退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#828: 朝鮮有事

2017-04-03 22:34:29 | アメリカ便り
今日のニュースで岸田外相が“韓国に日本の駐韓大使をもどす”と発表しました。
最初に思ったことは、“また日本の腑抜け政治家が”。

しかしながら、よくよく考えると“ひょっとしてそれだけ、きちがい北朝鮮が何をするかわからないということなのでは”。
おまけにこれまた、きちがい、のうたりんというか脳みそが股間についている、後先を考えず思いつきで家内政治をやろうとしている我がトランプ大統領が“中国が介入しないのなら俺が単独で北朝鮮をかわいがってやろうじゃないか(これは私のトランプ発言の直訳したもの)”なんて、北朝鮮を挑発することを言うし。

今まさに第2次朝鮮戦争が起きようとしているのかもしれない。
そのときのため、大使は韓国滞在者の安全を守るため韓国に戻ったのかもしれない。

それだけ朝鮮半島全体が先の見えない危険な状態にあるのかもしれない。

先日私のブログで平和について書きましたが、こんなに早く“平和”の意味を考えなければならない事態が、身近にやってくるとは思いもしませんでした。

朝鮮人は北も南も関係なく、危険な人種と思います。
被害妄想が強く、すぐ切れる。
これを“火病”と私たちは言っていますが、まさにそのとおり。
パチパチあちらこちらに飛び火し、まわりに迷惑をかける。
物事を都合よく考え正当化する。
いいとこがないのが朝鮮人です。

きっとミサイルや核爆弾が自国に落とされても竹島、慰安婦(最近は強制労働も加わりましたが)、どうのこうのと叫び続けると思いますよ、朝鮮人たちは。

あまりにも、竹島慰安婦に魂をささげているために、真の問題やら、危険性の把握もできなくなっていると思います。

韓国に戻る大使の仕事は、韓国にいる日本人を安全に日本に戻すことかと思います。
それと引き換えに日本にいる在日を韓国に帰す。
それが終わったら、日本はきっぱりと朝鮮半島人とはかかわりを持つことをやめる。

日本は北朝鮮に対して制裁を加えてました。
韓国に対しても、今まで日本に対して行ってきた行為(国内外で)は制裁に値するものと思います。
あちらこちらで嫌われている朝鮮人、もう関係を続けないほうが日本にとってはよいことだらけと思います。
というか、今まで韓国と関係を維持していてよいことがあったんでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #827: アレルギーが始まった。 | トップ | #829: 何が起こるかわかり... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長年の懸案処理 (onecat01)
2017-04-04 13:30:47
ハブグレジュンタのマミーさん。

 これを機に、国民と政府が力を合わせてやることは、「在日のけじめ」です。

私は寛容な人間ですから、在日のやりたい放題と在日を看過する政治家たちを、放任してまいりました。
しかし、もう限界でしょう。日本へ忠誠を誓わない在日と、二重国籍者で、日本を選ばなかった不法滞在者とを、北も南も中国もそれぞれ強制送還すべきですね。

 反対する政治家は、利敵行為者ですから、逮捕してしまうべきです。人権とか、差別とか、反日たちの寝言に耳を貸す時は過ぎました。国の危機の前では、反日たちのたわごとも、国民によって裁かれます。

 駐韓大使が、現地の日本人を何事もなく帰国させる働きぶりを、気を引き締めて、見守りましょう。
onecat01さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2017-04-05 10:46:02
先に掃除が必要なのは政党の中に潜んでいる(いや、蓮舫、辻元、福島のように見え見えかも)、日本に忠実を誓わない反日在日/帰化議員でしょう。ほかには財務省、法務省等の国の機関に巣食う反日在日です。日本、日本国民の僕として働くべき、こういった人たちが反日をするということが許されるべきではありません。本当にもう無関心を続けてはいけないのです。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。