無駄無駄庵日記

釣って釣られて釣れ釣れ日和。
無駄を重ねて日が暮れる。

ウメイロを狙ったけれど・・・・和歌山県・見老津沖

2017年05月20日 | 無駄無駄庵日記

3月に和歌山県・見老津でジャンボイサギを楽しんだ仲間が居て、イサキ混じりにウメイロも少し釣れたとか。

5月になったら行きましょ、、、、、

行きましょう、、、、、、

その名の通り、梅の実が熟す頃が旬やしね、、、、、、

脂がのってめちゃ旨やしね、、、、、、、

 

と、言うことで5月19日に見老津の黒龍丸へ行ってきました。

実はウメイロ専門狙いは初めてなんです。

で、釣り方を予習してみると、、、、、、

オキアミを撒き餌、刺しエサにした流し釣り。

仕掛けは天秤フカセ。

船長の指示タナよりハリスの長さ分ラインを出して、指示タナまで巻き取る「タナ返し」。

ハリスは、というか天秤、オモリ、ハリスなどすべて黒龍丸が用意してくれて、、、、、

おまけに撒き餌カゴからオキアミの出る分量の調節まで船長がセット。

楽ちん、楽ちん、、、、、、

ではなく、、、、、、

それだけ難しいというか、シビアというか、、、、、、

ウメイロは胃袋が小さいので撒き餌量が過ぎると直ぐに口を使わなくなるとか。

午前5時に港を出て、、、、、

ポイントまで15分くらい。

船長の指示タナは25m。

ハリスの分8mプラスして33mでタナ返し。

25mまで巻き取って、エサを振り出す。

二流し目で竿先がゴツンと入って、、、、、、

   

小ぶりのウメイロ、、、、、、1匹目

背中が梅の実の熟した色に似ているのでこの名が付いたとか。

でも、見た限りではあまり旨そうな色模様ではないですね。

しかし、昨日は船中で1匹しか釣れなかったとかで。

それがすぐに釣れたのは、、、、、、大漁の予感。

D山本さんに、イサギ。

中サイズですね。

これくらいのがポツポツと釣れるのですが、、、、、

本命は???????

森岡さんの竿がグングン締め込まれて、、、、、

良型のウメイロか??????

って、残念、、、、

サンノジ、、、、、、、良型ですけど。

この日、サンノジが絶好調で、僕には釣れなかったですが一人2~3匹。ダブルで釣り上げた人もいて、、、、、。

あめちゃん、、、、、

ようやく、ウメイロ、、、、、、1匹目。

十川さん、、、、、、

ウメイロ、、、、、、、1匹目。

D山さん、、、、、

ウメイロ、、、、、1匹目。

そして、ウメイロはこれでお終い。

後はイサギやグルクンが数匹釣れて、、、、、、

初ウメイロ釣りはタナ取りの繊細さもアタリの出し方も分からず終いで、11時過ぎに帰港となったのでありました。

・・・・・残念!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイラバ・・・・こだわりの... | トップ | 冠島周辺のアコウ釣り・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。