デリカD5を駆ってトレイルランニング

デリカD5を駆ってトレイルランニング、軽登山を楽しむブログ

OSJ ONTAKE100k 2017敗戦記~おれクオリティでDNF

2017-07-16 16:16:59 | 日記
スタート前。
さて、夏のメインレース、OSJ ONTAKE 100k 2017ですが、あえなく32キロ地点(第1関門)にて、左足首捻挫によるリタイア宣言となりました。改めて100キロレースは甘くないなと痛感しております。
100キロレース、心技体全てが整って初めて完走できるのかな。。。
今回のONTAKE100kに向けては、久々に調整がうまくいってました。
戦略及び準備としては、
・体重はGW明けからの緩やかな糖質制限で76キロ➡68キロの減量に成功。
・仕事の合間を縫って週に2or3回の練習(傾斜を付けたドレッドミル30分or週末10キロ走orウィークデー5キロ走。)を敢行。
・2週間前から毎晩アミノバイタルプロを服用し、疲れを残さない。
・今回のレースからはベスパとジェルの積極投入で、最近の課題である30キロ位からのエネルギー切れ➡脱力➡心折れる。を回避し走り続ける。
・で、完走タイムを15時間、あわよくば14時間を目指す。
しかーし、心技体の内、心(絶対に完走するんだという気持ち)が整っていなかったかなー。と。。。捻挫して想定タイムが難しくなったことで、完走に切り替えて「這ってでもゴールしたるでー。」という気持ちになれなかったね。登りを歩いて、下りとフラットを流せば制限時間一杯の20時間内完走はいけた気が、今はする。
因みに、技(必要装備等)は概ねOKだったけど、ヘッドライト(ジェントスヘッドウォーズ888)が暗すぎた。今までの夜間走(ハセツネや信越五岳2015)では不便を感じなかったけど今回はダメダメだった(電池のせいかも知れないが。。。)。買い替え決定です。
シューズは久々にホカオネオネのスティンソン。直前までホカオネオネのチャレンジャーと迷ったけど、重いけど安定感とMaxクッションをチョイス。捻挫したけど。。。
体(トレーニング)は、まあ、できる範囲で頑張った。今の仕事量からするとこれ位が限界かな。ただ、秋の信越五岳2017 100マイル(160キロ)に向けては、金曜日夜の疲れた体に敢えて帰宅ラン30キロを計画しようかな。
ダラダラと備忘録的に書いたけど、とりあえず敗戦記(DNF記)を。
さて、2017/7/16(日)、OSJ ONTAKE100kに参加しました。
長野県王滝村を舞台に1000人以上が参加するトレイルランニング大会。公表されていないけど、累積標高は3000
メートル位のはず。
まず、前日20時に100マイルのスタートを見送り(Tさん、完走したかなー?)、再度仮眠をとって22時から準備をスタート。テーピングを足首、膝、ふくらはぎ、太ももにはり、ハイドレーションに麦茶を入れ(サロモンのハイドレーションに麦茶を入れると何回やっても不味くなる!)ソフトフラスクにジェル4袋を入れ、諸々装備を整えて、23:30にはスタート地点へ。ベスパとアミノバイタルの赤いやつを飲んどく。夕飯はコンビニの冷やし中華。悪くない。
御嶽山に2礼2拍手して、0時にスタート。今回は15時間完走を目指して入念なペース表を持参。登り基調の10キロを1時間23分。いいペース。
この後の緩い下りで左足首をグニャリと捻挫。やった瞬間は激痛。座り込んで速やかに、テーピングを追加して、ロキソニンをポケットに。この間約5分。なかなかよい対処だった。恐る恐る歩いてみると、大丈夫みたい。さすがニューハレVテープ。Vテープ無しでのレースは考えられない。でも、ここから一気にペースダウン。足首が気になって、下りはノロノロ。もう一回やったら、夜中の山中で動けなくなりそうで不安になる。
23キロ地点、小エイドステーションには3時15分に到着。全然走れてないけど思ったより悪くない。でも、捻挫した左足首とスネの筋肉が痛みだす。「骨折以外は全部気のせい」と思いたいが、痛む。で、いつもの30キロ手前からの脱力状態に。ジェルは1時間ごと、固形物も嫁様特製のバナナマフィンを頬張るも、全然走れない。
で、32キロ(実際には35キロ手前)の第1関門でリタイア宣言。35キロ、6時間で、終戦にあいなりました。リタイア宣言の時は左足首が限界を迎えたと思ったけど気のせいだった。。。いま、普通に歩けるし。
最近リタイア宣言したレース、ハセツネ2015(第1関門)、FTR100 2016(第1関門)。どれも、心が折れてる。逆に100キロを完走した飛騨高山ウルトラマラソン100k 2015、信越五岳110キロ 2015、香港ビブラム100k 2017は「絶対に完走するんだ」という気持ちを維持できた。今後の課題です。
夜が明けて三浦ダム?の雲海を望む。もうね、緩い登りも歩き。第1関門には5:37に到着。まだ、時間は十分あるけど心のバッテリー残量は0に。ここで頑張れない辺りがおれクオリティかな。
リタイア宣言後、4.5キロの下りを緩く走って迎えのマイクロバスに乗り込む。ま、リタイアしても、自分の足で下山しなくちゃいけないから、少しは余力を残してリタイアしないとね。7時過ぎには、スタート地点の松原公園に到着。本日のお宿にお伺いし、申し訳ないけど、宿泊はキャンセルして、帰宅する旨を伝える。お代は(一部ですが)支払いました。
一合目、御嶽神社。また王滝食堂でラーメンチャーハン。明日からまた糖質制限。
で、今、帰りの中央道諏訪ICで夕飯を食べながら、備忘録。そういえば、2年前の飛騨高山ウルトラマラソンの完走記もここで書いた気がするなー。
2ヵ月後の信越五岳トレイルランニングレース2017に向けて明日から頑張ります。
番外編。岩魚、釣ってみた。
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村












ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ONTAKE100k 2017 前日編~駐... | トップ |   
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした! (T)
2017-07-17 22:28:18
スタートを見送って頂きありがとうございました!お陰様で何とか23時間4分で完走し、晴れておんたけ100マイラーになることが出来ました。第3関門の制限時間(103キロ、15時間)が厳しく、何とか残り15分で滑り込んだものの、左膝を痛め眠気もぶっ飛ぶ程の激痛に襲われました。ロキソニンを3回も投入し、何とか根性でゴールまで走り抜きましたが、今は左脚が曲がりません。明日の会社の関門に間に合うのかが心配です(笑)
追伸 (T)
2017-07-18 07:51:31
書き忘れました!ソフトフラスコやハイドレを新しく下ろすときは、タップリの重曹(100均で大量に入ったものが売ってます)と水を中に入れて丸一日放置ですよ。自分は洗浄も兼ねて定期的に洗面器に張った重曹水に漬け込んでます。
Re:お疲れ様でした! (hnakojibdp)
2017-07-19 06:06:27
T さん。ONTAKE 100mお疲れ様でした。また、100マイル完走おめでとうございます。
160キロを24時間って凄い厳しい時間制限ですね。私は心が整わずDNFとなりましたが、反省の多いレースになりました。一度、祝勝会兼反省会を実施しましょう。次のレースも直ぐにやって来るので、切り替えて頑張ります!引き続きよろしくお願いいたします。N

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL