ほぼ、たんたん日記。

まったりとした日々の記録。

目を背け

2017年05月18日 | 日記
おととい、昼ごはんを食べた後から唐突に耳鳴りがはじまった。

ポコポコというかドンドンというか。
耳がちょっと詰まったような感じもするし、
空気が抜ける直前のような感じもするし。

不規則で、ちょっと間があくと(止まったか?)と思わせて、
またポコ、ポコ、とはじまる。

これが気になりだすと居ても立っても居られないというか。
一晩寝て、寝起きにまたポコ、とはじまった時にはがっくりきた。

結局一昼夜経って、昨日の昼過ぎあたりから止む時間が長くなって、
ようやく今朝はなくなった。
あーよかった。

(生理が来たら止んだ感じ?結局PMSなんだろうか。先月はフラフラ酩酊だったし。)

じっとしていると、
どうしても気持ちがそこに集中しちゃって、気になって気になって。
ネットで原因を漁りまくったり、
(止まらなかったらどうしよう)とかあれこれ考えちゃったり。

でも買い物していたり、しゃべっていたりすると案外忘れていたりするもんなのね。

心配事や気になることに注目しすぎて余計にドツボにはまってゆく感じ。

思い当たる節があって、がざごそ自分の切り抜きを引っ張り出したらありました。
(新聞などで自分の気になる記事があると切り抜いておく。わたしのアーカイブ。)

日経新聞に連載されている「こころの健康学」認知行動療法の大野裕先生の記事。

問題に意識が集中しているから、
問題以外の現実が目に入りにくくなって、
問題が現実以上に大きく思えてくる、という記事だった。
問題にばかり目が向くと、いつものような判断ができなくなる。
(「ルーティンの作用」というお題目であった。そうしたときにルーティンをすれば本来の自分を取り戻せるというもの。副題は「考えすぎの呪縛解く」。)

気になることを、気にしすぎない、ということですね。
そればっかり考えない。

あー、やっぱり大野先生はえーこというなぁ。
切りぬいといてよかった♪

わたしはね、いま目の前の息子のことを考えすぎないようにしないとね!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 苦戦ちう | トップ | 開けちゃった »