チャリ乗り文造の備忘録

~ロードとフォールディングとベガルタと~

1泊2日のライドの必需品

2017年06月09日 17時31分17秒 | チャリの話、ライドとかグッズとか。
最近の物欲の上位に位置する物。
車のレーダー探知機。
昨日、コレを購入。

コレの前もセルスターのを使ってました。
もう8年程使用してたんですが、熱による劣化でしょうか?
『350.1受信しました。350.1受信しました。』をエンドレスで喋り続けるし、勝手にスイッチオンオフを繰り返すし。
まあ、安全運転しときゃあ、コレの必要は無いんですけどね・・・・・

もう一つ、チョット欲しい物・・・大型のサドルバック。
先日、ビブパン購入時についでにクリックしそうになったブツ。
その時にも書きましたが、金は無いけど暇は有る。
先日、本社からの連絡で、『そろそろリフレッシュ休暇の消化を!』
2年前に金一封と10日間の休暇が与えられました。
金一封は直ぐに消化しましたが、休みはなかなかねー。
今回は絶対に10日間休みたい。
でもね、10日間も有るなら海外とか?
まあ、現実的ではないですね。
チャリで九州辺りを巡るのが現実的でしょう。
で、なるべく背負う事なく楽に走りたい!って事で数年前から脚光を浴びてるのが大型のサドルバック。
どうもアメリカ発祥みたいですね。

で、伊那市にある、最近顔を出し始めた自転車ショップへGO!
取り敢えず、至急必要なブレーキシューを2セット購入してから相談。

イチオシはコレだそうです。

『Bike'n Hike Bag PAPERSKY』
サドルから外し、チョット色々とゴニョゴニョすればナップサックみたく背負えます。
容量は8~10L。
価格は16,500円。

もう一つのオシはコレ。

言わず物かなトピーク。
コレは背負えませんが、インナー用のドライバックが付属しており、吸引する事で荷物を小さく出来るとか。
また、テールライトを付けられるように何箇所も切り込みが入ってるんですが、そこに紐を通せば、少々重い物を入れてもタルミ防止になり、後輪に干渉しないそうです。
容量は10L。
価格は7,700円とお手頃。

他にも、前回、ちょこっと触れた
apidura

容量は14L。
実勢価格は18,000円程。

レベレイトデザイン

容量は12L。
実勢価格は21,800円と少々お高め。
デザイン的にはコレが一番なんでしょうね。
他にもドッペルギャンガーとかお安めの物もあるみたいです。

どれがイイのか?
一番は、店に行って、展示品に、実際に必要な物を持って行き、入れてみる。
私の場合は輪行袋とホイールバック、IREBA入れや液体洗剤等のお泊まりセットなんかが入ればOKでしょうか。
ショップの店長も、是非!それがイイ!と言われたので、今度試してみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『キャットアイ・パドローネ... | トップ | 美鈴湖、ツール・ド・美ヶ原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。