退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#830: 今日は気分を変えてドメスティックな話です。

2017-04-05 20:56:58 | アメリカ便り
この2,3日天気が変です。
晴れたかと思うと急に黒い雲がにゅきにょきと顔を出し、あれあれと思っているうちに空を覆う。
そして土砂降りの雨。
今日も晴れ曇り雨と忙しい空でした。

そんな中、ウオルグリーンといって日本版“ツルハ”+“小さなコンビニ”的なところにいって、先日撮った写真を義母、母、娘のところに送るためプリントしてきました。
最初45枚プリントして17ドル50セントと出ました。
この店は“何枚以上プリントすると何%引き”というセールをよくやっているので、ひょっとしてなんかやっているかな~と店の人に聞くとベトナム系の気のいい姉ちゃんが調べてくれて、“100枚プリントすると14ドル50セントになるから、もっとプリントしなさい”と教えてくれた。
45枚プリントする値段より、100枚プリントする値段のほうが安いのだから。
よくわからないけど、“さすがアメリカだな、大雑把だ”、と感謝して、さらに55枚プリントを選びました。
でも先ほどのベトナム人がいなかったので、今度はデブの白人姉ちゃんに聞きました。
“どうやったらセールの値段になるの?”と。
この姉ちゃんいつも無愛想で、動くのもめんどくさいといった感じで動き、サービス業ながら確実に最低のサービスが期待できる人です。
これもまた“アメリカだからしょうがないさ”。
このデブ白人、“ほら、このクーポンの中にあるから”といって、クーポンブックを渡してくれ、さっさとどっかへいってしまった。
でもその中には先ほどのベトナム人が教えてくれたクーポンが入っていなかったのです。
時間をかけて、安くなるからということでいらない写真も頼んで100枚もプリントしたのに。
どうしたらいいんだ!!っと困っていたら、また救世主ベトナム人がやってきて、親切に機械操作をしてくれて、めでたく100枚プリント14ドル50セントとなったのです。
これだもん、アメリカは移民を拒否したらだめなんだ。
アメリカが白人と黒人だけになったら、サービスはなくなる。

ウオルグリーンの後はいつものフィードストアー(犬猫のえさやら、鳥のえさやら、ねずみ殺しやらを売っているお店)によって、野鳥のためのひまわりの種50パウンドとえさかごの中に入れるえさの塊をかいました。
ここは顔なじみで親子(65歳ぐらいのお父さんと40歳ぐらいの息子)が交代で働いています。
去年までは猫が店の中をうろちょろしていましたが、年末に老衰で死んだそうです。

その後はベンフランクリンと言って創業が1877年というアメリカに古くからあるチェーン店に行って娘が好きな日本のグミのようなものを袋いっぱい買いました。
写真と一緒に送ります。

今日はもう十分長くなったのでこの続きは次回です。

ハブグレジュンタのマミー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #829: 何が起こるかわかり... | トップ | #831: 今日は気分を変えてド... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイハイ有ります (馬とモンゴル)
2017-04-06 13:40:25
ハブグレジュンタのマミーさん

こんばんは!

私も東海岸で一年間住んでいて経験しました

白・クロ豚に嫌になるほどダウンタウンモールで苦痛を感じました😢(´;ω;`)

教育が原因だという事は分かりますが

日本のどの店でもスーパーマーケットでも客が混雑しだすと管理職や店長までが応援に出て渋滞を解消します

このテキパキ感とお客様は神様精神が米国にはない、もう一国、共産主義国家にもない、ロシア・漢・黄色豚にも言えますよ

渡米当初はイライラ感でレジで騒ぐとマネジャーにきっぱり言われました

当店に文句いうなら二階の高級店で買い物しなさいと!

同行してくれた仲間(労働ビザ拾得者)から私と買い物するのが恥ずかしいと言われました

米国はこんなもんですよ!

慣れなくちゃ米国じゃ生きられないですと

紹介された二階の高級店は客も少なく店員が手持ちぶたさで私たちが入ってくると店を間違えたんじゃないですかみたいな雰囲気です

値札を見たら一階ブタ店員のいる店の倍以上する値札ばかり

レジでの対応、店内での対応は日本のスーパーマーケットと同じですが値段が高い!!!

彼曰くこういう店は金持ち専用で店員は全て大学出で高給取り、早いのと親切が取り柄だけ、客も見栄で買い物できる客ばかりとのこと日本は素晴らしい文化と再認識しました

モンゴルも米国と同じで店員は12歳程度の知能しかない店員が働いています

レジで待たせるのは私の実力とばかりテキパキ感ゼロです

おまけにレジ担当の交代時間になると並んでいようが何だろうが私の前でレジ箱を抜いて交代をしだす

交代に入ったレジが作業前に現金を確認をし始めだす?

こいつら何考えてんの?

込まない時間に交代体制を作ることなど経営者側も労働者側も考慮なし

日本だけしか知らないと見えないことです

お国変われば国民の質も変わる

マクドナルドで流暢な日本語英語でワン珈琲プリーズ(´;ω;`)ウゥゥ😢

怒り心頭でグチャグチャ・・黒人ブタ最後にココアを出してくれました

珈琲飲みたい!

ワンハット・ワンラージで繋がるんですね(^^♪
馬とモンゴルさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2017-04-11 11:40:04
日本みたいなサービスは本当にこの地球上、ほかのどの国にも存在しないでしょう。そんなサービスをしてくれる日本が異常なのでしょうかね。でもいえることは、日本はすばらしい。こんなサービスができるということは、思いやり精神がないとできません。私は始めてアメリカに来たとき、飛行機の中でカッコをつけてビールを頼んだらどういうわけかミルクがきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。