退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#882:反日の条件、あくまでも私的判断です。

2017-07-05 23:21:54 | アメリカ便り
先日アリッサと“Guardians of the Galaxy Vol2"を見てきました。
これは実に面白かった。
ひょっとしてVol1よりよかったかも。
音楽もよかったし俳優が最適でした。
私は“ヴィジュアル”な人間なので、主人と違い頭でいろいろ考えてよい映画かどうかを決めるのではなく、目と耳、そして感覚でよい映画かどうかを決めます。
Vol.1を見たかどうか覚えていないという、“大丈夫かな~”と考えさせられるアリッサも大変気に入ったようでした。
家に帰ってきて早速アマゾンでサウンドトラックを購入。
今日は届いたCDをiPadにコピーしました。
この映画の中で、ガーディアンの一人が、“あいつらは友達ではない。家族なんだ”と。
なんとすばらしいことでしょうか。
そこまで友達を信頼し心配し思いやることができるって。
誰もがこのような友達を持ちたいと思います。
もちろん私も入れて。

反日、わからないですね、どうして日本に住んでいるくせに反日になれるのが。
それが私にとっては一番の疑問です。
といっても反日を反日と思わず私が反日と断定する反日行動をやっている人たちもいるでしょうが(ちょっとややこしいかしら);

そこで私が考える反日行動とは。
1.憲法9条改正に反対する人たち。
 反対する人たち、はっきりいって“馬鹿じゃない、あんた達どの時代にすんでるの?”
 72年前にGHQによって作られた憲法をいまだに奉っているなんて。
 現状を見てほしい。北朝鮮からは日本海に向けてミサイルがぼこぼこ飛んでくるし、ロシアからも中国からも空の領空侵犯がすごいことになっているし。反日というか一般人は自衛隊機のスクランブル発信が今年だけでもう1200回にもなっているということをしらないのではないでしょうか。中国軍艦は先日、津軽海峡横断だって。津軽海峡ですよ。北海道と青森の間の海峡ですよ。なに考えてるんだ。尖閣諸島付近はもちろんのことです。フレンドリーとアンフレンドリー航行があるそうで、フレンドリーだったら領海内の航行も許されるとのこと。しかしながら、軍艦で来てフレンドリー航行もないでしょう。
“戦争は絶対反対だ、俺は太平洋戦争で友達をたくさん殺された。もうあのような戦争はいやだ”、というのが多くの人の考えでしょう。
私もその考えは悪いと思いません。
正常な人、国を相手にするのだったらそのような考えは通用します。
しかし、それが通用しないきちがいな人や国が日本の隣国に存在しているのです。
そんな国々を相手に、“戦争はできません、憲法9条があるから”といって、“はい、では日本とは戦争しません”と引き下がる国ってあるでしょうか。
絶対ない。
“降伏したらよい”という信じられないことを言う反日評論家もいる”。
信じられない。
これぐらい言論自由な国ってあるでしょうかね。
“降伏すればいい”なんて平気で堂々と言える国って。

続きは次回です。

ハブグレジュンタのマミー



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #881: 今日は独立記念日 | トップ | #883:反日の条件はお休みし... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日平穏でも明日は どうなるかわからない という事。。。 (maru36)
2017-07-06 19:06:51
世界の何処の国の人達も 日本人のこの感覚は
理解不能でしょうね。
平和ボケの極致です。コッチが何もしなければ
向こうは何もしない筈 とか バカげてます。
何かしたら 大変な目にあわされる!!
だから何もしないでおこう。というのが現実。
何か痛い目に会わないと変わらないんでしょうか??
憲法9条改正 (時次郎)
2017-07-07 11:25:15
改正していないのが不思議。

認めないのだったら生活も50年前の水準で暮らしましょう。

環境が変わるとそれに応じて動かなきゃね。

アメリカ人もビックリしているそうですよ。
まだ昔のまま使っているのかい?


落語のネタでも、昔のままじゃ現代人に理解されませんよね^^

はじめまして (いつも眼の前からcarius)
2017-07-07 13:39:52
いつも興味深く拝見しております。
お話のとおりと思います、
本来、過去の歴史を承知していれば、そのような考えに至るのかと。
いささか僭越な言葉になりましたが、何やら思い立つものを感じましてコメントしてしまいました。
まずはここで、失礼します。
maru36さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2017-07-09 09:57:36
いつもコメントありがとうございます。
あのランニングシャツのイメージが強すぎましたね。目にこびりついています:)日本は言動の自由がありすぎで、けじめがない感じ。言っていい事と悪いことの境がなくなっている。テレビを見ていると余計に感じます。グローバル(私はこの言葉が嫌いです)とは別に他国を知ることは大事です。歯をお大事に。
時次郎さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2017-07-09 10:04:15
コメントありがとうございます。本当に不思議というか、従順といおうか。韓国でさえ、もう何回も憲法を改正しているのに。日本はなぜしないのでしょうか。“いいんでない”と言った日本人独特の世捨て人的、無関心さからきているのでしょうか。このままでは日本は滅びると言う恐怖感がいつも沸いてきます。
いつも眼の前からcariusさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2017-07-09 10:16:26
コメントありがとうございます。

アメリカに住んでいる私には、日本に対し歯がゆさを感じます。言いたいことも言わず、耐えている日本、日本人。いつまでも“たえがたきを耐え、忍びがたきを忍び”をやっていてはだめなのです。しかし、いくら世界的にグローバル化が進んでも日本人と言う人種はその民度は変わることがないとおもいます。ま~それが日本人のよいところと思いますが。でもそれでは世界では通用しないのです。特に火病持ちの朝鮮人や、金のためにはなんでもする中国人を相手には。平和ボケを正し、現状を把握し、行動を起こしてほしいです。日本民族の生き残りのために。いつも自己主張が強いですがよろしく。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。