ほぼ、たんたん日記。

40も半ばを過ぎました。まったりとした日々の記録。

お片付け

2016年10月13日 | 日記
ドラマ見まくりでしばしの憂いを忘れたので、
(やらなきゃ)と思っていたことをする。

義実家に様子見に行ったついでに引き取ってきた畳。

わたしが最初に嗅覚障害に陥った時に敷いていて、
イグサの臭いにやられてしまった置き畳である。

(当然ながら畳やイグサが悪いのではない。インフルエンザで嗅覚に障害が出て、
新品の畳を敷いてイグサのにおいが立ち込める部屋に隔離状態であったために、鼻に臭いが強烈に残ったという、偶然ではあるが間の悪いできごと。)

その当時、家にあると臭いだけで具合が悪くなるので義実家に置いてもらっていたのだ。
その畳の処分。

念のためにリサイクルショップに聞いてはみたが、ほぼ新品であれど引き取ってはもらえないということであったので粗大ごみへ。

役所に問い合わせると回収で1枚270円。半畳の大きさだが9枚あるので2430円!ひぃぃ。
すると清掃場に自己搬入したほうがお安いですよ、と教えてくれる。
畳であれば近いほうの清掃場でいいとのこと。

ただし平日のみである。
夫の手は借りられない。
(息子なんてさらにアテにならないので最初から論外。)

ぬぉぉー!っと車の後ろに畳を積んで清掃場まで走らせる。

で、目的地の清掃場の周りをグルグルまわって半信半疑で搬入口から入って、
ごみ収集車の行列に挟まれた。
(これでいいの?ここで合ってるの?マジで?)と心臓がバクバクしたけど、
後戻りもできないので流れに乗ったら無事に受付へ。

あれですよ、車ごと重さを測るヤツ!

後ろの渋滞に心で(すみませんすみません)といいつつ、書類を書いて無事搬入。
あとは係りの指示に従って進んでゲートに停めて畳を出して、という流れで無事終了~。

畳を出した後の車の重さを測って精算。つまり重さでお幾らかと。
290円ですってよー!

なにせ「なーんちゃって畳」なので軽いのだ。
おおぅ2140円も浮いたよぅ。
わたしエライ!

あとはランニング関係で心に引っかかっていたことも処理。
(詳細は「大望」の方へ書いた。ヘタレでもいいもん。)

はー。
のどに引っかかってた小ボネがとれた気分だ。
スッキリ。

そしてさっき義母からデンワがくるとゆーね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« まずはドラマ | トップ | 禁断のひとりオヤツ »