広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日経の行方

2007年04月06日 18時00分20秒 | Weblog

今朝の外資系証券14社動向(観測)2680万株売り/2490万株買い

外資系動向は低調で休みムード。今晩雇用統計なのに「グッドフライデー」NY株は休場、中国がまた金融引き締め、「またもみあいか」ムードの朝。ハイテク見直しの流れで底固く。為替が119円台にでも乗ってくれば動意あるか、というところ。CME日経平均先物は17560円(大証比30円高)

今週、名実共に新年度入りした相場だが、月曜大幅安、火曜リカバリ、水曜大幅高で先週末より高く17500円レベル回復となった。特に火曜日の後場から円安進行、118円後半となってきたことで世界の株式市場が安定化し、少しずつ先高感を取り戻しつつある様子。「ユーロ>ドル>円」の心地良さが世界のマネーのホームポジションか。今晩の雇用統計(非農業部門13万人増予想)、来週央11日は機械受注に「SQ週の水曜日」(荒れるジンクス)、来週末オプションSQにG7。イベント絡みでやや神経質な展開が予想される。米経済信任回復(ソフトランディング)への一喜一憂はそのまま為替相場でもあって。ユーロは先の高値を睨むところまできており、すんなり119-120円へと円安ドル高に進むなら株価も弾みがつくだろう。G7といえば昨年4月と今年2月、急円高を呼び込んだ実績もあり、警戒はとりあえず必要か。米企業決算発表も始まる。ここ日経平均週足が陰線陽線を交互に繰り返していることからは、17500円オーバーが望めないなら17000円レベルへまたしゃがむことくらいはありそう。勿論、ベストシナリオで見切り発車の線との両睨みで(チャンスを逃すわけにはいかない)。

来週10日のアルコアを皮切に米企業の第1四半期(1-3月期)決算発表シーズンが始まる。日本の本決算発表は23日のHOYAからなので、2週間程は米企業の決算発表を見ざるをえないし、SOX法の絡みで時間を要し発表がやや後ろ倒しになって日本の日程と重なるのも気になる。あちらの決算発表で予め気を付けたいのは、「今回、15四半期ぶりに一桁増益に落ち込む」、業績の伸び鈍化がコンセンサス(善し悪しのベース)であるということ。サブプライムをはじめ住宅市場の冷え込みとガソリン高が消費を低迷させるか?と懸念されるところへ「冴えない決算」と受け止められればちょっと辛いことになりかねない。決算集計で06年2Q16.3%、3Q19.0%、4Q10.4%と14期も連続で二桁増益を記録してきての「07年1Q5.1%予想、2Q5.1%予想、3Q6.7%予想」。業種別増益率では、ハイテクが10%、素材が8%と好調な反面、景気循環セクターは14%の減益、ヘルスケア・セクターが3%の増益が予想されている。ハイテクが頑張れるかどうかは即、日本の電機株にも響いてくる訳で注目される。
【米ハイテク決算発表予定】※変更もあります
12日AMD 13日GE 17日IBM、インテル、ヤフー 18日TI、モトローラ 19日ジュニパー、ノベラス 20日グーグル 24日ゼロックス 25日アップル、クオルコム 26日マイクロソフト、ブロードコム、サンディスク、ザイリンクス
来週の米企業決算発表予定(ロイター)

竹内製作
(6432 /JASDAQ) 売 返済 5,140円 ×100株(+9000)

アーレスティ
(5852 /東京2部) 買 新規3,390円 × 100株(持ち越し)

ラウンドワン
(4680 /東京1部) 買 新規 256,000円 ×1株(持ち越し)

ベルパーク
(9441 /JASDAQ) 売 新規 160,000円 ×1株(持ち越し)

また、来週

『株』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経の行方 | トップ | 日経の行方 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
為替ドル4/7 (外国為替究極奥義~爆発力1000%~)
為替ドル4/7現在の為替、米ドル/円の価格は119.29円。週足、日足チャートとも上昇トレンドを継続中です。しかし、ストキャスティクスが買われすぎのポイントまで来ていますので仕掛けるのは待ちましょう。早くても2週間はかかるかもしれません。どうも、ありがとう!!...