退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#752:還暦過ぎた女の顔が鏡の中にいた。

2016-09-30 11:53:16 | アメリカ便り
まだまだ、先の見えない翻訳をやっています。
8日に日本に帰るというのに。
本当にとほほです。

昨日、“義理の両親のお世話プラス一人で休暇”のため、旅たつ主人のため、スーパーにサンドイッチ用の材料を買いに、ひさしぶりに車を運転しました。
そして、見たバックミラーの中にいたのが立派な還暦女と化した私の顔でした。
“しょうがないよな~、シャワーは1日おきだし、顔だって1日1回洗うだけでいつもすっぴんだし、着ている服といえば体を締め付けない、シェイプを隠すジャージーばかりだし。”
昔の研ぎ澄まされた神経を持ち、緊張感いっぱいだった頃の私はどこへ行ったんでしょうか。
定年というかリストラ6年、時というものは恐ろしい。

なんて馬鹿なことを行っていますが、今日は娘のイタリアへ学会に行ったボーイフレンドの猫の面倒を見るため、往復、1時間半をかけて行ってこなければなりません。
この忙しいときに、30分でも大切なのに、それを2時間も失うなんて。
かわいい娘のためですよね。

息子からメールが来て、5日に予定されていたひざの手術が11日に延期になったそうです。
私がついていないのが不安ですが、しょうがないでしょう。
注意散漫な主人がついてくれるそうですが、それが余計心配です。

ではこれから猫のお世話に行ってきます。

2年前に、学友といったパリの写真を再びどうぞ。













ハブグレジュンタのマミー

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #751: またやってしまった。 | トップ | #753: 大隈先生、ノーベル賞... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいパリ (原村)
2016-10-02 19:31:29
こんばんは。
色々の事があったパリの姿を懐かしく拝見させていただきました。

一枚目の写真はベルサイユ宮殿内を見学して出て来たところの花壇では。
カメラの先はベルサイユ宮殿の正門方面で、カメラの後ろが噴水のある庭園の感じです。
二枚目がセーヌ川に架かるポン・ヌフですね。
三枚目はベルサイユ宮殿の室内ですが、日本の鎧兜が飾られている鏡の間ではない感じですが。
四枚目は凱旋門からのエッフェル塔ですね。
六枚目はノートルダムのあるシテ島の脇道の感じがします。
警察署がある裏手あたりの感じです。
当たらずも遠からずで書いてみました。
正解があれば良いのですが。



原村さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2016-10-02 20:56:25
おはようございます。
8日帰国を目指しさまざまな逆行に立ち向かいながらがんばっています。
さすが外国生活をなさっていた原村さん、1枚を残して“あたり”です。
最後の写真は泊まっていたアパートの近く、ルーブル美術館のそばです。学友、学友の娘、学友の妹と行ったヤジキタ道中でした。楽しかったですが、どこへ行ってもやはり日本が良い。お遍路さん32番の続きをいつか決行したいです。
ではまたパリの写真を載せます。
分かりましたので。 (原村)
2016-10-07 22:02:57
こんばんは。
三枚目の写真、どことなく自信がなかったのですが、正確に分かりました。
自分の写真にも同じ構図のものがありました。
パリのオペラ座のホワイエと言って良いのかわかりませんが、右側が正面の道路側で左手が劇場と階段ですね。
自分のブログの9番にあります。
失礼しました。
http://blog.goo.ne.jp/akagera63363556/e/f990e925b7508108a69a52ef2f7e5c49

5枚目の先には新凱旋門が小さく映っていますよね。

6枚目の推理の根拠:
生活臭がなく、お店関係の道でもなく、交通量も多くなく官庁街の裏道かと思った次第です。

次の推理を回答させていただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。