退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#840: アメリカで日本的な隣近所付き合い!!、ドメスティックな話です。

2017-04-24 22:39:21 | アメリカ便り
土曜日、マーチ(see #839)から帰ってきて、翻訳の仕事をしていると、家の前を歩いているアリッサをジュンタが見つけ吠え出したので、“おーい、ちょっと寄って行ったら”と声をかけると、“今、ウオーキングだからだめ”という。
“じゃー、私、仕事があるし、マーチでたくさん歩いてきて疲れているから、ついでにジュンちゃんも散歩連れて行って”とアリッサに頼んだ。
これが間違いの元。
ウオーキングを終えたアリッサと、先日買ってきたサッポロビールを飲み始めた。
10分もすると今度はビールを飲みながら、グレッグが入ってきた。
“我が家のビールがもうないんだけど、ここにはいつもビールがあるから飲みに来た”とのこと。
“すぐ帰るからビールは半分だけ”といっていたアリッサがいつのまにか、ワインを飲み始めた。
グレッグはもうすでに3本目のビール。
アリッサに“だんな(ジェームス)も呼んだら?”というと早速電話。
15分ぐらいしてジェームスがやってきて、そのうちにキャシーもやってた。
主人も仕事から帰ってきて、6人全部の顔がそろい、日本で買ってきたニッカとサントリーのウイスキー2本が開いてしまった。
もったいない。
私がちびりちびりとやるつもりだったのにと後悔したが、時すでに遅し。
ほかにビールも6本ぐらいがなくなり、ワインも1本空になった。

そうこうしていると8時になり、ジェームスが先日、ノースキャロライナまで12時間運転して買った中古(1979年)のキャビネットサイズのでかいスピーカーを聞きにこないかとみんなを誘ったので、6人はアリッサ・ジェームスの家に移動。
このスピーカーKlipschといって、聞いたこともないメーカーなのですが、ジェームスに言わせれば最高の音質だそうで、40年もたった古いスピーカーだけど、1500ドル出した価値はあるそうです。
といいますが私には、私の使っている卓上スピーカーと大して代わりがない気がしました。

こだわりの主人とジェームスは音質はやはりレコードが一番というので、主人は地下室に積み重ねていた古いふるいレコードを10枚くらい選び、ジェームスの家にもって行きました。

今度はレコードを聞きながら、3本目のウイスキーを飲み始めました。
そのうちに、みんながダンスし始め、“飲めや歌えや”の宴が始まったのです。
私とキャシー、グレッグは11時ぐらいに帰ったけど、主人はぐでんぐでんになるまで残り、テーブルにつっぷして眠りこけてしまったそうです。
でも朝方4時半ぐらいに帰ってきたそうで。
日曜日はみんな疲れた顔をしていました。
そして、なおさら疲れるような大事件が、日曜日の朝ジュンちゃんによって巻き起こされたのです。

マーチのときにとった公園内の写真









アリッサの敷地内にある笹林の中で見つけたたけのこ。 食べれます。



ハブグレジュンタのマミー




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #839: March for Scienceにい... | トップ | #841:ジュンちゃんが隣の鶏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。