあたって。

えいっ、くそっ、とアワセてもテンヤに掛かりません。

こんな時は休憩に限ります。

トイレに行って、おにぎり喰って、船長と無駄話して。

もうすでに釣果は10匹を超えて、まあ、この時期としては充分です。

とは言え、そうです、ドラゴンが欲しいですね。

リールが巻けないくらいのタチウオの引きを~~~~

で、やるんですね、ボクは。

ここイチで、120センチ。

70mぐらいでチョンとアタッて、そのままステイ。

またチョン、いえ、ヂョンくらいのアタリのあと、竿先が微妙に浮いて(これ重要ポイント)、、、、、ここがアワセのタイミング、、、、たぶん、、、、、、どや、どや、、、、

ゴンッ、とした重みが伝わって、、、、、、絶対ドラゴンに違いありません。

ちょっと慎重に、、、、、、あと50m、40m、、、、、、、20m、10m。

冷や冷やしながらタモですくって(初めてです、ムツカシイですワ)、、、、、どや顔でタチウオ納め。

27匹の釣果でありました。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

完成するのか・・・・吊るし柿

2012年12月19日 | 無駄無駄庵日記

干し柿に向いた品種は長野県伊那盆地産の市田柿、富山県産の三社柿が知られています。

雨露を避け、通風をよくするために、柿を結んだ紐を家の軒先などの屋根の下に吊るして、乾燥させる。この製法から、「吊るし柿」(つるしがき)とも呼ばれる。

というわけで、何を思ったのか、スーパーに置き忘れた自転車をとりにいったついでに、吊るし柿用の柿、、、、、産地は不明、、、、を買ってきて、、、、、、二個だけですが、、、、、皮を向いて、家の軒下に干しています。

吊るし柿は家内の好物。

自分の好きなモノは手間暇を惜しまず熱心に作ります。

しかし、吊るし柿作りは相当にムツカシイのではないのかな、、、、、、

気が付けば途中で放り出して、いつのまにやら諦めることになり、スーパーなどで完成品を買ってくる、と言う公算が強いようにおもわれてなりません。

でも、柿がどのように変化してゆくかを見るのは楽しみではありますが、、、、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなん釣りました??

2012年12月15日 | 無駄無駄庵日記

少し前、冠島へタイ釣りに出かけた時、こんなん釣りました。

といっても、ハリにオキアミをさし、順番に海に落としていると、手元にグイッと引っ張る反応。

あれ、オマツリかいな、、、、と思っていると、回りの人は無反応。

ハリスを手繰り寄せると、クククっと魚の引き。

ハリスでぶら下げて、そばにいた釣速の松村さんに聞くと、さっそくスマートフォンで検索。

「アミメモンガラとちゃいますか」

群遊して、エサ取りとして活躍。

美味しいのかな、カワハギの仲間やし、、、

キモは、、、、、

毒やったりして、、、、、

帰って「ぼうずコンニャク」で検索しても載っていません。

釣りサンデー刊「さかな大図鑑」にはモンガラカワハギ科の魚として、釣り味は赤い★が一つ。つまり釣ってもオモシロくないという評価。

食べ味は黒▲が一つ。つまり食用にならないか、解からない魚という評価。

エサ取りであって、たぶん旨くない魚。

釣り人にとって天敵というか困難な存在、、、、、で、こんなん釣りました、というわけであります。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

タチウオ・・・ひさしぶり、でもないか?

2012年12月12日 | 無駄無駄庵日記

12月7日、須磨純栄丸でタチウオ釣り。

潮は小潮。旧暦の10月24日。10日の潮です。

きっと釣れます。風が吹いてしばらく出てませんんから、きっと釣れます。

水深は90m。小潮ならではの深場を攻めます。

しかし、アタリは小さいですね。それを見逃すと、もうアキマセン。

小さなあたりを合わせるのではなく、次の節のあるあたりを出させる工夫がいります。

フンとしたアタリをコン、あるいはゴンゴンとしたアタリに変えさせるのです。

アタリの場所で止めてみる。

少し誘い上げる。

しゃくる。

ふたたびリ-りんぐ。

あの手、この手で攻め誘い。

たまに追って来る奴もいますが、ガツガツではなく、フンフンとした感じの喰いかたで追ってきます。

時に竿先がふわりと浮くというか、もぞもぞっとするときは即アワセ。

それを感じ取れる竿の調子にもよりますが、、、、、即アワセ。

あまり曲がり過ぎる竿はムツカシイと思いますが、それはそれでの釣り方があります。

とにかくこの日はアタリが小さく、というより、うん、なにか変、竿先で感じるテンヤのオモリ以外の負荷がかかったような、浮いたような、そんな異変を感じてアワセを入れる、

ぐんッとした重みが竿先にかかり、おう、きたきた、のったのった、と言う感じがほとんど。

朝一番からポツポツ喰わせることが出来て、ボクの釣果は20匹。

ドラゴンは居ませんでしたが、メーター超えを2~3匹。

そして、どのサイズのタチウオもよく肥えていて重量感のある引きを堪能することが出来ました。

次は、12月の小潮廻り。23日の長塩。24日の若潮などは狙い目かもしれませんね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

季節の旨味・・・・釣りの帰りはこれを喰う

2012年12月10日 | 無駄無駄庵日記

国崎でデッドスポットにハマったヒラメ釣りの帰り、釣速船釣りクラブの人達と焼き牡蠣を食べに、、、、、、

途中に寄った小島水産の庭で、焼き牡蠣の煙に涙をながしながら、そして、この時期ならではの旨味に涙をながしながら。

ホント、旨いですね。焼き立ての牡蠣は。レモン汁をかけてもよし、そのままでもじゅわ~~と旨さが口の中に広がり、でも、ホンの少しヒラメのデッドスポットが浮かんできたり、、、、、、それを打ち払うように腹いっぱい食べて、、、、

           

牡蠣を開けるのはちょっとしたコツがいるのですが、、、、、中の汁がこぼれると、せっかくの熱さ避けの軍手に汁がこぼれて、、、、熱い熱いが倍になって思わず牡蠣を放りだしそうに、、、、、

           

焼き加減も大事。焼き過ぎると、水分が抜け、かたくなりますが、これは大粒で旨そうな仕上がり。

西野さんにその旨さを顔じゅうで表現してもらいました。

牡蠣の熱さも、焚火の温もりも、吹く風の冷たさも、煙で出る涙も、そしてそれぞれの釣り談義も、、、、み~んな含めて楽しいひとときでありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラメ釣り・・・・デッドスポットにはまる

2012年12月06日 | 無駄無駄庵日記

11月28日、釣速クラブで国崎沖のヒラメを狙いに行ってきました。

お世話になったのは宏漁丸。

午前5時30分、解禁間もないということで、国崎港の船には明かりが煌々とつき、よっしゃあああ、ヒラメや、、、、いくぞおおおお,、、、、釣ったるぞおおお、、、、、

         

仕掛けは孫バリ式。掛かったヒラメは逃がさんぞおおお、、、、一撃やぞおおおお、、、、、

 

          

これを本バリは鼻掛けにして、孫のイカリバリを腹に通す。オモリは60号。水深は50m。

オモリが底に着くと50cmほど底を切る。そして、待つ。

         

日が昇りかけて、ああ、いつどこで眺めてもよ~し、釣れるぞおおおお、と言う気にさせてくれます。

一匹目は、宮定さん。照れながらの顔は写真で見るほどビッグサイズではないでえ~~ちいさいでえ~~、というどやの混じった笑顔。

右舷ミヨシでも来たようですが、バラシ、、、、、アカンがな、、、、、、ほんま、、、、、大事にせな。

夜がすっかり明けて、トモの方に45センチくらいのヒラメ。

ボクにはなんの反応もなく、仕掛けを回収すると、イワシが元気に上がってきます。

ときどき、根掛かり、、、、、中乗りさんの「そんな大きなタモはないで」という冷やかしが入り、、、、

隣の植田さんにも、、、、、、50cmくらいのヒラメ。

風が相当につよいのですが、少し白波が立つ程度でコンディションはいい方。

この日最長寸の57cmを釣った、、、、、、まだ2回目のクラブ釣行なのでお名前がわかりませんが、、、、前回のタチウオ釣りでもご一緒した方。いずれ皆が親しくなっていくのでしょうね、、、、、、当然か、、、、。

ということで、ヒラメはあちこちで上がるのですが、ボクには一度のアタリもなく、11時過ぎに納竿。

11人の平均釣果は1~3匹。

対象魚がなんであっても、ほんとうに久しぶりのオデコ。

デッドスポッに深くはまった一日でありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

超辛口の日本酒・・・・・小富士

2012年12月04日 | 無駄無駄庵日記

             

松山で写真展をやったとき、地元の俳句仲間と飲み交わしたお酒がこれ。

愛媛県東温市志津川に酒蔵のある島田酒造のお酒。

日本酒度、+12度。

口に含んだら、すっきりとした旨味だけが残り、料理の邪魔をしないという感じ。

火入れは一本一本湯煎による加熱・殺菌を行う瓶燗(びんかん)を行っているとHPで紹介されています。

松山市内、銀天街の外れにある豆腐屋を兼ねた酒屋で一本だけ残っていたのを22日にを買いました。

こういうのも地方に行ったからこその楽しみ。

「小富士」という酒名は、蔵からかなたに見える松山沖の興居島「伊予の小富士」にちなみ命名されたとのことです。

豆腐屋を兼ねた酒屋の主はカリカリに冷やして呑んで下さいと言ってましたが、もちろんそのつもりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冠島ではしゃいできました。

2012年12月03日 | 無駄無駄庵日記

                          

11月28日、釣り場速報の企画で「日本海鯛釣りダービー」と言うのに参加してきました。

現在の記録は82センチ。

まあ、軽く越せるで、それくらい、ねえ、、、、、などと相槌を求めながら午前9時に西舞鶴のこうち丸で出船。

天候がよく、海霧が出ていて、波もこの時期にしてみれば穏やか、穏やか。

テンビンズボで最初におおっというのをかけたのは釣速の編集者の松村さん。

60センチほどのヒラマサ、、、、いえ、中マサです。

エサ取りが多く、なかなかタナが見つからなかったのですが、何度か打ち返しているうちに先バリだけエサが取られるようなタナが見つかりました。

ハリスは8号。4本バリで15m。水深が55m平均。

タナは40m辺りで、うん、間違いなく喰う、、、、、はず。

そして、思惑通りボクにもヒラマサ、、、、、、です。

タイがほしいのですが、宮定さん、松村さんが30cmチョイのを釣っただけ。

82センチを超えるにはかなり厳しい状態。でも、船内は活気に溢れ、船長もタモを抱えて大はしゃぎ。

宮定さんにも、ヒラマサ、、、、、これは少し大きく、、、、、まあ、ヒラマサです。

夕方近く、風が落ちて海が少し凪いでkました。

他の同船者も同じような感じで釣果を出しています。

ハリのエサは相変わらず、先バリ、2番バリが取られて、、、、、、タイが来そうな、来てもよい時間なのですが。

エサのオキアミをカゴに詰めながらそんなことを漠然と思っていると、竿が舞い込み、

来ましたよ、来ましたよ。

マダイです。50オーバーくらいでしょうか。これがこの日の最長寸。

あとは40cmクラスが2匹。ハマチが1匹。それとヒラマサ?が1匹。

荒れる日本海、この日はすぽっと空いたように好天気。

たぶん、もう、今年は日本海でのマダイ釣りは終了、、、、でしょう。

よい日にあたって、そこそこの釣果、贅沢をいっては、後々の釣りに差し支えるのであります。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加