ほぼ、たんたん日記。

まったりとした日々の記録。

食と萌の旅 余話

2017年06月09日 | 日記
常磐道を走ってゆくと、右手に福島第一原発。

高速道路にも放射線の測定値。
前後に走るのは除染土を運ぶトラック。


帰宅困難地域を抜けてゆく。
そして宮城へ。

結婚してはじめて住んだのは仙台だった。
すぐに妊娠して、右も左もわからない土地で子供を産んで、
息子が3歳になるちょっと前まで暮らしていた。

実に約20年ぶりに、そのころ住んでいたアパートを見に行ったのだ。
まだ建っていた。
すごくすごく小さかった。

結婚生活も子育ても、
なにもかもが初めてで、知り合いもいなくて、お金もなくて、夫の帰りも遅くて。
あのころも半ノイローゼみたいになりながら、
何とか頑張っていたっけなぁ。
思いだしたらちょっと泣けてきた。

旅行の間はまったく耳鳴りは起こらず。
帰宅して、息子のマイナスオーラを浴びていたら再びボコボコが。
分かりやすい(汗)

20年も経って、わたしはなーんの成長もしてないなぁ。
むしろあの頃の方があがいて、もがいて、頑張っていたような気がする。
この諦念は、歳のせいなのかしらん。

ま、でもいいや。
これも悪くない。

いい旅でございました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 山形・食と萌の旅 萌編 | トップ | とりあえず書いておこう »